契約事務手数料『0円』のSIM達。ahamo、LINEMO、povo2.0、楽天モバイルは低コストで気楽に乗り換え可能

SIM乗り換えのネックとなる契約事務手数料。通常は3,300円発生します。しかし通信業者によっては無料の場合も。

数年前まで、SIMの乗り換え時には『解約金』『転出手数料』『契約事務手数料』など様々な費用が発生していました。それが足かせとなり、同じ通信業者を使い続けていたという人は多いはず。

しかし2023年時点では『解約金』『転出手数料』がほぼ撤廃され、気軽に他社への『乗り換え(MNP)』を行えるようになりました。通信業者によって異なるのは、下記の通り『初期費用』の部分。

MNOとMVNO9社の各種手数料を比較

※右にスクロール可

ahamo LINEMO povo2.0 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VII) ワイモバイル(シンプルS・M・L) UQモバイル(くりこしプランS/M/L) OCNモバイル
ONE(新コース)
IIJmio(ギガプラン) イオンモバイル
契約事務手数料(通常時) 0円(ドコモショップで手続きの場合は3,300円) 0円 0円(4月20日以降過去1年以内に同一名義でpovo2.0を累計5回線以上申し込んだユーザーのみ3,850円) 0円 3,300円(SoftBank、LINEMOからの乗り換え、WEBから手続きの場合は0円) 3,300円(4月20日以降3,850円。au、povo1.0、povo2.0からの乗り換えの場合は0円) 3,300円 3,300円 3,300円
SIMカード発行手数料 0円 0円 0円 0円 0円 0円 433.4円 タイプD:433.4円
タイプA:446.6円
0円
eSIM発行手数料 0円 0円 0円 0円 0円 0円 220円
SIMカード再発行手数料 1,100円
(故障の場合は0円。チャットで申込みは2,200円)
0円 0円 0円 3,300円 3,300円 SIMカード変更手数料:1,980円
SIMカード手配料:433.4円
SIMカード変更手数料:2,200円
発行手数料:
タイプD:433.4円
タイプA:446.6円
eSIM(音声/データ):220円
3,300円
eSIM再発行手数料 0円
(ドコモショップで手続きする場合は3,300円)
0円 0円 0円 0円
(店頭で手続きする場合は3,300円)
0円
(店頭で手続きする場合は2,200円)
220円
解約金 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
転出手数料 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円

初期費用が安いahamo、LINEMO、povo2.0、楽天モバイル

ahamoLINEMOpovo2.0楽天モバイルは、基本的に『契約事務手数料』『SIMカード発行手数料』『eSIM発行手数料』が全て『無料』。ahamoはドコモショップにおける有償サポート(別途3,300円)に対応しています。

あわせて読みたい
4月にahamoのコスパ爆アゲ!ドコモからNetflix、YouTube Premium加入で最大20%dポイント還元 NTTドコモの格安プラン『ahamo』。月間データ容量『20GB』に『5分かけ放題(VoLTE、VoLTE HD+)』がついて、ドコモのMNOが月額『2,970円(税込)』で使えるのはどう考...
あわせて読みたい
楽天モバイルのRakuten Linkは神ツール。月額1078円で『SMS送信無料』『国内通話かけ放題』+データ3GB スマートフォンは生活必需品の一つ。そのスマートフォンを使うのに必要となるのが通信環境です。通信・通話においてどちらも『高品質』を求めるなら、多少利用料金が高...

LINEMOpovo2.0楽天モバイルSIMの再発行手数料も『0円』とアフターサポートも万全。複数のSIMを契約していて『うっかり無くしてしまった』時の負担が軽減されます。ahamoも故障(読み込み不良など)の場合は無償対応。

あわせて読みたい
格安SIMが不安な人はSoftBankのLINEMOを選ぼう。MVNOの安さ、MNOの高品質と自由が共存する無双SIM 通信キャリアSoftbankのオンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』。手続きをオンラインに一元化し、運営コストを圧縮することで月間データ容量3GBの『ミニプラン』...
あわせて読みたい
povo2.0のデータ使い放題(24時間)はサブスクとの相性が抜群。330円で1ヶ月分のデータをまとめてダウン... auのオンライン専用ブランド『povo2.0』は、月額基本料金が『0円』。『お試しトッピング』『データトッピング』『コンテンツトッピング』『通話トッピング』『サポート...

ワイモバイルへの申込みはWEBからがお得

ワイモバイルは『SoftBank』『LINEMO』からの乗り換え及び、WEBからの申込みであれば契約事務手数料が『無料』。UQモバイルaupovo1.0povo2.0からの乗り換え時のみ契約事務手数料が『無料』。WEBから申し込みを行っても『3,300円(税込)※4月20日以降は3,850円(税込)』の契約事務手数料が発生するのでこの点は注意。

あわせて読みたい
UQモバイルはデータ消費ノーカウントでNetflixやYouTubeを観られる!MNO総合満足度1位は納得の結果。 MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所は、2023年3月7日(火)に『2023年2月MNOのシェア・満足度調査』を発表しました(予備調査:18歳~69歳の男女40,000人。本調査:MNO...

MVNOは初期費用やSIM再発行手数料が発生

OCNモバイルONEIIJmioイオンモバイルといった格安SIM(MVNO)は一律で『3,300円』の契約事務手数料が発生。さらにOCNモバイルONEIIJmioSIMの発行手数料も別途請求されます。

投稿が見つかりません。

記事が見つかりませんでした。

ワイモバイルUQモバイルOCNモバイルONEIIJmioイオンモバイル共通で注意が必要なのは『SIMカード』の取り扱い。LINEMOpovo2.0楽天モバイルでは費用が『0円』なのに対し、それぞれ~3,300円再発行手数料をとられます。

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『IIJmio』『OCNモバイルONE』『楽天モバイル』の通信速度を実測

キャンペーン特典が手数料を相殺する場合も。契約前にチェックを忘れずに

通信業者によっては定期的に『ポイント還元』『キャッシュバック』『端末割引』『基本料金割引』『オプション割引』『手数料割引』など、ユーザー獲得を目的とした様々なキャンペーンを開催しています。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker
投稿が見つかりません。

SIMの契約は特典を受けられる大チャンス。初期費用がどの程度発生するかと共に、キャンペーンの内容も必ず契約前にチェックしておきましょう。

あわせて読みたい
【2023年版】安いSIMフリースマートフォンの選び方。Redmi Note 11、moto g32が優秀な理由を解説 2022年中盤から原料高に加えて円安が進み、あらゆる物価が高騰。家電製品は特に値上がり幅が堅調です。生活必需品となる『スマートフォン』もその一つ。 新生活開始と共...
あわせて読みたい
【固定費削れ】mineo、UQモバイル、ahamo、LINEMO、ワイモバイル、NUROモバイルならスマホで娯楽三昧! スマートフォンがまだ『ガラケー』の頃は、『パソコンが家にある』のは当たり前でした。しかし今では大概の事をスマートフォンで出来てしまいます。 そうなってくると、...
あわせて読みたい
外出先で『通信を我慢』してる人はmineo、ahamo、LINEMO、UQモバイルに乗り換えよう!スマホがもっと自由に ICT(Information and Communication Technology)市場調査コンサルティングのMM総研は、2023年3月1日(水)に『携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1...

記事に関連するリンク

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!