OCNモバイルONE『新規受付停止』&格安プラン『irumo』の投入は『4G渋滞緩和』を目的としたドコモ苦肉の策か。

NTTドコモは4G渋滞を解決することは出来るのか。

2023年4月26日、NTTドコモはネットワーク戦略に関する説明会の中で、一部ユーザーの指摘(ドコモ回線が遅い、ドコモ回線が繋がらないなど)に対する原因を明示。

説明会の内容をまとめたImpress Watchの記事を参考にすると、原因は過度なトラフィックの増加によるもの。エリア構築の際はトラフィックを予想の上基地局を建てるが、再開発により撤去せざるをえない事由が発生。

高周波数帯域で電波が届きづらくなったところに人が一気に流れ込むと、低周波数帯域が逼迫。それが結果的に『ドコモ回線が遅い』『ドコモ回線がつながらない』を引き起こしているのだと。

高い周波数ほどデータ通信を『高速』で行う事が出来ます。ただし直進性が強く、低周波と比較して『減衰しやすい(届きづらい)』のも高周波の特徴。つまり『基地局の撤去』によりもっとも影響を受けやすいのは『高速通信』。

記事が見つかりませんでした。

ドコモが述べている通り、高周波が届かない場所は『低周波』で通信を行うことになります。しかし低周波の主な用途は『高速大容量通信』ではなく電波を繋げること。あくまで高周波を補填する位置づけです。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

4Gの帯域幅(道幅のようはもの)は最大『20MHz(5G Sub-6は100MHz)』ですが、低周波の場合はこの幅が狭くなります。狭い道に沢山の車が一気に流れ込んだらどうなるか。渋滞して動かなくなりますよね。

あわせて読みたい
家が『楽天回線 5G Sub6エリア』に入ったら『光回線解約』して楽天モバイル1本化計画!月5千円程度の固... 楽天モバイルは2023年6月1日から『最強プラン』に移行。パートナー回線(au)提供エリアを一部(順次)拡大し、人口カバー率(4G)を他の通信キャリアと同等の『99.9%...

通常4Gはキャリアアグリゲーション(複数の周波数帯を同時に使用すること)により効率・高速化をはかっていますが、高速道路は事故で通行止め。道幅の狭い一般道はその影響で大混雑。この状況でどういった解決策が頭に浮かぶでしょうか?

1つは道路を増やすこと。基地局を増やすことがそれに該当。『4G』の基地局を現地点で過度に増やすことは、結果的に5Gの整備を遅らせることになります。

XiaomiのRedmi Note 11 Pro 5Gが楽天スーパーSALEを上回る安さか

かと言って、『5G』のエリアを短期間で4G並みに広げることも実質不可能。まだ5G非対応のスマートフォンを使っているユーザーが多い現状を鑑みても、費用対効果が高いとは言えないでしょう。

記事が見つかりませんでした。

NTTドコモは同問題を、『カバーエリアの調整』『周波数帯の分散制御』といった対策により、2023年夏までの解消を目指すとしていましたが、これは明らかに『道路を増やす』の施策ではなく、どちらかと言えば『走っている車の流れを整備する』といった内容。

渋滞

今にして思えば、これは『NTTレゾナント吸収合併』『OCNモバイルONE新規受付停止』『新格安プランirumoスタート』の完全に伏線でした。

NTTレゾナント吸収合併により、指揮系統はNTTドコモに移ります。その上でOCNモバイルONEの新規受付を停止すれば、ユーザー数が増えない(むしろ減る)ので一定の帯域圧迫を抑制。

あわせて読みたい
BIGLOBEモバイル化すらしなかったOCNモバイルONE。今後の見通しがどう考えても厳しい理由。余裕ある内に... OCNモバイルONEの運営元となるNTTレゾナントは、2023年7月1日付でNTTドコモに吸収合併されました。通常ここで考えられるのは、『OCNモバイルONEのサブブランド化』です...

NTTドコモが用意したOCNモバイルONEの代替えプラン『irumo』も、紐解けば『高周波(4G)を出来るだけ使わせない』といった内容のものでした。

あわせて読みたい
格安SIM『OCNモバイルONE』ユーザーはNTTドコモ『irumo』に乗り換えすべきなのか。ドコモ光の契約が肝と... 2023年6月20日(火)、NTTドコモが新料金プラン『irumo(イルモ)』を発表しました。提供開始は2023年7月1日(土)から。 NTTドコモは7月1日付でOCNモバイルONEの運営元...

0.5GBコースに関しては最大通信速度『3Mbps』止まり。3GB以上のコースは『ドコモ光』『home 5G』とのセット割がメイン。光回線や帯域幅の広い5Gの活用を推奨しています。

あわせて読みたい
NTTドコモのirumo(3GB~)が安くなる!『home 5Gセット割』と『ドコモ光セット割』はどちらがおトク? NTTドコモは、2023年7月1日(土)から新料金プラン『irumo(イルモ)』をスタート。『3GB』『6GB』『9GB』コースは、『ドコモ光セット割』『home5Gセット割』といった割...

2023年夏』に突入してしまった2023年7月17日現在において、『状況が大きく改善された』とは言い切れません。今後一体どういった展開を見せるのか。4Gと5Gの間に揺れるモバイル通信業界からしばらくは目が離せません。

あわせて読みたい
【悲報】新規受付停止したOCNモバイルONEの通信速度を実測した結果。LINEMO(ソフトバンク)との差がエ... OCNモバイルONEの運営元となるNTTレゾナントは、2023年7月1日付でNTTドコモに吸収合併。2023年6月26日(月)時点でOCNモバイルONEの新規受付は停止しています。 既存ユ...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!