【実測】Redmi 12 5GはAnTuTu41万超え。GeekbenchはRedmi Note 11 Proを上回る

2万円台で購入可能なスマートフォンのパフォーマンスとは

2023年10月19日(木)、グローバルテクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)が、スマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始しました。直販価格は4GB/128GBモデルが『29,800円(税込)』。

スマートフォンの性能を大きく左右するSocには、国内モデルとして初めて『Snapdragon 4 Gen 2』を採用。今回はその処理能力を知るべく、実機を使ってベンチマークの測定を行いたいと思います!

比較するのは『Redmi Note 11(Snapdragon 680)』『Redmi Note 11 Pro 5G(Snapdragon 695 5G)』『moto g53j 5G(Snapdragon 4+ Gen 1)』。まずはスマートフォンの性能をトータルで数値化してくれるAnTuTu Benchmarkから。

Redmi Note 11の処理能力

Xiaomi Redmi Note 11をAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

moto g53j 5Gの処理能力

Motorola moto g53j 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

moto g53j 5Gの処理能力

Xiaomi Redmi 12 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Redmi Note 11 Pro 5Gの処理能力

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

あわせて読みたい
【更新】Redmi 12 5Gをセール価格で安く買える店は?スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ スマートフォンの性能を左右するSocには、日本モデルとしてはじめて『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』を採用。AnTuTu Benchmark(Ver.10)の実測値は41万超え。ミドルクラ...

前世代のエントリーモデル『Redmi Note 11(Snapdragon 680)』からは10万近くトータルスコアが上昇。データの演算処理能力を示す『CPU』、メモリやストレージに関する『MEM』、アプリの動作速度を示す『UX』スコアが特に大きく伸びています。

直販価格『34,800円』の『moto g53j 5G(Snapdragon 4+ Gen 1)』との比較では、GPUのスコアは下回るも『CPU』『MEM』『UX』はリード。

エントリークラスのスマートフォンは『動画鑑賞』『ブラウジング』『SNS』といった使い方がメインになると思うので、『GPU』に拘る必要はあまり無いと個人的には考えます。

記事が見つかりませんでした。

GPUを除く全体的なスコアは、実質上位モデルとなる『Redmi Note 11 Pro 5G(Snapdragon 695 5G)』に近いですね。UXスコアの差は僅か7千程度です。

続けてエントリークラスのメイン性能となる『CPU』について、『Geekbench 6』でもう少し深掘りしてみましょう。

Xiaomi Redmi Note 11のCPU性能

Xiaomi Redmi Note 11をAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Motorola moto g53j 5GのCPU性能

Motorola moto g53j 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Xiaomi Redmi 12 5GのCPU性能

Xiaomi Redmi 12 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GのCPU性能

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.10)で実測

Redmi Note 11(Snapdragon 680)』からは、シングルコア(1つの脳で処理する力)が2倍以上に大きく上昇。『moto g53j 5G(Snapdragon 4+ Gen 1)』と比較しても170以上のスコアアップ。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

驚いたのは、『Redmi Note 11 Pro 5G(Snapdragon 695 5G)』のスコアを超えていること。実際の体感速度は、タッチサンプリングレートが最大『360Hz』とハイエンド並みのRedmi Note 11 Pro 5Gが上回る印象。とはいえ、エントリークラスのスマートフォンとしては十分な挙動です。

Redmi 12 5G(Snapdragon 4 Gen 2)』は、メモリ容量が『4GB』と少なめ。『設定』→『追加設定』内にある『メモリ増設』は、ストレージの一部をメモリとして代用することが可能。

端末によって同機能の効果は様々ですが、Redmi 12 5Gでは『2GB』に設定した方が若干動作が安定するような(AnTuTu Benchmarkスコアも僅かに上がりました)。

あわせて読みたい
【更新】Redmi 12 5Gをセール価格で安く買える店は?スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ スマートフォンの性能を左右するSocには、日本モデルとしてはじめて『Snapdragon 4 Gen 2(4nm)』を採用。AnTuTu Benchmark(Ver.10)の実測値は41万超え。ミドルクラ...

調理場に例えると、メモリは『まな板』の様な役割を果たします。容量が増えた分調理スペースが増加。ただしストレージはメモリほど読み書き速度が早くないので、ヘビーな使い方が想定される場合は、『Redmi Note 11 Pro 5G(Snapdragon 695 5G)』など『6GBモデル』を購入した方が良いかと。

あわせて読みたい
2万円台で買えるデカスマホ『Redmi 12 5G』と10万超え『Pixel 8』『iPhone 15』の電池もち比較 大手グローバルメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2023年10月19日(木)にエントリークラスのスマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始。販...
あわせて読みたい
そろそろiPhoneを卒業すべき理由。ボロボロの旧型iPhoneより安いAndroidスマートフォンの方が高確率で快適 今は殆の人にとって生活必需品となっているスマートフォン。OSは『Android』『iOS』に大分類されます。日本はiOS、つまりiPhoneの利用者が多いことで有名な国。 Webトラ...

記事が見つかりませんでした。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

Xiaomi Redmi 12 5Gを購入すべきポイント

あわせて読みたい
Xiaomiの安いスマホ復活!Redmi 12 5Gは2万円台でAnTuTu『45万』。6.8型大画面におサイフつき! Xiaomi Japanは2023年9月27日(水)、日本市場に向けて新製品発表会を行いました。複数リリースされた製品の中で、特に気になったのがエントリークラスのスマートフォン...
安くて美しい6.8インチの超大型スマホがシャオミから登場!

Xiaomiより

  • AnTuTu Benchmark(Ver.10)トータルスコア41万を超える処理能力を持つSnapdragon 4 Gen 2搭載(微細な4nmプロセス)
  • FeliCa ICチップ搭載でおサイフケータイGoogleウォレットといった決済サービスに対応(外出時の荷物が減る)
  • SGSブルーライト低減認証取得。フルHD+解像度の6.8インチ超大画面(スマホを超えたファブレット級)採用
  • 最大リフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)90Hzの滑らか表示(一般的な廉価端末のリフレッシュレートは60Hz)
  • 最大タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)240Hzのスムーズな操作性(タッチサンプリングレート200Hzを超える端末は体感レベルで操作し易い)
  • 電力効率に優れるSocと5,000mAhの大容量電池により最大27時間(公表値)の動画視聴を実現
  • 最大18Wの実用的な速度で素早く充電
  • 128GBの大容量ストレージ(eMMCより読み書き速度に優れるUFS2.2規格)採用
  • Micro SDカード対応(最大1TB)で保存領域の拡張が容易。ストリーミング動画をダウンロードして外出先で視聴出来る
  • 廉価モデルに採用が目立つ樹脂(プラスチック)素材ではなくガラス素材を背面に使用
  • 画面にガラスフィルムを貼っても認証精度が落ちない、マスク着用時もスムーズにロックを解除する側面指紋認証
  • AI技術を使用した顔認証システム採用
  • 約5,000万画素の広角カメラに約200万画素の深度センサーを組み合わせた背面カメラ
  • 有線イヤフォン・ヘッドフォンを使用出来るイヤフォンジャック搭載
  • スマートフォンケース付属
  • SoftBank、ドコモ、au、楽天モバイルといった複数通信キャリアの帯域をサポート
  • 5Gモバイルネットワーク(Sub6)対応
  • 物理的なnanoSIMに加えて開通まで時間がかからないeSIMをサポート

Xiaomi Redmi 12 5Gに関連する記事

あわせて読みたい
Xiaomiの安いスマホ復活!Redmi 12 5Gは2万円台でAnTuTu『45万』。6.8型大画面におサイフつき! Xiaomi Japanは2023年9月27日(水)、日本市場に向けて新製品発表会を行いました。複数リリースされた製品の中で、特に気になったのがエントリークラスのスマートフォン...

Xiaomi Redmi 12 5GとRedmi 12Cの仕様比較

モデル名 Redmi 12 5G Redmi 12C
Soc Snapdragon 4 Gen 2(4nm) Helio G85(12nm)
メモリ容量 4GB(LPDDR4X) 3GB、4GB(LPDDR4X)
ストレージ容量 128GB(UFS 2.2) 64GB、128GB(eMMC 5.1)
電池 5,000mAh 5,000mAh
充電速度 最大18W 最大10W
重量 約200g 約192g
サイズ
  • 高さ:約169mm
  • 幅:約76mm
  • 厚み:約8.2mm
  • 高さ:約168.76mm
  • 幅:約76.41mm
  • 厚み:約8.77mm
画面
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.8インチ
  • 解像度:フルHD+
  • 最大輝度:550nit
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • SGSブルーライト低減認証:あり
  • タイプ:液晶
  • サイズ:6.71インチ
  • 解像度:HD+
  • 最大輝度:500nit
  • 最大リフレッシュレート:非公表
  • 最大タッチサンプリングレート:非公表
  • SGSブルーライト低減認証:なし
カメラ メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

深度測定センサー(背面)

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
メインカメラ(背面)

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.8

ポートレート用補助レンズ

  • 解像度:QVGA

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
防水防塵 IP53 IP52
イヤフォンジャック 搭載 搭載
Bluetooth 5.0 5.1
位置情報 GPS、Glonass、Galileo、Beidou GPS、Glonass、Galileo、Beidou
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM nano SIM+eSIM nano SIM+nano SIM
認証 側面指紋認証+AI顔認証 背面指紋認証+AI顔認証
おサイフケータイ 対応 非対応
スピーカー モノラル モノラル
Micro SDカード 対応(最大1TB) 対応(最大1TB)
5G(Sub6) 対応 非対応

Xiaomi Redmi 12 5G(オープンマーケット版)にお勧めな格安SIM

Redmi 12 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/8/6/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Xiaomiに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!