楽天モバイルからLINEMO(SoftBank)に乗り換える場合はココをチェック!Rakutenオリジナルは特に要注意

楽天モバイルからLINEMOに乗り換えする場合はココをチェック

楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを導入。新プランではデータ通信~1GBまでに適用されていた基本料金『0円』が廃止となり、0~3GBが一律で『1,078(税込)』に。

データ量 0GB~1GB 1GB~3GB 3GB~20GB 無制限
従来プラン 0円 1,078円 2,178円 3,278円
新プラン 1.078円 1,078円 2,178円 3,278円

既存ユーザーは7月1日をもって従来プランから新プランに自動移行。移行後に通信が1GB未満の場合、『7月』『8月』は1,078円の割引。『9月』『10月』は1,078円相当のポイント還元が行われます。

楽天モバイル新プラン

楽天モバイルより

従来と同様の使い方をした場合、2022年10月までは実質『0円』ですが、巷では早くも楽天モバイルからの乗り換えが始まっています。

SoftBankのオンラインブランド『LINEMO』は、2022年5月20日(金)からキャンペーンを開始。同社のミニプラン(月額990円)を新規契約もしくは他社から乗り換え(SoftBank、Ymobile、LINEモバイルは対象外)の場合、基本料金が契約から最大6ヶ月間実質『無料(期間中毎月同額相当のPayPayポイントプレゼント)』。

PayPayボーナスキャンペーン

LINEMOより

さらに『5分かけ放題』も契約から1年後まで『無料』。かなりお得な内容となり、大きな反響を呼んでいます(詳細はコチラから)。

キャンペーン

LINEMOより

ただしLINEMOは『SoftBank回線』を使用しているので、『Rakutenオリジナル』端末からの乗り換えには注意が必要。スマートフォンはそれぞれ対応する『バンド(周波数帯)』が決まっています。『Rakuten BIG s』の場合は下記のバンドが利用可能。

4G/LTE
  • バンド 1
  • バンド 3
  • バンド 4
  • バンド 5
  • バンド 7
  • バンド 12
  • バンド 17
  • バンド 18
  • バンド 19
  • バンド 26
  • バンド 38
  • バンド 41
  • バンド 42
5G Sub-6
  • n77

Rakuten BIG sの対応バンドを、『NTTドコモ』『SoftBank』『au』回線で使えるバンドに当てはめてみましょう。

周波数帯域

総務省より

NTTドコモ回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド 19(◎)
  • バンド21(×)
  • バンド 26(◎)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n78(×)
  • n79(×)

NTTドコモ回線の場合、『バンド21』『バンド28』に非対応。バンド21は他社でも非対応の端末も多く、重視する必要はありません。バンド28に関しても、バンド19/26といった低周波なプラチナバンドをサポートしているので、一般的な通信には支障なし。ただし5Gは使えません。

SoftBank回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド 8(×)
  • バンド11(×)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n77(◎)

SoftBankは『バンド8』『バンド21』『バンド28』に非対応。バンド8、バンド28は高層ビル群や建物内、山間部でも電波が届きやすい『プラチナバンド』。SoftBank回線ではそれがどちらも使えません。よって一部地域ではやや電波が繋がりづらい状況になるかも。5Gには対応しています。

au回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド11(×)
  • バンド18(◎)
  • バンド26(◎)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n77(◎)
  • n78(×)

auはバンド『11』『28』に非対応。バンド11を重視する必要はなく、『プラチナバンド(バンド18/26)』をサポートしているのでバンド28に非対応でも問題なし。5Gも『n77』に対応。3回線の中ではauが一番フィットしていると言えるでしょう。

あわせて読みたい
【月額千円以内】楽天モバイルからスルっと横スライドするならau回線!節約を継続出来る音声通話SIM5選... 楽天モバイルは7月1日から新プランをスタート。従来プランではデータ通信1GBまでは基本料金『0円』だったのが、新プランでは0GB~3GBまで一律『1,078円(税込)』に。 ...

Rakutenオリジナル』に関して言えば、『Rakuten Hand 5G』はSoftBankのプラチナバンド『バンド8』に対応(Rakuten Hand(4G)は非対応)しています。

あわせて読みたい
楽天モバイル『0円終了』でRakuten HandのSIMどうする?基本料金『0円運用』継続ならpovo2.0で決まり 楽天モバイルは7月1日から新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』をスタート。すでに従来プランを契約中のユーザーは7月1日時点で自動的に新プランへと移行。移行後に通...

Rakutenオリジナル』以外のAndroidを使用する場合も、LINEMOに乗り換えする場合は『バンド8』『バンド28』のどちらかに対応しているかを契約前にチェックしましょう。

投稿が見つかりません。
あわせて読みたい
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真... 『最大1.5Mbpsの通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』が代表的なサービスとなる格安SIMのmineo。印象で捉えると最大1.5Mbpsを『遅い』と...
あわせて読みたい
0円終了の楽天モバイルで『国内かけ放題』を続けるか?9社と比較して検討。5分はpovo2.0、10分はmineoが... 楽天モバイルは2022年7月1日から新プランをスタート。新プランでは基本料金『0円』が廃止となり、データ通信0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。既存ユーザー...
あわせて読みたい
mineoは楽天モバイルが『0円継続』しても乗り換えたくなる格安SIM。『データ通信』『通話』で得られる3... 【繋がる安心。mineoはNTTドコモ、SoftBank、auからプラチナ回線を選べる!】 格安SIMのmineoでは、通信回線を『NTTドコモ』『SoftBank』『au』の3社から自由に選ぶ事が...
あわせて読みたい
HISモバイルなら楽天モバイルから理にかなった乗り換えが出来るかも。格安SIMなのにかけ放題がVoLTE(HD+... 楽天モバイルでは2022年7月1日から新プランを導入。データ通信0GB~1GBまでの基本料金が『0円』から改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0...

LINEMO ミニプランについて

  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題:1,650円(税込)
  • データ容量:3GB
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • eSIM:対応
  • 通信回線:SoftBank
  • 公式サイト:https://www.linemo.jp/

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!