Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのポーラーホワイトとアトランティックブルーをどっちも開けてみた!

Redmi Note 11 Pro 5G ポーラーホワイト、アトランティックブルー2色同時開封

2021年4月16日にXiaomi(シャオミ)が日本市場に向けて発売を開始した『Redmi Note 10 Pro』。ハイエンドスペックの『カメラ』と『ディスプレイ』を備えるミッドレンジです。このスマートフォン購入をきっかけに、Xiaomiの虜になったという人は大勢いるはず。

Xiaomi

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

そのRedmi Note 10 Proの後継機として、2022年5月30日に発売を開始した『Redmi Note 11 Pro 5G』。ハイエンドスペックのカメラとディスプレイを維持しつつ、『おサイフケータイ』『5G』『eSIM』『67W充電』に対応。

Redmi Note 11 Pro 5Gカメラ

Xiaomiより

Redmi Note 11 Pro 5Gディスプレイ

Xiaomiより

67W充電

Xiaomiより

Redmi Note 11 Pro 5G 特徴

Xiaomiより

てんこ盛りのアップデートを遂げたRedmi Note 11 Pro 5Gは、Redmi Note 10 Proから見た目も大きく変化。トレンドのフラットデザインを採用する事でより洗練された雰囲気に。

5G

Xiaomiより

今回はXiaomi Japanから貸していただいた『ポーラーホワイト』と、自分で購入した『アトランティックブルー』の2色を同時に開封していきたいと思います!

Redmi Note 11 Pro 5G パッケージ

パッケージの中身は『Redmi Note 11 Pro 5G本体』『67W出力対応充電器』『USB充電ケーブル』『専用ケース』『SIMピン』。まずはケースからチェックしていきましょう。

少し青みがかったクリアケースはかなりしっかりしたTPU素材。隙間なくジャストフィットする設計なので、装着する際に少し手こずりました。

Redmi Note 11 Pro 5G ケース1

充電ポート部分にはホコリが入らないようにキャップが備えられています。ホコリの混入はショートの原因にもなるので、こういった試みは嬉しいですね。

Redmi Note 11 Pro 5G ケース コネクタキャップ

スマートフォンの発売直後に廉価なケースを購入すると、バリが目立ったりホールの位置がずれている粗悪品が送られてくることは珍しくありません。Xiaomiの付属ケースは専門メーカー顔負けの精度の高い作り。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro ケースホール

カメラを守ってくれるリング部分は見たことが無い斜めのカッティング。この部分がどうフィットするかを後ほど確認してみましょう。

Redmi Note 11 Pro 5G カメラリング

続いて67Wの超高出力に対応するAC充電器USB充電ケーブル。充電器は光沢のある樹脂素材でデザインは至ってシンプル。プラグ部分を折り畳めないので、持ち運ぶ際はAmazonなどでACプラグキャップを購入すると良いかも。

67W出力AC充電器

67WACUSB充電器2

充電器背面のUSB-A充電ポートと、USB充電ケーブルのUSB Type-Cコネクタにはコーポレートカラーのが使われています。見た目の良さに加え、複数のケーブルから見分けがつき易いのも色付けされているメリット。

赤色の充電ポート

赤色のUSB-Aコネクタ

赤色のUSB-Cコネクタ

ケースに加えてケーブルも堅牢。67W出力に対応しているので当然と言えば当然。ご覧の通りくせはつきやすいです。

67W出力に対応する充電器はどの程度の大きさなのか。私が普段使用しているマウスよりは一回り小さめ。片手にすっぽり収まります。

充電器とマウスの大きさ比較

充電器とマウスで大きさ比較上から

単体重量は98.53gでした。持ち運びが苦になるサイズ、重さではありません。ちなみにMacBook Airの充電も出来たので、出張時はコレ一台で事足りるのでは。

いよいよRedmi Note 11 Pro 5G本体に参ります。『ポーラーホワイト』『アトランティックブルー』という対照的な2色。

ポーラーホワイトとアトランティックブルー Redmi Note 11 Pro 5G

アトランティックブルーは光の当たり方によって晴れた海を彷彿とさせる独特のテクスチャが浮かび上がります。光沢のあるガラス素材が使われているので高級感はかなりのもの。ただし指紋は目立ちます。

Redmi Note 11 Pro 5G アトランティックブルー

アトランティックブルー背面

ポーラーホワイトは予想外にフロストガラスを使用していました。フロストガラスは手ざわりがサラサラしていて、指紋の付着が目立ちません。柔らかなグラデーションが全体をしっとり優しい雰囲気に。指紋が目立たず手触りも良いので、ケース無しで使いたくなってしまう!女性にかなり人気が出そう。

Redmi Note 11 Pro 5G ポーラーホワイト

ポーラーホワイト背面

側面はブルーとシルバーのアルミフレーム。両色ともつや消し加工が施されています。アトランティックブルーはラグジュアリーな背面とのコントラストが絶妙。フロストガラスを使用するポーラーホワイトとのハマり具合は、是非一度実物を見て欲しいレベル。

Redmi Note 11 Pro 5G アトランティックブルーブルーバンパー

Redmi Note 11 Pro 5Gポーラーホワイト シルバーバンパー

主張強めのカメラは、背面と同じフラットデザインに左右対称のシンメトリーレイアウトを合わせているのでバランスが秀逸。プロダクトデザインとして成立しています。ケース無しで使う場合はカメラ部分を下にしないよう注意。

Redmi Note 11 Pro 5G カメラ

フラットな形状の端末を使用したことが無い人は持った時の感触が気になると思いますが、手に触れる面積が広がるのでその分安定。側面のつや消しは滑り止めの効果もアリ。

持ちやすいフラットデザイン

Redmi Note 11 Pro 5G 手に持った感触

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5Gを隣に並べるとまるで別シリーズ。見た目を大きく阻害していたCEマークが背面から無くなったのも大きい。明らかに邪魔でしたからね。

Redmi Note 10 Pro Redmi Note 11 Pro 5G

付属ケースを装着するとこの様に。ガラスとTPUの組み合わせは高級感が損なわれるのであまり好きではないのですが、このケースはきつめにフィットするのでTPU特有の野暮ったさがかなり抑えられています。

Redmi Note 11 Pro 5G アトランティックブルーケース装着

Redmi Note 11 Pro 5G ポーラーホワイトケース装着

側面の電源ボタン&指紋認証部キーは解除しやすいように広く立体的にカット。スピーカーやポート部も寸分の狂いなし。フラットデザインだとケースの精巧さがより一層引き立ちますね。

Redmi Note 11 Pro 5G ケース指紋認証部分

Redmi Note 11 Pro 5G ケース装着ポート部分

斜めにカットされたリングは、カメラの凹凸に合わせて設計されたものでした。リングがカメラより上にくるので、背面を下に置いてもレンズが机などに直接触れることはありません。

Redmi Note 11 Pro 5G カメラリング保護機能はカメラだけでなくディスプレイ面にも。四隅が高くなっているので、前面、背面どちらを下に置いても安心。Xiaomiのスマートフォンはケースの付属に加えて保護フィルムも貼られているので、アクセサリー購入費用を抑えられます。

Redmi Note 11 Pro 5G ディスプレイ

Redmi Note 11 Pro 5G ディスプレイ2

Redmi Note 11』『Redmi Note 10T』に続き、2022年度3台目のリリースとなった『Redmi Note 11 Pro 5G』。プロダクトとしての所有欲を満たしてくれる、見せびらかしたくなるのはダントツでRedmi Note 11 Pro 5Gですね。フラット最高!引き続き使用レポートをお届けするのでお楽しみに。

あわせて読みたい
Redmi Note 11 Pro 5Gカメラ実写レポ!Xiaomi 11T Proと同じイメージセンサー搭載スマホ! Xiaomi Redmi Note 10 Proの後継機として2022年5月30日に発売が開始された『Redmi Note 11 Pro 5G』。これまで『開封』『ベンチマーク測定』と続けてきましたが、今回行...
あわせて読みたい
Redmi Note 11 Pro 5GをAnTuTu、Geekbench 5で実測!スナドラ695って実際どうなん? 大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は、2022年5月30日に日本市場に向けて最新ミッドレンジ『Redmi Note 11 Pro 5G』の発売を開始。ハイエンドなカ...
あわせて読みたい
Redmi Note 11 Pro 5Gをセール価格で安く買える店は?67W充電&1億カメラ&おサイフスマホ! 大手スマートフォンメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2022年5月19日に5G&おサイフケータイ(FeliCa)対応のミッドレンジモデル『Redmi Note 11 Pro 5G』をリリースし...

Redmi Note 11 Pro 5Gの主な仕様

Redmi Note 11 Pro 5G
Soc Snapdragon 695 5G(6nm)

  • CPU:Kryo 660 Gold Cortex-A78×2(2.2GHz)、Kryo 660 Silver  Cortex-A55×6(1.7GHz)
  • GPU:Adreno 619
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 5,000mAh(最大67W急速充電)※充電機同梱
重量 約202g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:360Hz
  • 輝度:700ニト(標準)、ピーク輝度:1200ニト
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラ メインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵 IP53
イヤフォンジャック 対応
Bluetooth 5.1
位置情報 GPS L1、Glonass G1、BDS B1、Galileo E1
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM NanoSIM カード+eSIM
指紋認証 側面
おサイフケータイ 対応
スピーカー ステレオ(デュアルスピーカー)
DOLBY ATMOS 対応
Micro SDカード 対応
OS Android™ 11(MIUI 13)

Redmi Note 11 Pro 5Gにお勧めな格安SIM

Redmi Note 11 Pro 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/40/41 (2545~2560MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 750/800/1800/1900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCNモバイルONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!