OPPO Reno9 Aが『メモリ8GB』になって新登場!期間限定で全損修理『0円』のOPPO Care1年プラン無料

日本特化モデルOPPO Reno9 A新登場!

OPPOは2023年6月13日(火)、日本特化モデルとなる『Reno A』シリーズをアップデート。『OPPO Reno9 A』をリリースしました。カラーは『ムーンライトホワイト』『ナイトブラック』の2色展開。公式ストア直販価格は8GB/128GB(オープンマーケット版)が『46,800円(税込)』。発売開始は6月22日(木)から。

OPPO Reno A』『OPPO Reno3 A』『OPPO Reno5 A』『OPPO Reno7 A』に続いて5代目となるOPPO Reno9 A。前モデルとの違いを含めてスペックを比較していきましょう。

OPPO RenoA、OPPO Reno3 A、OPPO Reno5 A、OPPO Reno7 A、OPPO Reno9 Aオープンマーケット版の主なスペック

あわせて読みたい
OPPO Reno7 A総合レビュー!デザイン、ディスプレイ、処理能力、電池もち、充電速度、カメラ画質、便利... 大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO』は、2019年10月に日本特化モデルとなる『OPPO Reno A』を初投入。SIMフリーながら『防水防塵』『おサイフケータイ(FeliC...

※右にスクロール可

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO Reno5 A OPPO Reno7 A OPPO Reno9 A
発売日 2019年10月18日 2020年6月25日  2021年6月11日 2022年6月23日 2023年6月13日
Soc Snapdragon 710 Snapdragon 665 Snapdragon 765G 5G Snapdragon 695 Snapdragon 695
容量 6GB/64GB 6GB/128GB 6GB/128GB 6GB/128GB 8GB/128GB
電池容量 3,600mAh  4,025mAh 4,000mAh 4,500mAh 4,500mAh
充電速度 非公表 非公表 最大18W 最大18W 最大18W
サイズ
  • 縦: 158.4mm
  • 横: 75.4mm
  • 厚み:7.8mm
  •  縦: 160.9mm
  • 横: 74.1mm
  • 厚み:8.2mm
  •  縦: 162.0mm
  • 横: 74.6mm
  • 厚み:8.2mm
  •  縦: 159.7mm
  • 横: 73.4mm
  • 厚み:7.6mm
  •  縦: 160mm
  • 横: 74mm
  • 厚み:7.8mm
重量 約169.5g 約175g 約182g 約175g 約183g
画面
  • サイズ:6.4インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2340×1080ピクセル
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公開
  • サイズ:6.44インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2400×1080ピクセル
  • リフレッシュレート:非公表
  • タッチサンプリングレート:非公開
  • サイズ:6.5インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2400×1080ピクセル
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:最大180Hz
  • サイズ:6.4インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2400×1080ピクセル
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:最大180Hz
  • サイズ:6.4インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2400×1080ピクセル
  • リフレッシュレート:最大90Hz
  • タッチサンプリングレート:最大180Hz
カメラ リアカメラ

  • 1,600万画素(f/1.7:広角)
  • 200万画素(f/2.4:深度測定)
  • 動画撮影: 4K/1080P/720P@30fps

フロントカメラ

  • 2,500万画素(f/2.0)
  • 動画撮影:1080P/720P@30fps
リアカメラ

  • 4,800万画素(f/1.7:広角)
  • 800万画素(f/2.2:超広角)
  • 200万画素(f/2.4:モノクロ)
  • 200万画素(f/2.4:マクロ)
  • 動画撮影: 非公表

フロントカメラ

  • 1,600万画素(f/2.0)
  • 動画撮影:非公表
リアカメラ

  • 6,400万画素(f/1.7:広角)
  • 800万画素(f/2.2:超広角)
  • 200万画素(f/2.4:モノクロ)
  • 200万画素(f/2.4:マクロ)
  • 動画撮影: 4K@30fps/1080P/720P@60fps

フロントカメラ

  • 1,600万画素(f/2.0)
  • 動画撮影:1080P/720P@30fps
リアカメラ

  • 4,800万画素(f/1.7:広角)
  • 800万画素(f/2.2:超広角)
  • 200万画素(f/2.4:マクロ)
  • 動画撮影:1080P/720P@ 30fps

フロントカメラ

  • 1,600万画素(f/2.4)
  • 動画撮影:1080P/720P@30fps
リアカメラ

  • 4,800万画素(f/1.7:広角)
  • 800万画素(f/2.2:超広角)
  • 200万画素(f/2.4:マクロ)
  • 動画撮影:1080P/720P@ 30fps

フロントカメラ

  • 1,600万画素(f/2.4)
  • 動画撮影:1080P/720P@30fps
スピーカー モノラル モノラル モノラル モノラル モノラル
防水防塵 IP67 IP68 IP68 IP68 IP68
認証 指紋認証(画面内)、顔認証 指紋認証(画面内)、顔認証 指紋認証(背面)、顔認証 指紋認証(画面内)、顔認証 指紋認証(画面内)、顔認証
Micro SDカード 対応(最大256GB) 対応(最大256GB) 対応(最大1TB) 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
Bluetooth 5.0 5.0 5.1 5.1 5.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
位置情報 GPS/GLONASS/Beidou/Galileo GPS/Beidou/GLONASS/GALILEO/QZSS GPS/A-GPS/BeiDou/QZSS GPS/BeiDou/GLONASS/GALILEO/QZSS GPS/BeiDou/GLONASS/GALILEO/QZSS
おサイフケータイ 対応 対応 対応 対応 対応
SIM nano SIM×2 nano SIM×2 nano SIM×2(eSIM対応) nano SIM×2(eSIM対応) nano SIM×2(eSIM対応)
公式店舗直販価格 39,380円 39,800円 43,800円 44,800円 46,800円
あわせて読みたい
6月13日にOPPOがReno Aシリーズ最新モデル投入!OPPO Reno AからReno 7 Aまでの軌跡を辿る OPPOは2023年6月13日(火)、日本市場に向けて『Reno A』シリーズの最新モデルを投入予定。2023年10月で4周年迎える同シリーズ。これまでの軌跡を辿ってみましょう。 【...

Soc性能』『カメラ』『ディスプレイ』に関しては、仕様を見る限り『同じ』です。OPPO Reno7 Aから変更になったのは『価格』『メモリ容量』『サイズ』『重量』。

あわせて読みたい
OPPO Reno7 Aを買って良かったと思える3つの一押し機能。『ショートカット』『子供用』『カメラフィルタ... 大手グローバルスマートフォンメーカーOPPOが日本向けモデルとしてリリースした『OPPO Reno A』『OPPO Reno3 A』『OPPO Reno5 A』。その最新形態となるのが『OPPO Reno7...

直販価格は44,800円から『46,800円(税込)』に2千円微上げ。コストや人件費の高止まりに加え、日本は『円安』の影響が大。この程度の値上げは『仕方がない』と言えるでしょう。

メモリ容量は6GBから『8GB』に増量。最近はストレージの一部をメモリとして仮想的に使用する『RAM拡張』機能を搭載する端末が増えています。『拡張出来るのだからメモリの増量など意味がない』と思っている人がいるかもしれませんが、それは間違い。

メモリ8GB

OPPOより

メモリ(RAM)とストレージは読み書き速度が大きく異ります(メモリの方がはやい)。ストレージがメモリの代用を出来たとしても、速度の部分を補うことは出来ません。よって拡張部分使用中は体感速度が低下。

ちなみにメモリというのは、例えるなら調理場の『まな板』の様なイメージ。仮想(ストレージ)部分が『作業効率の悪いまな板』だとしたら、メモリは『調理効率の高い良いまな板』です。

あわせて読みたい
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて... 大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採...

まな板から食材が溢れた状態ではシステムトラブルを起こしやすくなるので、『メモリ拡張機能』自体に意味が無いわけではありません。ただしメモリ(RAM)の増量とは『ベツモノ』だということは予め認識しておきましょう。

あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...

スマートフォンに『アプリを沢山インストールして使っている』人は、広いまな板が必要になるのでメモリの増量は間違いなくメリットと言えるでしょう。

ぱっと見デザインが同じ(カメラの周りは異加工?)なので、『サイズ』と『重量』は変わっていないと思いきや、サイズは『縦:+0.3mm』『横:+0.6mm』『厚み:+0.2mm』の微差あり。重量に関しては『8g』異なります。これはケースメーカー泣かせ。フィッティングテストを終えるまで、『両モデル対応』としては売り出せないかと。

あわせて読みたい
契約事務手数料『0円』のSIM達。ahamo、LINEMO、povo2.0、楽天モバイルは低コストで気楽に乗り換え可能 数年前まで、SIMの乗り換え時には『解約金』『転出手数料』『契約事務手数料』など様々な費用が発生していました。それが足かせとなり、同じ通信業者を使い続けていたと...

メモリ増量に加えてOPPO Reno9 Aを購入するメリットとなるのが『OPPO Care1年プラン無料(2年プランは半額)キャンペーン』。OPPO Careプレミアム保証サービスプランに加入すると、『画面破損』『水漏れ』『外観破損』『落下』『故障』『全損』時に、年に1回は負担金『0円(通常修理料金最大53,500円)』で修理が可能。

  • 対象端末:OPPO Reno9 A ※携帯キャリア(MNO)モデルを除く
  • キャンペーン期間:2023年6月22日(木) ~ 2023年8月31日(木) ※購入後、21日以内の申込みが必要
通常料金 キャンペーン期間中料金
プレミアム保証サービス1年プラン 5,000円(税込) 0円
プレミアム保証サービス2年プラン 9,000円(税込) 4,500円(税込)
プレミアム保証

OPPOより

通常『5,000円』のサービスが『0円』というのはかなりお得。2023年8月31日(木)までにOPPO Reno9 Aを購入したら、必ず忘れずに申し込みを行いましょう!

投稿が見つかりません。
あわせて読みたい
OPPO Reno5 Aを一番安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較! OPPOは2021年6月11日(金)、ミッドレンジクラスのスマートフォン『OPPO Reno 5A 5G(SIMフリー版)』の発売を開始しました。カラーは『シルバーブラック』『アイスブル...
あわせて読みたい
【更新】OPPO Reno7 Aセール情報!OPPO Glow採用スマホ! 大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO(オッポ)』は、2022年6月23日に防塵防水(IP68)&おサイフケータイ(FeliCa)&5G対応のミッドレンジモデル『OPPO Reno7...

OPPOに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!