【4月1日迫る】ニトリやGEOのチューナーレステレビが品切れ!楽天市場では2ヶ月待ちも。一人暮らしに最適な43型が人気

NHKとの契約義務が発生しないチューナーレステレビ。新生活シーズンに加えて放送法新規約施行が間近に迫り、一人暮らしに最適な43型が在庫切れ続出!

放送法の第64条には、『NHKの放送を受信することができるテレビをお持ちの場合、NHKと受信契約をしなければならない』との規定が示されています。つまりテレビチューナー搭載型のテレビを家に所有している人は、全員NHKとの契約義務が発生しているということ。

総務省は2023年1月18日に『日本放送協会放送受信規約の変更認可』を発表し、新規約が2023年4月1日から施行。受信機の設置期限が『遅滞なく』から『受信機の設置の月の翌々月の末日まで』に具体化され、未払いが悪質と判断された場合は『2倍』相当の割増金が請求されます。

チューナーレステレビはNHKとの契約義務なし。割増金を請求されない

上記を回避する方法は至ってシンプル。テレビチューナーを搭載しない『チューナーレステレビ』を購入すれば良いだけ。一般的なチューナーレステレビは、Googleの『Android TV』というOSを採用。

チューナーレステレビ

GEOより

Android TVでは、『Netflix』『YouTube』『FOD』『TVer』『U-NEXT』『Amazonプライムビデオ』『Disney+』『dTV』『hulu』『ABEMA』といったストリーミング動画配信サービスを利用することが可能です。

パソコンのディスプレイ(著作権保護HDCP対応)に『Fire TV Stick』や『Google Chromecast』といったストリーミングデバイスを接続して、スマートテレビ化するといった方法も。HDMI分配器を用意すれば、ディスプレイ1台でパソコンとテレビを使い分けられます。

あわせて読みたい
Fire TV StickとスマートプラグでPCモニターを『チューナーレステレビ化』しよう!スマホで一元管理が可... Fire TV Stick(4K Max)は本来、『テレビ』に接続して使用するものです。しかし2023年4月1日には総務省の『日本放送協会放送受信規約の変更認可』による新規約がいよい...
あわせて読みたい
【脱NHK】Chromecast+PCディスプレイ=チューナーレステレビ!Fire TV Stickより良いかも。 先日、PC用のディスプレイにFire TV Stick 4K Maxを接続してチューナーレススマートテレビ化。表示についてはかね満足でしたが、ディスプレイの『ON→スタンバイモード』...

ドラマや映画を少し大きめな画面で観たいという人には『チューナーレステレビ』の方がお勧め。一人暮らしなら大きさは『43型』程度でしょうか。43型のチューナーレステレビは人気が高く、様々な店舗で取り扱いが行われています。

一人暮らしに最適な43型のチューナーレステレビスペック比較

ドン・キホーテ ニトリ(MST-43-4K) GEO(AX-MSK43) 駿河屋(UM43QR680N) 楽天市場(AI-S43K)
実売価格(3/22現在) 32,780円(3月31日までの限定特価) 37,400円 32,780円 32,000円 39,800円
解像度 3840×2160 3840×2160 3840×2160 3840×2160 3840×2160
サイズ 43型 43型 43型 43型 43型
バックライト LED LED LED LED LED
パネル VA VA IPS 非公開 IPS
アスペクト比 16:9  16:9 16:9 16:9 16:9
リフレッシュレート 非公開 非公開 非公開 60Hz 非公開
コントラスト比: 5000:1 5000:1 1200:1 1200:1 1200:1
輝度 200cd/㎡ 200cd/㎡ 250cd/㎡ 230cd/㎡ 250cd/㎡
応答速度 9.5ms 9.5ms 8ms 8ms 8ms
表示色 16.7M色 16.7M色 16.7M色 16.7M色 16.7M色
HDR 10 対応 対応 対応 HDR対応 HDR対応
DOLBY AUDIO 対応 対応 対応 DOLBYサラウンド対応 DOLBYサラウンド対応
Chromeキャスト機能 対応 対応 対応 対応 対応
OS Android TV™向け Android™11 Android TV™向け Android™11 Android TV™向け Android™11 Android TV™向け Android™11 Android TV™向け Android™11
YouTube 対応 対応 対応 対応 対応
Amazonプライムビデオ 対応 対応 対応 対応 対応
Netflix 対応 対応 対応 対応 対応
有線LAN 対応 対応 対応 対応 対応
無線LAN 対応(2.4G/5G) 対応(2.4G/5G) 対応(2.4G) 対応(2.4G/5G) 対応(2.4G)
Bluetooth 5.1 5.1 5.0 5.0 5.0
スピーカー出力 非公開 非公開 10W×2 10W×2 10W×2
CPU ARM Cortex Advanced quad-core ARM Cortex Advanced quad-core RTD2851A CA55(QuadCore) ARM Advanced Multi-Core
メモリ 2GB 2GB 1.5GB 1.5GB 1.5GB
ストレージ  8GB 8GB 16GB 16GB 16GB
HDMI端子 3(ARC&CEC対応) 3(ARC&CEC対応) 3(ARC&CEC対応) 3 3(HDMI2.0)
USB端子  2 2  2 2 2
光デジタル端子 1 1 1 1 1
LAN端子 1 1 1 1 1
ヘッドフォン出力 1 1 1 1 1
AV IN 1 1 1 1 1
リモコン音声対応 対応 対応 対応 対応 対応
Google Play 対応 対応 対応 対応 対応
Googleアシスタント 対応 対応 対応 対応 対応
寸法 幅約960.8×高さ約606×奥行約197.34mm 幅約961×高さ約596×奥行き約180mm 幅約957×高さ約606.3×奥行約206.8mm 幅約955.6×高さ約624.1×奥行約237mm 幅約957.0×高さ約606.3×奥行約206.8mm
重量 約6.7kg 約6.7kg 約8kg 約6.5kg 約8kg
消費電力 85W 74W 75W 100W 75W
待機電力 0.5W 0.5W 0.5W 1W 0.5W
VESA(壁掛け) 非公開 対応 対応 対応 対応
ソフトウェア更新方法 Google OTA/USB Google OTA/USB Google OTA/USB Google OTA/USB Google OTA/USB

発売開始と同時に、大きな話題となった『ドン・キホーテ』と『ニトリ』のチューナーレステレビは、コントラスト比に優れる『VAパネル』を採用しています。メモリは他3モデルより500MB大きい『2GB』。ストレージは半分の『8GB』ですが、USBポートから外部ストレージの接続が可能。

駿河屋(AX-MSK43)』『GEO(UM43QR680N)』『楽天市場(AI-S43K)』で販売しているスマートテレビはパネルが『IPS』。VAパネルよりコントラスト比は低くなりますが、輝度が高く応答速度も若干はやめ。パソコンのディスプレイはIPSが主流です。

GEO(UM43QR680N)』と『楽天市場(AI-S43K)』は対応するWi-Fiが『2.4GHz』のみとの表記。テレビの近くに電子レンジなどがある場合は、使用時に干渉する可能性があるので注意。干渉が気になるようであれば、『5GHz』に対応する『ドン・キホーテ』、『ニトリ(MST-43-4K)』『駿河屋(UM43QR680N)』を選びましょう。

チューナーレステレビ(Android TV)はスマートフォンの画面をキャスト可能

5モデルは共通して『Chromeキャスト機能』を標準搭載。Fire TV Stickなどのストリーミングデバイスを接続せずに、直接スマートフォンの画面をテレビに投影することも出来ます。

KONKA 50型チューナーレステレビ

KONKAより

一人暮らしに最適な43型チューナーレステレビは在庫切れ続出

一点気になったのは、2023年3月22日時点でのオンライン在庫状況。

ドン・キホーテ ニトリ(MST-43-4K) GEO(AX-MSK43) 駿河屋(UM43QR680N) 楽天市場(AI-S43K)
オンライン在庫 取り扱いなし 売り切れ 売り切れ 注文可能 注文可能(納期1~2ヶ月)

ドン・キホーテはオンラインでの取り扱いなし。ニトリ(MST-43-4K)、GEO(AX-MSK43)は売り切れで注文不可。楽天市場(AI-S43K)は注文可能ですが、取り寄せで納期遅れ(1~2ヶ月)の注意書きあり。通常通り注文を受け付けているのは駿河屋(UM43QR680N)のみ。チューナーレステレビのとんでもない人気が窺い知れます。

Amazon楽天市場では、上記以外にまだ『在庫あり』なチューナーレステレビがチラホラ。『放送法新規約施行』『新生活』と需要がMAXに高まっている今の状況。これは早いもの勝ちですね。

あわせて読みたい
チューナーレステレビにTVer入れたら民間放送『無料』で観放題!SIMはmineo、ahamo、楽天モバイルがお勧... 最近やたらと話題になっている『チューナーレススマートテレビ』。その理由は総務省が2023年1月18日(水)に『日本放送協会放送受信規約の変更の認可』を行い、2023年4...

ディスプレイサイズが『32型以下でも良い』という人は、『パソコンディスプレイ+ストリーミングデバイス』の組み合わせを検討しましょう。

あわせて読みたい
ちょっと高画質なチューナーレススマートテレビ化目的で14,980円のPCディスプレイ購入!30インチ以下な... チューナーを備えない『チューナーレススマートテレビ』。単体でNHKの放送を受信する事は出来ないので、NHKとの契約義務が発生しません。 パソコン用ディスプレイとの大...
あわせて読みたい
【NHKなし】1万円台~で買える24型チューナーレステレビのスペックを比較。コスパは駿河屋。オールイン... NHKとの契約義務が発生しない『チューナーレススマートテレビ』。民間放送を無料で観るなら、一番お勧めなのは『TVer』です。TVerはスマートフォンやタブレットでも視聴...

チューナーレステレビに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!