BIGLOBEモバイル化すらしなかったOCNモバイルONE。今後の見通しがどう考えても厳しい理由。余裕ある内に乗換推奨

新規受付が終了したMVNOに残り続けるのは危険。ユーザーの減少により通信環境が悪化する可能性あり

OCNモバイルONEの運営元となるNTTレゾナントは、2023年7月1日付でNTTドコモに吸収合併されました。通常ここで考えられるのは、『OCNモバイルONEのサブブランド化』です。

2015年4月1日には、SoftBankがワイモバイルを吸収合併。2020年10月1日には、KDDIがUQモバイルを吸収統合。いずれも現在は通信キャリアの『サブブランド』として機能。

しかし中には異なる事例も。2016年12月、KDDIは『BIGLOBEモバイル』の親会社であるビッグローブを子会社化。ところがBIGLOBEモバイルはサブブランド化されず、2023年7月16日現在もMVNOの形態を維持しています。

OCNモバイルONEが結果としてどうなったのかと言えば、サブブランド化されませんでした。そうなると残された道は大方『BIGLOBEモバイル化』。もし予想通りそうなっていたら、今後の見通しが然程変わることは無かったでしょう。

あわせて読みたい
【夏用】スマートフォンの発熱を抑える簡単な方法。Google、Xiaomi、OPPO、Motorola、SHARP対応 2023年は7月に入り、全国各地で気温『30度』を超える日が続いています。暑さの影響を受けて、動作が鈍くなるのは人だけではありません。生活必需品である『スマートフォ...

OCNモバイルONEは2023年6月26日、様々な予想とは異なる驚きの動きに出ました。それが『新規受付停止』。これは今後『新しくユーザーが増えない』ことを意味します。

MVNOは通信キャリアから回線をレンタルしてサービスを提供。安定した通信環境を継続的に維持するには、一定予算の確保が必須です。

あわせて読みたい
【悲報】新規受付停止したOCNモバイルONEの通信速度を実測した結果。LINEMO(ソフトバンク)との差がエ... OCNモバイルONEの運営元となるNTTレゾナントは、2023年7月1日付でNTTドコモに吸収合併。2023年6月26日(月)時点でOCNモバイルONEの新規受付は停止しています。 既存ユ...

今後OCNモバイルONEからユーザーが減り続けるのは既定路線。そうなると『減った分だけ予算を削られる』というのは通常の流れ。通信環境が悪化する可能性は否めません。

NTTドコモはOCNモバイルONEユーザーの受け皿として格安プラン『irumo』を用意しました。月額550円(税込)~という料金設定は一見OCNモバイルONEと類似。

あわせて読みたい
NTTドコモの格安プラン『irumo』と『ahamo』はどっちがおトク?スマートフォンの利用頻度でコスパが変わ... NTTドコモは2023年6月20日(火)、新料金プラン『irumo(イルモ)』を発表。月額基本料金を『550円~(0.5GB)』に引き下げたことで大きな話題に。 ただし3GB『2,167円...

しかし細かい仕様は異なります(0.5GBコースは10分相当の無料通話なし。最大3Mbpsに速度制限。MUSICカウントフリーの様な無料オプションなし)。月間データ容量3GB以上では『ドコモ光』『home 5G』とのセット割を活用しないと割高。

あわせて読みたい
irumo(0.5GB)で爆アゲて楽天モバイルでYouTube PremiumやNetflixをお得に楽しむという選択 NTTドコモは、2023年7月1日(土)から新料金プラン『irumo』をスタート。月額550円(税込)~という格安SIM並みの低料金設定が大きな話題となっています。 ただし『全体...

一部のOCNモバイルONEユーザーからは不満の声が聞こえるのは当然のことですが、サービスを提供している企業(しかも一部上場)からすれば、利益率の低い事業を継続する理由はなし。

街に一本しか走っていないバスや電車が廃止になった』となれば大問題ですが、OCNモバイルONEの乗り換え先候補は少し調べればいくらでも見つかります。

あわせて読みたい
OCNモバイルONEからの理想的な乗換先候補4選。IIJmio、HISモバイル、NUROモバイル、日本通信どれにする? 2023年6月26日(月)をもって新規及びSIMカードの追加申し込み受付を停止した『OCNモバイルONE』。既存ユーザーにはサービスの提供を続けますが、さすがに『乗り換え』...

通信キャリアしか使ったことがない』という人にとって乗り換えは『高いハードル』かもしれませんが、OCNモバイルONEはオンライン契約がメイン(一部ドコモショップ経由のエコノミーMVNO)。

あわせて読みたい
OCNモバイルONEでスマホ買った人はLINEMO(SoftBank回線)への乗り換えもアリ!だってSIMフリーだもの OCNモバイルONEは、SIMの契約時に激安でスマートフォンを購入出来る通信業者でした(2023年6月26日に新規受付を停止)。提供していた回線は『ドコモ』のみですが、スマ...

記事が見つかりませんでした。

もちろん手続きなど多少の面倒は発生しますが、乗り換え時に特典を受けられる通信業者も多数。あまり先延ばしせずに、余裕のあるタイミングで乗り換えすることを個人的にはお勧めします。

あわせて読みたい
OCNモバイルONE『新規受付停止』&格安プラン『irumo』の投入は『4G渋滞緩和』を目的としたドコモ苦肉の... 2023年4月26日、NTTドコモはネットワーク戦略に関する説明会の中で、一部ユーザーの指摘(ドコモ回線が遅い、ドコモ回線が繋がらないなど)に対する原因を明示。 説明会...

乗り換え先候補一覧

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

OCNモバイルONEで販売されていたスマートフォンは通信回線を問わずに使える『SIMフリー』です。使えるか不安な場合は、乗り換え先のカスタマーサポートに『端末名(製品番号)』を伝えて適合状況を確認しましょう。

あわせて読みたい
ワイモバイルに乗換で『1円』の120Hz滑らかスマホ!moto g53y 5G発売開始。限定色ペールピンクも良い感じ! SoftBankのサブブランド『ワイモバイル』が、2023年6月29日(木)からMotorolaの最新スマートフォン『 moto g53y 5G』の発売を開始しました。 ワイモバイルオンラインシ...

【ドコモ回線】

【SoftBank回線】

【au回線】

【楽天回線】

記事が見つかりませんでした。

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!