楽天モバイルのau回線ローミングエリア拡大はプラチナバンド獲得前提の『正しい投資』。自社回線は当面『5G』に注力すべき

楽天モバイルがプラチナバンド獲得に向けて最終コーナーに到達した予感

楽天モバイルは2023年6月1日(木)にRakuten UN-LIMIT VIIをアップデートし、新プラン『Rakuten最強プラン』の提供を開始。パートナー回線エリア(au)における月間データ容量が5GBから『無制限』となり、4G人口カバー率は『99.9%』に上昇。

あわせて読みたい
楽天モバイルは6月からau回線エリアの月間データ容量『無制限』!8月にはRakuten Linkデスクトップ版登... 楽天モバイルは2023年5月11日(木)、同社と『KDDI株式会社』『沖縄セルラー電話株式会社』が2023年4月に新たなローミング協定を締結したことを発表しました。 新協定に...

2023年4月時点で楽天回線の4G人口カバー率は『98.4%』となっており、1.5%分をローミング(auのプラチナバンド)の拡大により補完したカタチ。98.4%までカバー率を高めておきながら、なぜ楽天回線で99.9%を目指さなかったのでしょうか。

楽天回線が使用を許可されているバンド3は『1.7GHz帯』。一般的なプラチナバンド(700MHz~900MHz)と比較して通信速度に優れますが、その分直進性が強く遮蔽物により電波が減衰しやすいのです。つまり1.7GHzで99.9%の人口カバー率を達成するには、莫大な設備投資が必要に。

今後楽天モバイルに低周波(プラチナバンド)の使用が『絶対に許可されない』という前提であれば、多少無理をしてでもバンド3のカバー率を引き上げるべき。しかし状況は異なり、早ければ2023年秋頃には楽天モバイルにとって良い風が吹きそう。

あわせて読みたい
今年中に楽天モバイル熱望のプラチナバンドが動きそう。システム委員会報告(案)概要に『共用可能』の... 松本総務大臣は2023年4月18日(火)に行われた記者会見において、新たなプラチナバンド(700MHz帯)割り当てに関する記者の質問に『夏頃に割当て可能との結論が出た場合...

近い将来プラチナバンドを獲得出来るのであれば、巨額の資金を投じてバンド3のカバー率をこれ以上高めるのはある意味無駄。既存ユーザーである私からすれば、4Gではなく『5Gエリアを拡大して欲しい』というのが本音です。

パートナー回線の使用自体は、楽天回線エリアのカバー率拡大により大きく減少しています。楽天モバイルが繋がりにくいとされる『地下鉄』『地下街』『トンネル』『屋内施設』をローミングで補完して、かつ月間データ容量を『無制限』にしても、このバランスが大きく変化することは無いと予想。

一見『自社回線を諦めてau依存を増やした』と捉えられがちなローミングエリアの拡大ですが、実はバランスのとれた無駄の無い投資。プラチナ回線導入までの正しい道筋と言えるでしょう。

投稿が見つかりません。
あわせて読みたい
契約事務手数料『0円』のSIM達。ahamo、LINEMO、povo2.0、楽天モバイルは低コストで気楽に乗り換え可能 数年前まで、SIMの乗り換え時には『解約金』『転出手数料』『契約事務手数料』など様々な費用が発生していました。それが足かせとなり、同じ通信業者を使い続けていたと...

楽天モバイルについて

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!