シャオミのカメラ怪獣Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラを撮り比べしてみた【昼編】!

Xiaomi Redmi Note 10 ProとApple iPhone 12 miniのカメラ画質を実写比較

[st-card id=68855 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

Appleの最新モデルiPhone 12 mini。ディスプレイサイズは小さめですが、カメラ性能はiPhone 12と同じ。これまで複数のAndroid端末と撮り比べを行い画質の高さは実証済み。ただし8万円を超える販売価格を考慮すると、高画質で撮れるのはある意味当然かもしれません。

8万円台で発売されているAppleの最新モデルiPhone 12 mini

今回iPhone 12 miniと撮り比べを行ったのはXiaomiの最新ミッドレンジRedmi Note 10 Pro。メインカメラにはフラッグシップ仕様のイメージセンサーSamsung ISOCELL Bright HM2を採用。Xiaomiの最上位モデルとなるMi 11と撮り比べを行ったところ、遜色のない高画質を披露したスマホカメラ革命機です。

[st-card id=68646 label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]

iPhone 12 miniとの撮り比べでも、その高いポテンシャルを見せつけるであろう市場販売価格34,800円(税込)Redmi Note 10 Pro。価格差はMi 11と同じく5万円程度。フラッグシップモデルへの2度めの挑戦結果はいかに!

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その1

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した白い花の画像

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/484秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した白い花の画像

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/2092秒、ISO32、焦点距離:4mm

簡単そうでとても難しい白い花の表現。両モデルともオートフォーカスは素晴らしいクオリティ。細かいところを見ていくと、花びら一枚一枚の微妙な変化をしっかりと描写出来ているのはRedmi Note 10 ProiPhone 12 miniはやや単調で花の立体感が失われている様な。また、青が強めなので少し冷たい雰囲気に。

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その2

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した青い花の画像

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/289秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した青い花の画像

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/1233秒、ISO32、焦点距離:4mm

iPhone 12 miniはF値1.6のという大口径レンズを使用しているので、あらゆるシーンを明るく撮れます。明るく撮れるというのは殆どの場合プラスに作用。しかし夕暮れ時など少し暗めに撮った方が雰囲気が伝わる時には調整が必要。比較その2はまさに夕刻に撮影しているので、Redmi Note 10 Pro程度の明るさが適正です。

低照度な時間帯にカラフルな色合いをしっかりと伝えられるのは、高性能なカメラを搭載したスマートフォンのみ。明るさがやや不自然である事を除けば、両モデルとも素晴らしい画質です。

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その3

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した田舎の風景

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/1091秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した田舎の青空

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/7813秒、ISO32、焦点距離:4mm

とても落ち着く晴れた田舎の風景。iPhone 12 miniは青がやや強めなので青空の色がくっきりと。ややわざとらしい画作りにも感じますが、私は個人的に好きな色調。Redmi Note 10 ProはAIをOFFにしているので着色なしのありのままの画像。のんびりとした雰囲気がよく伝わりますね。

細かい部分を確認していくと、iPhone 12 miniは青を強めているので赤い葉の色が緑に近づき目立たなくなっています。空も含め、実際の色に近いのはRedmi Note 10 Proです。

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その4

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した綿毛の画像

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/765秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した綿毛の画像

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/1208秒、ISO32、焦点距離:4mm

比較その4は逆光の被写体。1枚ずつ画像を見た時にはあまり違いを感じなかったのですが、並べるとやはり全然違いますね。iPhone 12 miniは明らかに露出が強いです。

Redmi Note 10 Proはプロモード(マニュアル設定)を搭載しているので、F値、シャッタースピード、WB(ホワイトバランス)、ISOをそれぞれ微調整する事が可能。しかしiPhone 12 miniが調整出来るのはF値と露出のみなので、この部分は普段マニュアルで撮っている人からすると間違いなく不満要素の一つ。明確な弱点と言えますね。

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その5

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した紫色の花の写真

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/289秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した紫色の花の写真

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/1182秒、ISO32、焦点距離:4mm

これは花の一部にのみ光が差し込んでいる難しい被写体です。iPhone 12 miniは明暗差がそこまで広がらず、全体のシルエットがはっきりと写し出されています。

Redmi Note 10 Proは日が当たっている部分と日陰が明確。日陰をギリギリ黒潰れしない程度に抑えているのがナイスです。技で綺麗に見せるiPhone 12 mini。生の雰囲気を伝えようとするRedmi Note 10 Pro。両モデルの特長が比較5でもハッキリと出ましたね。

Redmi Note 10 ProとiPhone 12 miniのカメラ画質比較その6

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した菜の花の青空の風景

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:1.9、シャッタースピード:1/824秒、ISO50、焦点距離:6mm

iPhone 12 miniのメインカメラで撮影した菜の花の青空の風景

【iPhone 12 miniで撮影】F値:1.6、シャッタースピード:1/4132秒、ISO32、焦点距離:4mm

明るい色の花、青い空。iPhone 12 miniの画作りが映える被写体です。Redmi Note 10 Proも補正なしで春らしさのしっかりと伝わる1枚に。またも3万円台である事を完全に忘れさせるフラッグシップモデルと同等の画質を連発しました。これはもうまぐれというレベルでは無いですね。

Redmi Note 10 Proはディスプレイの輝度が高めなので、こういった直射日光下でもしっかりと撮影時に被写体を認識出来ます。Redmi Note 9Sのディスプレイと比較するとその差は明らか。これから時期的に日差しはどんどん強くなるので、Redmi Note 10 Proが活躍する機会は増える一方でしょう。

今回の画像比較を見て、iPhone 12 miniの画作りの方が好きだと感じた人もきっといるはず。iPhone 12 miniを買ってしまっても勿論良いのですが、お値段が8万円台である事を忘れないでください。

Redmi Note 10 ProiPhone 12 miniのカメラ画質はトータルで見て同程度。iPhone 12 miniの雰囲気が好みなのであれば、撮影後に編集して近づければ良いだけ。明るさと彩度を少し調整すれば、iPhone 12 miniより明るくPOPな画像に変化。これが出来るのはRedmi Note 10 Proで撮影した画像が高画質だからこそです。

Redmi Note 10 Proのメインカメラで撮影した画像をポップな色調に加工

Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)した画像をPhotoshopで加工

Redmi Note 10 Proのマクロカメラ【番外編】

iPhone 12 miniは非対応となるマクロ撮影。Androidではそれほど珍しい機能ではありません。しかし端末によって画質がかなり異なります。Redmi Note 10 Proはメインカメラを目的に購入し、期待以上の高画質を得られているのでマクロカメラの画質が微妙でも正直不満はありません。

Redmi Note 10 Proのカメラはメインカメラ、超広角カメラ、マクロカメラの3眼構成

しかし折角なので試してみると、まさかの撮らなければ勿体ないレベル。マクロ撮影は手ブレしやすいので難易度は上がりますが、しっかり撮れた時の喜びは格別。Redmi Note 10 Proを購入したら是非挑戦してみてください。楽しいですよ!

Redmi Note 10 Proのマクロカメラで撮影したピンクの花

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:2.4、シャッタースピード:1/154秒、ISO50、焦点距離:4mm

Redmi Note 10 Proのマクロカメラで撮影した黄色い花

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:2.4、シャッタースピード:1/2010秒、ISO50、焦点距離:4mm

Redmi Note 10 Proのマクロカメラで撮影した紫色の花

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:2.4、シャッタースピード:1/516秒、ISO50、焦点距離:4mm

Redmi Note 10 Proのマクロカメラで撮影したはちの写真

【Redmi Note 10 Proで撮影(AIはOFF)】F値:2.4、シャッタースピード:1/413秒、ISO50、焦点距離:4mm

Redmi Note 10 Proに関連する動画

Redmi Note 10 Pro レビュー
Redmi Note 10 Pro YouTube

Redmi Note 10 Proの主な仕様

Redmi Note 10 Pro
Soc Snapdragon 732G(8nm)

  • CPU:Cortex-A76×2(2.3GHz)、Cortex-A55×6(1.8GHz)
  • GPU:Adreno 618(810MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 5,020mAh(最大33W急速充電)
重量 193g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、1200nits(HDR)
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • HDR10:対応
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラ メインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:対応

深度測定カメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵 IP53
オーディオ デュアルスピーカー、3.5mmヘッドフォンジャック、ハイレゾオーディオ認定、ハイレゾオーディオワイヤレス

Redmi Note 10 Proにお勧めな格安SIM

Redmi Note 10 Proが対応する周波数帯

  • 4G:FDD-LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
    TDD-LTE B38/40/41(2545-2650MHz)
  • 3G:WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

docomoの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの4G(LTE)周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Redmi Note 10 Proに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiRedmi Note 10 Pro格安SIM

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする