UQモバイルはデータ消費ノーカウントでNetflixやYouTubeを観られる!MNO総合満足度1位は納得の結果。

メインSIMとしての需要が高まり続けているUQモバイル。なぜ選ばれているかは使えば分かる!最強の節約モードを備えるMNOサービス

MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所は、2023年3月7日(火)に『2023年2月MNOのシェア・満足度調査』を発表しました(予備調査:18歳~69歳の男女40,000人。本調査:MNOを利用している18歳~69歳の男女2,700人。2023年2月3日~2月6日の期間。詳しくはコチラ)。

メイン端末で使っているSIMの利用率は、2022年9月から2023年2月の推移でdocomo『-0.3%』、SoftBank『-0.5%』、au『-0.9%』。一見メインブランドが全体的にシェアを落としている様に見えますが、docomoは格安ブランドのahamoが『+0.6%』となり、総合的に見れば+0.3%。

メインSIM利用率

MMD研究所より

SoftBankはLINEMOが『+0.2%』、Ymobileが『0%』でややシェアを失っている傾向。auはpovoが『+0.2%』でUQモバイルが『+0.7%』とうまくユーザーが分散されている印象。

最も堅調に推移したのが、auのサブブランドとなる『UQモバイル』。『MNO9サービスの総合満足度(予備調査からMNOを利用している2,700人を抽出』調査では『740点』を獲得し、ahamoLINEMOを抑えて堂々の第1位。

サービス満足度総合調査

MMD研究所より

一時的にユーザーが増える要因は、『他社より有利なキャンペーンが行われていたから』なども考えられます。しかしUQモバイルの場合は総合満足度でも高い支持を記録。2021年11月からは『+2.9%』もメインSIMとしてのシェアを伸ばしているので、これは単純にサービス内容が優れているということでしょう。

では、UQモバイルの優れているポイントとは一体何なのか。メインサービスと言えるくりこしプランM、L+5Gは、月間通信容量超過後も最大『1Mbps』の通信速度を維持します。ただしahamoLINEMO(スマホプラン)もこの部分は同様です。

UQモバイル(くりこしプランM+5G)>> ahamo>> LINEMO(スマホプラン)>> Ymobile(シンプルM)>> NUROモバイル(NEOプラン)>>
月額基本料金(税込) 2,728円 2,970円 2,728円 3,278円 2,699円
月間通信容量 15GB 20GB 20GB 15GB 20GB
制限時の速度 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps
低速切り替え 対応 非対応 非対応 非対応 非対応
余ったデータ翌月くりこし 対応 非対応 非対応 対応 対応
通話料金(税込) 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒 22円/30秒(NUROモバイルでんわ使用で11円/30秒)
5分かけ放題 無料 550円 490円
10分かけ放題 880円 770円 880円
無制限かけ放題 1,980円 1,100円 1,650円 1,870円 1,430円
通信回線 au NTTドコモ SoftBank SoftBank NTTドコモ
eSIM 対応 対応 対応 対応 非対応
あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...

docomo、ahamo、au、povo、UQモバイル、SoftBank、LINEMO、Ymobile、Rakuten UN-LIMITといった9サービスの中で、唯一『UQモバイル(くりこしプラン+5G)のみ』対応しているのが『高速↔低速(節約)』への切り替え。低速(節約)時は通信がノーカウントとなり、決められたデータ容量の制限もありません。

UQモバイルのくりこしプランM+5Gの節約モード(最大1Mbps)で実際に検証した結果

問題なく利用出来る
多少読み込みに時間がかかっても利用出来る
利用するのが難しい
  • データ容量の大きいファイルの送受信
  • 高解像度ストリーミング動画・音楽の再生

UQモバイルウィジェット

UQモバイル(くりこしプランM+5G)の節約モードでは、ストリーミング音楽を聴いたり、YouTubeNetflixで動画まで観れてしまいます。節約モードをうまく駆使すれば、一ヶ月を通してデータの消費を『10GB以内に抑える』ことも余裕。

あわせて読みたい
UQモバイルは『くりこしプランM +5G』のコスパが最強。節約モードは3日で6GB制限なし。データ容量は15GB... KDDIが展開するauのサブブランド『UQモバイル』。競合となるのは、SoftBankのサブブランド『ワイモバイル』です。UQモバイルとワイモバイルはどういった違いがあるのか...

そして余ったデータ容量は翌月に『くりこし』。ahamoLINEMOはくりこしに非対応なので、この部分でも差が出ます。実際に使っていて『自由度が高い』と感じるのはやはりUQモバイル。メインSIMとしての利用者が増えているのも、満足度が1位というも納得の結果と言えますね。

あわせて読みたい
外出先で『通信を我慢』してる人はmineo、ahamo、LINEMO、UQモバイルに乗り換えよう!スマホがもっと自由に ICT(Information and Communication Technology)市場調査コンサルティングのMM総研は、2023年3月1日(水)に『携帯電話の月額利用料金とサービス利用実態(2023年1...

UQモバイルについて

UQモバイルに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!