Xiaomi Mi 11 Lite 5GがMIUI 13(Android 12)にアプデ!新機能サイドバーも使えるぞ!

Mi 11 Lite 5GがMIUI 13にアップグレード!サイドバーが使える

わずか『約159g』の薄型軽量スマートフォン『Xiaomi Mi 11 Lite 5G』。スリムな見た目ながらAntutu Benchmarkのスコアは50万超え。ハイエンドに近いCPU性能を持つ高性能モデルです。

あわせて読みたい
ガチ勢以外はシャオミのMi 11 Lite 5Gで良くない?ゲームしないiPhoneユーザーの機種変先にお勧めなスマホ Galaxy S21 5Gは画面サイズが6.2インチで重量は171g。iPhoneの最新モデルとなるiPhone 13は画面サイズが6.1インチで重量が173g。これが世界を代表するスマートフォンの...

Mi 11 Lite 5Gが薄型軽量高性能を実現出来たのは、『有機ELパネル』と『Snapdragon 780G 5G』 を採用したから。有機ELは液晶と異なりバックライト等の部品が不要に。薄型軽量化を実現します。

薄くて軽くて高性能なスマホ!Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが格安SIMで1万円台

Mi 11 Lite 5Gの有機ELディスプレイは10bit(10億色以上)表示に対応しHDRの上位規格となる『HDR10+』をサポート。1秒間にディスプレイがタッチに反応する最大回数を示すタッチサンプリングレートは『240Hz』。表示・操作性ともに優れます。

HDR

Mi 11 Lite 5Gで2021 LG OLED l Ink Art 4K HDR 60fpsを再生(HDR)

Snapdragon 780G 5Gは『5nm』の微細なプロセスルールを採用。微細化が進むほど電力効率は上がるので、電池容量を少なめ(Xiaomiスマートフォンは電池容量5,000mAh以上が殆ど。Mi 11 Lite 5G4,250mAh)にしても実用的な駆動時間が維持されます。

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gはデジタルズーム画質が素晴らしい。撮り方や画質改善方法など

Mi 11 Lite 5G発売当初は、ファームウェアがやや不安定であり、同端末のパフォーマンスをフルに活かせない状態でした。しかしアップデートを繰り返す度に進化。新たなカテゴリーとなる『軽くて速いスマートフォン』は完全体へと近づいていきました。

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ! XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれ...

そのMi 11 Lite 5G(日本版)に対し、ついにAndroid 12ベースの『MIUI 13』が配信されました。

Mi 11 Lite 5G MIUI 13 アップデート

MIUI 13 アップデート内容

ただし今回はOTAアップデートに不具合があり、手動でインストールすることに。Xiaomiのスマートフォンでこういった経験は初めてです。

あわせて読みたい
なんだこれ!?Mi 11 Lite 5GのOTAアップデート(MIUI 13)が進まない!仕方なく手動で更新してみた。 先日Xiaomi Mi 11 Lite 5G(日本版)に最新ファームウェアとなる『MIUI 13(Android 12ベース)』の提供が開始されました。メジャーアップデートなのでデータ容量は『3....

MIUI 13ではアーキテクチャ(設計)レベルから最適化が行われており、メモリ管理システムを微細化する事でバックグラウンドのプロセス効率が『+40%』向上。

MIUI 13 メモリ最適化

Xiaomiより

また、Androidデバイスは通常36ヶ月経過するとストレージパフォーマンスが50%低下するのに対し、MIUI 13では高度なファイル管理システムの導入により最適化効率を『+60%』引き上げ、パフォーマンスの低下をわずか『5%』に制御(デフラグ的な要素が加わったので、アップデート後しばらくはやや動作が重くなるかもしれません)。

MIUI 13 リキッドストレージ

Xiaomiより

さらにバッテリーリソースを分散させることで消費電力を『10%』平均的に削減しています。『 MIUI 12.5』で全体的なパフォーマンスを向上させ、『MIUI 13』では長く安定的に端末が使えるように。とても順当な、流れる様なアップグレードと言えるでしょう。

バッテリー制御

Xiaomiより

あわせて読みたい
Xiaomi 11T Proが神アップデートでスーパーハイエンド化。MIUI 12.5 Enhancedの本領を発揮! Xiaomiのハイエンドスマートフォン『Xiaomi 11T Pro』。Snapdragon 888を搭載する高性能モデルです。私はXiaomi 11T Proの他に『Zenfone 8』『OPPO Find X3 Pro』という...

すでに『Redmi Note 10 JE』『Redmi Note 11』といった日本版にも配信済みのMIUI 13ですが、それらでは追加機能となる『サイドバー』を利用することが出来ませんでした。Mi 11 Lite 5Gでは同機能が使えるように。

サイドバー

画面端に隠れたサイドバーには複数のアプリを格納して直接起動させることが可能。それだけであれば、他メーカーの端末にも同様の機能が用意されているので独自性はなし。

サイドバー

Mi 11 Lite 5Gに追加されたサイドバーは、アプリの起動を『フローティングウィンドウ(サブ画面)』で行います。フローティングウィンドウではウインドウの配置や表示サイズの調整が自由自在。

フローティングウィンドウ

通常フローティングウィンドウを利用するには、『アプリの起動』→『コントロールセンターの表示』→『フローティングウィンドウ』といったそれなりの手間が発生。

コントロールセンター

上記の操作を行なっても、フローティングウィンドウに非対応のアプリは動作しません。サイドバーでは操作工程をショートカットしつつ、対応アプリが一目瞭然になるので同機能の使い勝手が大幅に向上します。

フローィングウィンドウショートカット

Antutu Benchmark3DMarkといったベンチマーク測定アプリに加えて、原神やPUBGモバイルもフローティングウィンドウで表示可能。YouTubeは非対応ですが、Amazonプライムビデオはサイドバーから開けます。

メジャーアップデートを終えたので、恒例のAntutu Benchmarkを測定(メモリ増設機能ON)。端末を休ませることなく3回連続で実測し、1回目が『526102』、2回目が『531752』、3回目が
523811』。温度上昇は電池が劣化しやすくなるとされる45度をはっきりと下回り最高で『37度』程度。安定して高いパフォーマンスを維持しています。

Antutu1

Xiaomi Mi 11 Lite 5G(MIUI 13)でAntutu Benchmarkを実測(1回目)

Antutu2

Xiaomi Mi 11 Lite 5G(MIUI 13)でAntutu Benchmarkを実測(2回目)

Antutu3

Xiaomi Mi 11 Lite 5G(MIUI 13)でAntutu Benchmarkを実測(3回目)

スマートフォンは家電なので、通常は発売から一定の期間が経過すれば価値はだんだんと下がっていきます。しかしXiaomiの場合は価値を高めるアップデートを続けるので、時間の流れがプラスに作用。巨額の開発コストを割けるXiaomiだからこそ成せる業ですね。

あわせて読みたい
Mi 11 Lite 5Gを安く買えるのはどこのお店?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較! 【Xiaomi Mi 11 Lite 5G販売価格一覧(3月27日時点)】 通常販売価格:43,800円(税込) Amazon:42,800円 楽天市場:39,980円~(2,880ポイント還元※楽天モバイルユー...
あわせて読みたい
シャオミのスリムで速いやつ、Mi 11 Lite 5Gの進化が止まらない。アップデートの度に上がり続けるパフォ... アップデートにより『メモリ増設機能』が提供された『Xiaomi  Mi 11 Lite 5G』。同機能が提供されるまでは、AntutuBenchmarkのスコア計測で『メモリ不足』が表示されGPU...
あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gが遂に『メモリ増設』機能に対応!安定性向上でまた一歩『完全体』に近づいたぞ! XiaomiがMIUI 13で提供を予定している『メモリ増設』機能ですが、一部の主要端末にはすでに先行配信が行われています。メモリ増設とはパソコンで『仮想メモリ』と呼ばれ...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関するレビュー

あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度 【Xiaomi史上見たことがないミニマムなフラットデザイン】 これまで購入したXiaomiのスマートフォンは10台以上。どこかしら似た要素がありました。しかしMi 11 Lite 5G...

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
Soc Snapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 4,250mAh(最大33W急速充電)
重量 159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラ メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
おサイフケータイ 対応
防水防塵 IP53
オーディオ デュアルスピーカー
SIM nano SIM×2スロット
OS MIUI13(Android 12)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!