シャオミ Mi 11 Lite 5Gが搭載するSnapdragon 780GはSnapdragon Soundに対応!

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

最大手半導体メーカーQualcommが2021年3月にリリースした最新オーディオ技術『Qualcomm Snapdragon Sound』。先日Xiaomiは公式のWeiboで、同社のBluetoothイヤフォン『FlipBuds Pro』がファームウェア『ver7.6.2.9』へのアップデートにより、世界ではじめてSnapdragon Soundに対応する事を発表しました。

イヤフォン

Xiaomiの公式Weiboより

Snapdragon Soundにより、Qualcommが提供するBluetoothコーデック『aptX Adaptive』を『96kHz/24bit』でデコード可能に。これまでハイレゾに対応するBluetoothコーデックはSONYの『LDAC』かHuaweiの『HWA』の2択。そこに3つ目の選択肢が登場した事になります。

Snapdragon Sound

Qualcommより

さらにSnapdragon Soundは『89ms』の低遅延を実現。ゲームや動画の再生への最適化が行われています。通話音質も『32kHz』まで引き上げられており、LDACを上回るパフォーマンスを持つ可能性が大。

Snapdragon sound

Qualcommより

すでにXiaomiをはじめ、NURLfinalラディウスオーディオテクニカといった音響メーカーがSnapdragon Soundに対応するデバイスの開発を進めています。

超注目の『Snapdragon Sound』ですが、利用するには当然プレイヤーが必要になります。Qualcommの公式HPを見ると、モバイルプラットフォームには最上位モデル『Snapdragon 888』、通信システムには『FastConnect 6900』が必要になると記載されています。

Snapdragon Sound対応

Qualcommより

FastConnect 6900はSnapdragon 888に組み込まれているものなので、Snapdragon 888を搭載するスマートフォンが対象に。

スマホ

Snapdragon 888を搭載するFind X3 Pro

他にFastConnect 6900に対応するSocが無いか調べたところ、リリース時期が新しい『Snapdragon 870 5G』『Snapdragon 778 5G』は非対応。やはり現状ではSnapdragon 888以外無理なのかとも思いましたが、さらに調べ続けたところ対応モデルを2つ発見!

それが『Snapdragon 865 Plus』と『Snapdragon 780G』です。Snapdragon 865 Plusには『Snapdragon Sound』の表記はありませんが、Snapdragon 780Gにはしっかりと対応が示されていました!

Qualcommより

Snapdragon 780Gを搭載するスマートフォンは世界で1モデルのみ。それが日本でも発売されている『Mi 11 Lite 5G』です。品薄が続き店舗によっては品切れの状況が続きますが、今後益々人気が高まりそうな予感。日本でSnapdragon Sound対応機器が発売されるのを待ちきれず、『FlipBuds Pro』を買ってしまいそう・・・!

Mi 11 Lite 5Gで音楽

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gのレビュー

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度 【Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン】 これまで購入したXiaomiのスマートフォンは10台以上。どこかしら似た要素がありました。しかしMi 11 Lite 5G...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関連する記事

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Soc Snapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 4,250mAh(最大33W急速充電)
重量 159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラ メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
NFC 対応
オーディオ デュアルスピーカー
OS MIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況(グローバルモデル)

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmio

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイル

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

 

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!