【MVNO】新規受付を停止したOCNモバイルONEの利用比率拡大。通信業者には駆け込み需要促進よりサービス向上を求む

格安SIMに求めることは値上げやサービス停止ではない

MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所は、2023年10月24日(火)に『2023年9月MVNOのシェア・満足度調査(実施期間:2023年9月22日~9月27、予備調査:18歳~69歳の男女40,000人、本調査:MVNO6サービス利用者900人)』の結果を発表。

MVNO利用率(メイン)の推移(36,331人対象)に関しては、2023年2月からほぼ横ばいで『9.8%』。同調査結果からは、通信キャリアから格安SIM(MVNO)に流れた人の割合が少ないことを想定出来ます。

メインSIM推移

MMD研究所より

メインのスマートフォンで格安SIM(MVNO)を利用しているユーザー(3,544人)に、『契約サービス』を聞いた結果が下画像の通り。

SIM契約業者

MMD研究所より

記事が見つかりませんでした。

2023年6月26日(月)に新規申し込みの受付を停止した『OCNモバイルONE』が、未だ1位の座を維持して『19.8%』。2位も2020年にMVNOの受付を停止している『楽天モバイル(MVNO)』。3位にようやく現役の『mineo』が続いています。

MVNO契約者割合

MMD研究所より

MVNO6サービスの利用率推移は、2023年2月と比較してOCNモバイルONEの比率が18.4%から19.8%に『+1.4%』増加。増えているのは6業者中OCNモバイルONEのみです。

先述している通り、OCNモバイルONEは2023年6月26日(月)に新規受付を停止。つまりその後に『ユーザーが増える』といったことは現実的にあり得ません。

2022年9月のデータを見ると、2020年にMVNOの受付を停止している『楽天モバイル』の比率が『19.7%』に増えているので、『たまたまOCNモバイルONEユーザーが多かった』という可能性は十分考えられるでしょう。

記事が見つかりませんでした。

もっとも、楽天モバイル(MVNO)に関して言えば2023年9月時点で『14.8%』まで利用者比率が低下。今後の調査で『mineo』『IIJmio』に逆転されるというのが規定路線かと。

OCNモバイルONEも他社とサービス内容を比較して『コストパフォーマンスに優れている』とは言い難いので、ある程度までは一定の利用者比率を維持するかもしれませんが、そこからは流出が加速するはず。

あわせて読みたい
OCNモバイルONEでスマホ買った人はLINEMO(SoftBank回線)への乗り換えもアリ!だってSIMフリーだもの OCNモバイルONEは、SIMの契約時に激安でスマートフォンを購入出来る通信業者でした(2023年6月26日に新規受付を停止)。提供していた回線は『ドコモ』のみですが、スマ...

OCNモバイルONE(MVNO)とLINEMO(MNO)のサービス内容を比較

OCNモバイルONE LINEMO
月間データ容量 3GB 3GB
月額基本料金 990円 990円
最大通信速度 制限なし 制限なし
超過後最大速度 200kbps(基本データ量の半分を超えたらさらに速度制限) 300kbps
1GB追加 550円 550円
国内通話料金 11円/30秒(最大10分相当の無料通話付帯) 22円(30秒)
通話方式 電話回線(オートプレフィックス)※受話や一部番号はVoLTE VoLTE
5分かけ放題 550円
トップ3かけ放題 935円
10分かけ放題 935円
無制限かけ放題 1,430円 1,650円
SMS 3.3円/回~(受信料 無料) 3.3円/回~(受信料 無料)
無料オプション(サービス) MUSICカウントフリー、5G LINEギガフリー
回線 ドコモ SoftBank
解約手数料 0円 0円
契約事務手数料 3,300円 0円
あわせて読みたい
OCNモバイルONEからの理想的な乗換先候補4選。IIJmio、HISモバイル、NUROモバイル、日本通信どれにする? 2023年6月26日(月)をもって新規及びSIMカードの追加申し込み受付を停止した『OCNモバイルONE』。既存ユーザーにはサービスの提供を続けますが、さすがに『乗り換え』...

他の通信業者では『新プランへの刷新による基本料金値上げ』が目立ちます。これには『既存プランから他業者への流出を止める』『駆け込み需要喚起』といった一過性の効果あり。

サービス品質向上』『基本料金値下げ』は、モバイル通信利用者にとって間違いなくメリットです。しかし『新規受付停止』はメリットと言えませんし、『値上げ』に関しては完全にデメリット。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

どのサービスにも共通して言えることですが、『停滞』からは何も生まれません。MVNOは『IIJmio』や『mineo』、通信キャリアは『楽天モバイル(MVNO)』がそれぞれカンフル剤として奮闘している印象。そういった通信業者は単純に応援したくなりますね!

あわせて読みたい
楽天モバイルがプラチナバンド獲得!安くて繋がる通信キャリアに一歩前進。au回線提供終了エリアの通信... 最後発の通信キャリア『楽天モバイル』。同社がMNOとしてサービスの提供を開始したのは2020年4月8日。当時は『楽天回線エリア(4G)』がとても狭く、ほぼパートナー回線...
お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!