500mAh以上の電池大容量スマートウォッチ。TicWatch、Galaxy Watch、Xiaomi、Amazfit

電池切れを気にせずたっぷり使えるスマートウォッチ6選

スマートウォッチを選ぶ基準は、『ディスプレイの大きさ』『デザイン』『GPSを内蔵しているか』『目当てのモニタリング機能がついているか』など人それぞれ。

私は最初スマートバンドを使っていたのですが、自分にとってはヘルスモニタリングよりも『情報の見やすさ』が重要だと気づき、途中からスマートウォッチに切り替え。これまで5種類以上使ってきました。

スマートウォッチは画面が大きいだけでなく、スマートバンドと比較して『出来ることが多い』のも特徴。

私が今メインで使ってる『TicWatch Pro 3 GPS』は、YouTube Musicから音源を一時保存(YouTube Premiumの契約必要)してオフライン再生可能。Bluetoothイヤフォンとペアリングすれば、デジタルオーディオプレーヤーに早変わり(本体にもスピーカーあり)。

音楽

Suicaは使えませんが、NFCによりGoogle Payに紐づけた一部カードでタッチ決済を行うことも(非対応のカードが多いです。PayPay 銀行のVisaデビットカードは問題なし)。いざという時に安心です。

カード払い

大型ディスプレイを活かして、100文字を超える文章も無理なく読めます(LINEは通知画面で250文字程度まで受信)。返信は『打ち込み(Gboad)』もしくは『Google音声入力』。スマートウォッチ(TicWatch Pro 3 GPS)から直接行えます。

文字を読む

記事が見つかりませんでした。

ただし大型ディスプレイと言えど、時計サイズなので文字が打ちやすいかと言えば答えは『NO』。スラスラ文字を打ち込めるのは音声入力の方。LINEの返信程度であれば、スマートフォンをわざわざ取り出す必要はありません。

音声入力

返信

単体で色々なことが出来てしまうスマートウォッチ。Wear OS採用モデルは、使いたいアプリをインストールして自由にカスタマイズ出来るのもウリの1つ。ただし『電池持ち』に関してはあまり良い評判を聞きません。

頻繁に充電する』という煩わしさを避ける為には、『電池容量』を重視したいところ。しかし殆どのスマートウォッチは『500mAh以下』。前モデルから電池が増えたといわれている『Galaxy Watch 5(44mm)』ですら、410mAhと500mAhに届きません。

スマートフォンは『5,000mAh』を超えると『電池大容量』のカテゴリー。スマートウォッチの場合はそれが『500mAh』です。今回は『電池大容量』に該当するスマートウォッチを6モデル選びました。

Xiaomi Watch S1 Pro Amazfit T-Rex Ultra Galaxy Watch 5 Pro TicWatch Pro 3 GPS TicWatch Pro 3 Ultra GPS TicWatch Pro 5
電池容量 500mAh 500mAh 590mAh 577mAh 577mAh 628mAh
チップセット 不明 不明 Exynos W920 Snapdragon Wear™ 4100+Mobvoiデュアルプロセッサ Snapdragon Wear™ 4100+Mobvoiデュアルプロセッサ Snapdragon W5+ Gen1
 画面 有機EL(1.47インチ) 有機EL(1.39インチ) 有機EL(1.4インチ) 有機EL+FSTN液晶(1.4インチ) 有機EL+FSTN液晶(1.4インチ) 有機EL+FSTN液晶(1.43インチ)
解像度 480×480 454×454 450×450 454×454 454×454 466×466
メモリ 不明 不明 1.5GB 1GB 1GB 2GB
ストレージ 不明 不明 16GB 8GB 8GB 32GB
Bluetooth 5.2 BLE 5.0 BLE 5.2 BLE 不明 5.0 5.2
重さ(バンド含まず) 48.5g 61g 46.5g 41.9g 41g 44.35g
最大輝度 600nit 1,000nit(ピーク) 不明 不明 不明 不明
MIL 非対応 STD-810G STD-810H 非対応 STD-810G STD-810H
防水 5気圧 10気圧 5気圧 IPX8 IPX8 5気圧
NFC 対応(Mastercardのみ) 非対応 対応 対応 対応 対応
GPS 内蔵 内蔵 内蔵 内蔵 内蔵 内蔵
Wear OS 非対応 非対応 対応 対応 対応 対応

記事が見つかりませんでした。

TicWatch Pro 3 GPS』『TicWatch Pro 3 Ultra GPS』『TicWatch Pro 5』は電池容量が大きいだけでなく、有機EL+FSTN液晶の『2層ディスプレイ』を採用。操作していない時はFSTN液晶に切り替え、消費電力を抑える徹底ぶり。

2層ディスプレイ

最新モデルのTicWatch Pro 5は、電池を『628mAh』まで増量。さらにチップセットを『Snapdragon W5+ Gen1』に刷新。超消費電力とスムーズな操作性を両立しつつ、急速重電機能(30分で65%)まで備える無双ぶり。

記事が見つかりませんでした。

現状でTicWatch Pro 5を欲しくないと言えば完全に嘘ですが、TicWatch Pro 3 GPSに満足しているのも事実。待ち続けたWear OS 3へのアップデートもようやく行われそうなので、ひとまずそれを待とうかと。

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!