【安すぎ】Helio G99搭載!8.4型Alldocube 50 mini proが17903円!買うのを止めた理由

外出先への持ち歩きに最適な、8.4型のサクサク動くタブレット

私が所有するタブレットXiaomiのRedmi Padは、Socに『MediaTek Helio G99』を搭載しています。スマートフォンやタブレットの処理能力をもっとも大きく左右するのが『Soc』。つまり同じSocを採用するデバイスは『近い処理能力』を持つということです。

あわせて読みたい
Amazonや楽天市場で『メモリ10GB超え』の格安タブレットが増殖中。『拡張』はベツモノ。同じ価格ならSoc... Amazonや楽天市場で『タブレット』と検索すると、『12GB+128GB』『16GB+128GB』といったサムネイル画像が飛び込んできます。12GB、16GBは『メモリ(RAM)容量』、128G...

Helio G99(Redmi Pad)は、AnTuTu Benchmark(Ver.10)のトータルスコアが『421,302』。2023年6月に購入したタブレット『UAUU T30』は『140,612』。データの演算処理能力を示す『CPU』に加え、アプリの動作速度を示す『UX』スコアも雲泥の差となっています。

Redmi Padの性能

Redmi PadをAnTuTu Benchmark(Ver10)で実測

タブレット性能

UAUU T30をAnTuTu Benchmark(Ver10)で実測

実際にRedmi Padを利用していて大きな不満はなし。むしろ『快適に使える』部類です。ただし画面サイズが『10.61インチ』と大きめなので、外出時にカバンに入れて持ち運ぶのはやや億劫。

Fire HD 10やiPad Airより軽いRedmi Padレビュー

Helio G99を搭載しつつ、持ち運びしやすい『8インチ』程度に大きさを抑えたタブレットが登場してくれたら即買いするのに。そんな心の声を叶えてくれたのが『Alldocube 50 mini pro』。

既に発売されているAlldocube 50 miniの上位版。Alldocube 50 miniはメモリ4GB+仮想メモリ4GBといった構成でしたが、Alldocube 50 mini proはメモリ(RAM)自体を『8GB』に増量。仮想メモリはストレージをメモリとして代用するので、『メモリ8GB』とはポテンシャルが異なります。

G99

Alldocubeより

ストレージも64~128GBから『256GB』に増量。SocはUNISOC Tiger T606から『MediaTek Helio G99』へ。4,000mAhと画面サイズの割に少なめだった電池容量は1,000mAh増えて『5,000mAh』。

あわせて読みたい
【超便利&無料】Androidスマートフォンをワイヤレスストレージ化する方法。Micro SDカードの読み書きに... 低価格帯のエントリーモデルでは使えるのに、高価格帯のハイエンドでは使えないもの。『Micro SDカード』です。Micro SDカードを使用すれば2千円程度で100GB以上の容量...

もうスペック的には『Fire HD 8(HD解像度)』など足元にも及ばず。ミドルクラスのタブレットとして完全に仕上がっている印象・・・でした。

Alldocube 50 mini pro発売開始に伴い、AliexpressのAlldocubeオフィシャルストアでは限定セールを実施中。表示されている価格は『22,637円』ですが、そこから『2,500円割引』『ストアクーポン』が適用されてまさかの『17,903円』。

合計価格

即買いしかけたのですが、タブレットを購入する時に重要視しなければならない『Widevine』の確認を怠っていたことに気づきました。Widevineはデジタル著作権管理法(DRM)に基づいたセキュリティレベルを表したもの。

あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...

一般的には『Widevine L1』『Widevine L2』『Widevine L3』で区切られており、『Widevine L1』に対応する端末は、おおよそのストリーミング動画を高解像度設定で視聴する事が可能となります。逆に『Widevine L3』では解像度が低下(YouTube含まず)。

タブレットはスマートフォンと比較して、ストリーミング動画を観る機会が増えます。よっていくらスペックが高かったとしても、『Widevine L1』に準拠していなければ使い勝手が損なわれるのは間違いなし。

残念ながら、Alldocube 50 mini proの製品ページに『Widevine L1』の表示は見当たりませんでした(スピーカーもモノラル。Redmi PadWidevine L1でクアッドスピーカー)。Alldocube 50 miniが『Widevine L1』であることを『ゴリ押し』していることを鑑みれば、『表記忘れ』の可能性は低いかと。

あわせて読みたい
ラクマ・PayPayフリマ・メルカリでスマホを買った人にお勧めな『月額3千円以内のSIM』8選。端末だけ安く... スマートフォンがまだ『ガラケー』だった頃は、『SIMフリー』という概念がありませんでした。端末は基本的に通信キャリアが独占販売し、対応バンド(周波数帯)も各キャ...

たとえWidevine L1でなかったとしても『YouTube以外の動画は殆どみない』という人にとっては『ハイコスパ』なデバイス。私は今回購入を見送りますが、上記を理解した上で購入するなら後悔は無いかと。セール価格で買わなかったら後悔するかも。

記事が見つかりませんでした。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

記事が見つかりませんでした。

Xiaomi Redmi PadとAlldocube 50 mini proの仕様

Xiaomi Redmi Pad Alldocube 50 mini pro
Soc MediaTek Helio G99(6nm) MediaTek Helio G99(6nm)
容量
  • 3GB/64GB
  • 4GB/128GB
  • 8GB/256GB
電池 8,000mAh 5,000mAh
充電 18W 10W
重量 445g 306
サイズ 高さ:250.38mm
幅:157.98mm
厚さ:7.05mm
高さ:202.7mm
幅:126mm
厚さ:7.5mm
画面
  • サイズ:10.61インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2,000 x 1,200ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • ピーク輝度:400nit
  • 表示色:10億色以上
  • サイズ:8.4インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:1,920 x 1,200ピクセル
カメラ リアカメラ

  • 解像度:800万画素

フロントカメラ

  • 解像度:800万画
リアカメラ

  • 解像度:1,300万

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
コネクタ USB Type-C USB Type-C
スマートペン 非対応 不明
Bluetooth 5.3 5.2
Wi-Fi Wi-Fi 5 2.4GHz/5GHz IEEE 802.11 a/b/g/n
オーディオ クアッド(4つ)スピーカー(Dolby Atmos対応) モノラルスピーカー
OS MIUI for Pad Android 13

タブレットに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!