Xiaomi 11Tシリーズは『CINEMAGIC』で映画みたいな動画が撮れる!実は日本で売ってる超薄型軽量スマホでも

CINEMAGIC

Xiaomiより

大手スマートフォンメーカーXiaomiが9月15日に新製品発表会を行い、『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』といったスマートフォン3モデルをリリースしました。

あわせて読みたい
シャオミがXiaomi 11T、11T Pro、Xiaomi Pad 5をグローバルリリース!ぜんぶ日本投入予定! Xiaomiが最新スマートフォン『Xiaomi 11T』『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 11 Lite 5G NE』に加え、タブレット『Xiaomi Pad 5』をグローバル市場に向けてリリースしました...

Xiaomi 11 Lite 5G NEは日本で発売されているMi 11 Lite 5GのSocをSnapdragon 780G 5GからSnapdragon 778G 5Gに変更。カラーバリエーションはMi 11 Lite 4Gを踏襲した上で新たに『スノーフレイクホワイト』を加えています。Socのグレードがやや落ちる同モデルを日本で販売する意味はほぼありませんが、スノーフレイクホワイトはカラバリとして追加したら売れそうですね。

スマホ

Xiaomi 11 Lite 5G NE(Xiaomiより)

Xiaomi 11T、Xiaomi 11T Proに関しては日本発売が予定されています。ハイエンドの投入は来年以降になると個人的には予想していたので、これはちょっと意外な展開。

Xiaomi 11Tシリーズは製品コンセプトに『CINEMAGIC』が掲げており、動画撮影時には廉価モデルでは使えない様々なエフェクト効果が利用可能。

シネマジック

Xiaomiより

ハイエンド並の写真が撮れる『Redmi Note 10 Pro』であれば同様の効果が得られるのではないかと確認してみましたが、スーパーマクロ撮影以外は不可。

投稿が見つかりません。

ちなみに最上位モデルとなる『Mi 11』には『ムービー効果』という項目が用意されており、そこから『マジックズーム』『スローシャッター』『タイムフリーズ』『ナイトタイムラプス』『パラレルワールド』といったXiaomi 11Tシリーズと同様の本格的なCINEMAGICを得る事が可能です。

Mi 11

Xiaomiより

リリース時の説明では、AIによるリアルタイムアルゴリズム解析によってエフェクト効果は得られるとの事でした。つまりSocの性能が高い端末でしか使えないプレミアム機能。そのプレミアム機能を使えるミッドレンジが、約159の薄型軽量ながらSnapdragon 700シリーズの中では最高峰の『Snapdragon 780G 5G』を備える『Mi 11 Lite 5G』です。

mi 11 lite 5g

Xiaomiより

ハイエンド並のCPU性能を持つ同モデル。有機ELディスプレイは最大90Hzのリフレッシュレートと10億色表示に対応。カメラ以外のスペックに注目が集まりがちですが、実は動画撮影機能も凄かった。ハイエンド仕様の動画エフェクトまで使えたとは驚きです。

あわせて読みたい
シャオミのMi 11 Lite 5Gが売れてる理由は大画面で『軽い』から。持って操作した瞬間に最高を感じられる... Xiaomiが日本市場で発売している中で最も『軽い』スマートフォン、それが『Mi 11 Lite 5G』です。持って軽いだけのスマートフォンであれば他にも存在します。しかしMi 1...

写真はOPPO Reno5 A 5Gと撮り比べを行い高画質である事を確認しています。個人的には写真と比較して撮る機会が圧倒的に少ない動画。しかしXiaomiのプレゼンを見て『CINEMAGIC』には興味津々。時間を見つけて試してみようと思います。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関するレビュー

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度 【Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン】 これまで購入したXiaomiのスマートフォンは10台以上。どこかしら似た要素がありました。しかしMi 11 Lite 5G...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Soc Snapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 4,250mAh(最大33W急速充電)
重量 159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラ メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
おサイフケータイ 対応
防水防塵 IP53
オーディオ デュアルスピーカー
SIM nano SIM×2スロット
OS MIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

 

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!