Xiaomiさん、この技術早く使った方が良いっすよ?フロントカメラの迷走に終止符を打ちそうな画期的アイディアに大反響!

ベゼルフロントカメラ

先日『Xiaomiがベゼルにレンズを搭載するフロントカメラの特許を取得。ホール無し全画面スマホを安価で作れるようになるかも!』というタイトルの記事を投稿ししました。

投稿が見つかりません。

記事の後半にアンケートフォームを設置したところ、読者の方から短期間で270票を超える投票をいただきました。本当にありがとうございます(アンケートは継続して受付中)!

アンケート調査

7月3日現在の投票結果

パンチホール、ノッチ、ベゼル。フロントカメラはどの位置が理想?』とのアンケート内容に対しなんと7割を超える人が『ベゼル』に投票。

Xiaomi新特許

フロントカメラはこれまで『ノッチ』『ホップアップ(※ポップアップですね !よく間違えます・・・)』『フリップ』『パンチホール』『ディスプレイ埋込み型』と様々な変化を続け、2021年は『パンチホール』に落ち着いています。しかし『ディスプレイに穴が無い方が良い』というのは満場一致のはず。

全画面スマホ

回転式のフリップカメラを採用するZenfone 8 Flip

ポップアップ』『フリップ』『ディスプレイ埋込み型』はどう考えても品質管理が大変でコストも高くつきそう。過去にミッドレンジながらホップアップカメラを搭載する『Mi 9T』『Honor 10X』の様な異質なモデルも存在しましたが、原料費が上がり続けている現状においては同等のモデルを同じ価格帯で出すのは難しいでしょう。

xiaomi

ホップアップカメラを採用していたミッドレンジXiaomi Mi 9T

LetsGoDigitalの記事内容によると、ベゼル部分にレンズを搭載する下記の様な構造は、品質を安定して保ちやすく更にコストダウンも行えるとの事。

Xiaomi新特許申請図

LetsGoDigitalより

ちなみにカメラ技術として予想される『ファイバースコープ』とは、光ファイバーの先にレンズを取り付けたもので、カメラとレンズの位置が離れていても撮影が可能。一般的には内視鏡として使われている事が多いですね。Amazonでは簡易的なものが2千円くらいで売っています。確かにこれならいけそう・・・

内視鏡

ファイバースコープイメージ

フラッグシップはもとより、エントリーやミッドレンジにも採用出来れば早期に技術が流通してコストダウンが容易に。各スマートフォンメーカーの命題となっているフロントカメラ位置とコストダウンを一気に解決!これは間違いなくやったもん勝ちですよ!

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!