【イチオシ】格安SIMのIIJmioで買える『安い』『電池持ちが良い』『高性能』な実際使った事のあるスマートフォン3選

格安SIMで格安に買えるコスパの高いスマートフォン3選

格安SIMのIIJmioでは、他社から『ギラプラン(音声SIM、音声eSIM)』乗り換え時にSIMフリースマートフォンを特別価格で購入することが可能です。競合となるOCNモバイルONEが新規受付を停止した今、IIJmioの存在は唯一無二なものに。

ラインナップの豊富さも大きな魅力であるIIJmio。しかしスマートフォンに詳しくない人からすれば、種類が多すぎて『どの端末を選んで良いのかわからない』という状況かもしれません。

今回は『価格』『電池もち』『高性能』といったポイントに分けて、イチオシの『3台(実際に使ったことがある)』を紹介したいと思います!

価格で選ぶならOPPO Reno7 A

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A

【期間限定特価】新規契約:39,800円、他社から乗り換え:20,980円

最新スマートフォンOPPO Reno9 Aとほぼ同等(メモリ容量は6GB)の性能を持つ『OPPO Reno7 A』。SocにはCPU性能に優れるSnapdragon 695 5Gを搭載しています。一般的な使い方であれば動作速度はいたってスムーズ。

あわせて読みたい
【撮ってみた】OPPO Reno7 AとReno5 Aのカメラ画質比較!見た目のイメージを壊さないクリアな描写が光る。 グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の大人気シリーズ『OPPO Reno』。2022年モデル『OPPO Reno7 A』はデザインへの拘りを強く感じられる1台ですが、性能面...

ディスプレイは、廉価モデルが多く採用する液晶ではなく『有機EL』。有機ELは液晶と比較して応答速度が圧倒的に早く、残像が発生しづらいので動画を視聴するのに最適。発色の美しさも特徴の一つです。

あわせて読みたい
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて... 大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採...

またOPPO Reno7 AはFeliCaチップを搭載しており、『おサイフケータイ』『Googleウォレット』といった決済サービスに対応。防塵防水規格は『IP68』と最上級。上品かつ汚れが目立たない『OPPO Glow(独自加工技術)』の質感も秀逸。男女から人気のハイコスパスマートフォンです。

あわせて読みたい
OPPO Reno7 A総合レビュー!デザイン、ディスプレイ、処理能力、電池もち、充電速度、カメラ画質、便利... 大手グローバルスマートフォンメーカー『OPPO』は、2019年10月に日本特化モデルとなる『OPPO Reno A』を初投入。SIMフリーながら『防水防塵』『おサイフケータイ(FeliC...

OPPO Reno7 Aの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 695(6nm)
  • 画面:6.4インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,500mAh
  • カメラ:4800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:175g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応

詳細はコチラから

電池もちで選ぶならMotorola moto g53j 5G

【期間限定特価】新規契約:31,000円、他社から乗り換え:14,800円

moto g53jのベンチマークスコアを実測

Motorola moto g53j 5Gはディスプレイの解像度が『HD+』。一般的なスマートフォンはフルHD+なので、それらとスペックを比較すれば『ディスプレイ性能が低い』ということになります。

あわせて読みたい
【安いスマホはAnTuTuで選ぶな】AQUOS wish 2より低スコアなmoto g53j 5Gの方が快適な理由とは スマートフォンの核となり、CPUやGPUを集積する回路が『Soc』です。データの処理能力はSoc性能に左右されるので、『Socが◯◯だから』という理由でスマートフォンを選んで...

しかしフルHD+解像度のスマートフォンとHD+のmoto g53j 5Gを横に並べても、極端な差が分からない。これはスマートフォンの画面サイズが『小さい』から。40インチのテレビになれば解像差は明らかですが、スマホはスマホ。

あわせて読みたい
moto g53j 5GでYouTube動画1時間再生したら電池の減り僅か『3%』。低解像度のメリットを目の当たりに 先日Motorola edge 40など、計4端末の電池もちを検証しました。YouTubeで同じ動画を『1時間』再生して、Motorola edge 40は電池残量『-6%』。 Pixel 7aとOPPO Reno9 Aは...

解像度が低いとその分消費電力が下がるので、moto g53j 5GGの電池もちは驚くほど良好。SocはSnapdragon 480のクロックアップモデルとなる『Snapdragon 480+』。AnTuTu Benchmarkスコア(Ver.10)は40万程度。一般的な使い方では処理能力も必要十分な、ハイスタミナス端末です。

あわせて読みたい
【実写作例】moto g53jとmoto g52jのカメラ(写真)画質を比較。MOTOROLAの廉価5Gスマホ対決! Motorola(モトローラ)は2023年6月16日(金)、日本オープンマーケットにおいて『moto g53j 5G(メモリ8GB)』の発売を開始。2023年6月29日(木)には、ワイモバイルが...

Motorola moto g53j 5Gの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 480+ 5G(8nm)
  • 画面:6.5インチ(HD+、液晶、最大リフレッシュレート120Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、200万画素(マクロ)
  • 重量:183g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応

詳細はコチラから

あわせて読みたい
【実測】moto g53j(Snapdragon 480+ 5G)はAnTuTu40万超え!Geekbench6結果も Motorola(モトローラ)が2023年6月16日(金)に日本市場で発売を開始した『moto g53j 5G』。型番的にはmoto g52j 5Gの後継モデルですが、Socは『Snapdragon 695 5G』か...

高性能で選ぶならXiaomi 12T Pro

【期間限定特価】新規契約:98,820円、他社から乗り換え:79,800円

Xiaomi 12T Pro

Xiaomiより

Socに『Snapdragon 8+ Gen 1』を搭載するXiaomi 12T Pro。前モデル(Xiaomi 11T Pro)からGPU性能が大幅に向上し、負荷の重い3Dゲーム(原神など)を高フレームレートでこなせるようになりました。

あわせて読みたい
Xiaomi 12T Proのゲーム性能が圧巻だった!11T Proから順当進化。Pixelシリーズは置き去りに! グローバルテクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)が、2022年12月16日に日本発売を開始した『Xiaomi 12T Pro』。Socに『Snapdragon 8+ Gen 1』を搭載するハイエンドス...

Snapdragon 8+ Gen 1は単純に処理能力が高いだけでなく、電力効率に優れるのも大きな特徴。それにより実現が難しかった『ハイパフォーマンス』『電池もちの良さ』の両輪を達成しています。動作環境は文句のつけようなし。

メインカメラのイメージセンサーは、Nothing Phone(2)やZenfone 10といった他のハイエンドより一回り大きい『1/1.22インチ』。『2億画素』の超高解像度撮影においても、実用的な明るさで高精細な画像を残します。

あわせて読みたい
【写真作例】Xiaomi 12T Proのカメラが描く『光』と『影』。1/1.22インチセンサーがリアルを引き寄せた。 Xiaomi 11T Proの後継モデルとなる『Xiaomi 12T Pro』は、Socに『Snapdragon 8+ Gen 1』を搭載して処理能力が大幅にアップ。先日行ったゲーム性能の検証においては、Xia...
あわせて読みたい
Pixel 7 Proのメインカメラは5千万画素?Xiaomi 12T Proと撮り比べたらハッキリした解像差が出た。 Googleのハイエンドスマートフォン『Pixel 7 Pro』。公式ホームページを見ると、背面メインカメラの詳細には『50メガピクセル』という表記がされています。これは一般的...

Xiaomi 12T Proの直販価格は109,800円なので、IIJmioの乗り換え特価は完全に破格。『本気のスマホ』を探している人に全方位でお勧めな端末です。

あわせて読みたい
時が経ってXiaomi 12T Proのお買い得感がマシマシに。ガチハイエンドな高性能スマホに今なら手が届きそう! Xiaomi 12T Proが日本市場で発売開始されたのは2022年12月16日。オープンマーケット版の直販価格は8GB/128GBモデルが『109,800円』とまさかの10万超え。通信キャリアSof...

Xiaomi 12T Proの主な仕様

  • Soc:Snapdragon 8+ Gen 1(4nm)
  • 画面:6.7インチ(12bit、2K(2712×1220)、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート480Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:2億画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:205g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:非対応

詳細はコチラから

IIJmioについて

あわせて読みたい
IIJmioが通信業界の『スーパーサブ』だと思う4つの理由。格安SIMとしてのアップデートは恐らくコレが正... IIJmioははここ数年で『基本料金・通話料金の引き下げ』『端末価格の引き下げ』『低速時の通信速度を最大300kbpsにアップ』『音声eSIM対応』など、様々なアップデートを...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!