Pixel 7aにも苦手分野はある?Pixel 6a、7 Pro、Xiaomi 12T Proと3Dゲーム性能を比較!

Pixel 7aで原神60gps、グラフィック設定最高をプレイ!どれくらいのフレームレートを出せるのか。

Googleが2023年5月11日にリリースしたスマートフォン『Pixel 7a』。オープンマーケット版は『62,700円(税込)』というミドルクラスの価格帯ながら、Socに最上位モデルPixel 7 Proと同じ『Tensor G2』を搭載。

あわせて読みたい
Pixel 7aを購入したら最初にすべき『7つ』のこと。Pixel 6aでは必要なかった2つの設定は『ON』必須! 2023年5月11日にGoogleがリリースした、Aシリーズの最新モデル『Pixel 7a』。『62,700円(税込)』という通常販売価格は、Socに同じTensor G2を搭載するPixel 7 Proと比...

さらにAシリーズの弱点とされていたリフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)が60Hzから『90Hz』に向上。メインカメラのイメージセンサーサイズは1/2.55インチから『1/1.73インチ』に大型化。ワイヤレス充電にも対応するなど、上位モデルさながらのアップデートを遂げています。

あわせて読みたい
【実写】Pixel 7aとPixel 6aのメインカメラで写真画質を比較!イメージセンサーの大型化はどう作用して... Googleが5月11日にリリースしたAシリーズの最新スマートフォン『Pixel 7a』は、前モデルとなるPixel 6aから数々のメインスペックをアップデート。その内の一つとなるの...

もはや『弱点なし』に見えてしまう廉価モデルの『Pixel 7a』ですが、あくまでそれは『使い方次第』。一般的な使い方であれば、スマートフォンの脳となる『CPU』性能がもっとも重要。しかしグラフィック負荷の重い3Dゲームのパフォーマンスを左右するのは『GPU』です。

今回は『Pixel 6a(Google Tensor)』『Pixel 7a(Google Tensor G2)』『Pixel 7 Pro(Google Tensor G2)』『Xiaomi 12T Pro(Snapdragon 8+ Gen 1』の4端末を使用して、原神を『60fps』『グラフィック最高』設定でプレイ(室温は25~6度)。Pixel 7aはどの程度のフレームレート(fps)を維持することが出来るのか!

Pixel 6aで原神をプレイ1

Pixel 6aのフレームレート(fps)

フレームレート(fps)は1秒間を何コマで表示しているかを示します。つまりフレームレートの数値が大きくなるほど動きが滑らかに。Pixel 6aは出だしから60fpsを安定的に維持することが出来ず、一時的に10fps台まで低下することも。

Pixel 6aで原神をプレイ2

Pixel 6aのフレームレート(fps)

今回比較している4端末はどれも『有機ELディスプレイ』を採用。よって暗めな表示では消費電力が抑えられ負荷がやや下がります。その影響か一時60fpsに回復するもなぜかそこから急降下。不安定な動きを見せるPixel 6a

Pixel 6aで原神をプレイ3

Pixel 6aのフレームレート(fps)

全体的に見ると15fps~45fpsをいったりきたり。随所で『動作が重くなったな』と感じました。スマートフォンの内部温度が上がると、自動制御が働いてGPUやCPUのパフォーマンスが低下。Pixel 6aでは発熱を抑えられず、放熱もし切れていないという事ですね。

Pixel 7aで原神をプレイ3

Pixel 7aのフレームレート(fps)

続けてPixel 7a。開始から1分30秒近辺までは、Pixel 6aと比較してフレームレートの落ち方が緩やか。30fps以上を平均的に維持しています。

Pixel 7aで原神をプレイ2

Pixel 7aのフレームレート(fps)

ただしプレイ時間が長くなるにつれて最大値が緩やかに低下。30fpsを割り込むシーンも増え、開始直後のパフォーマンスを維持出来ているとは言えません。

Pixel 7aで原神をプレイ3

Pixel 7aのフレームレート(fps)

ゲーム内が夜になるとフレームレートがやや回復するも、Pixel 6aと同様に『60fps』『グラフィック最高』設定でプレイするのは実質不可能。とは言えPixel 7aはグラフのジグザグが小幅なので、Pixel 6aよりも安定しているのは間違いなし。設定を落とせばソコソコ遊べそう。

Pixel 7 Proで原神をプレイ1

Pixel 7 Proのフレームレート(fps)

最上位モデルとなるPixel 7 Pro。SocはPixel 7aと同じ『Tensor G2』ですが、出だしのパフォーマンスは大きく異ります。筐体サイズの大きめな方が放熱に有利な構造を組めるので、その辺りが影響しているのかもしれません。

Pixel 7 Proで原神をプレイ2

Pixel 7 Proのフレームレート(fps)

Pixelシリーズの中で唯一45fps以上を維持していたPixel 7 Proですが、2分30秒辺りからフレームレートが少し不安定に。

Pixel 7 Proで原神をプレイ3

Pixel 7 Proのフレームレート(fps)

60fps』『グラフィック最高』はPixel 7 Proをもってしても安定したプレイは不可能。それでもPixel 6aPixel 7aでは負荷が重すぎるフレームレート『45fps』設定はこなしてくれるでしょう。

Xiaomi 12T Proで原神をプレイ1

Xiaomi 12T Proのフレームレート(fps)

Pixel 7 Proよりも更に安定したスタートとなったXiaomi 12T ProSnapdragon 8+ Gen 1を搭載するハイエンドスマートフォンです。フレームレート通り動作はとにかく滑らか。

Xiaomi 12T Proで原神をプレイ2

Xiaomi 12T Proのフレームレート(fps)

プレイ時間が2分を超えた辺りからややフレームレートに低下が見られましたが、それでもほぼ50fps台をキープ。体感的に『動きが遅くなったな』という瞬間はありませんでした。手に伝わってくる端末の温度からも安定しているのが分かります。

Xiaomi 12T Proで原神をプレイ3

Xiaomi 12T Proのフレームレート(fps)

Xiaomi 12T Proの場合はフレームレートの『落ちた瞬間』が45fps程度なので、『60fps』『グラフィック最高』設定で問題なし。炎天下の中クーラーを付けずにプレイしていたらパフォーマンスは当然落ちますが、室温25~6度の環境でこれだけ安定していれば十分でしょう。

あわせて読みたい
mineoマイそく(スタンダード)でフレーム落ちせずオンラインゲームは出来る?Xiaomi 12T Proで出した答え 最近スマートフォンのゲーム性能を検証しています。グラフィックの美しさと負荷の重さで有名な原神を、『60fps』『画質設定最高』で安定してプレイ出来るかを評価の基準...

原神の様なGPU負荷の重い3Dゲームを頻繁にプレイするのであれば、Pixel 7aではなく『Xiaomi 12T Pro』や更に電力効率が上がっているSnapdragon 8 Gen 2搭載モデルを購入した方が良いでしょう。

あわせて読みたい
実用的なデータ通信し放題が使えるお得な格安SIM達。mineo、楽天モバイル、LINEMO、UQモバイル、ahamo等 『データ通信し放題』と言えば、『光回線』を連想する人が多いかもしれません。確かに光回線は『高速』かつ『安定』して通信を行うのに適しています。ストリーミング動...

逆に3Dゲームの頻度が低く、SNSやカメラ撮影といった一般的な使い方メインならPixel 7aで十分。コストパフォーマンスはあくまでユーザーの『使い方』で決まるのです。

あわせて読みたい
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝! 2023年5月11日に登場したGoogleのスマートフォン『Pixel 7a』。物価高の影響が続き、2023年前半は盛り上がりに欠けたSIMフリーAndroid市場。Pixel 7aがカンフル剤となり...

Pixel 6a、Pixel 7aの主要スペック

Pixel 6a Pixel 7a(G82U8)
Soc Google Tensor Google Tensor G2
容量
  • 6GB(LPDDR5 RAM)/128GB(UFS 3.1)
  • 8GB(LPDDR5 RAM)/128GB(UFS 3.1)
電池 4,410mAh(有線充電:最大18W) 4,385mAh(有線充電:最大18W 無線充電対応
サイズ 高さ 152.2 mm×幅 71.8 mm×厚さ 8.9 mm 高さ 152 mm×幅 72.9 mm×厚さ 9.0 mm
重量 約178g 約193.5g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • ピクセルサイズ:1.4µm
  • イメージセンサーサイズ:1/2.55インチ
  • 超解像ズーム:7倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:84度
  • ピクセル幅:1.12µm

カメラ機能

夜景モード、トップショット、ポートレート モード、超解像ズーム、モーション オートフォーカス、Live HDR+、よく撮影する人、デュアル露出補正、シネマティック撮影、ポートレート ライト、消しゴムマジック、リアルトーンᵀᴹ、 顔のぼかし解除、パノラマ、手動によるホワイト バランス調整、ロックされたフォルダ

メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.89
  • 視野:80度
  • ピクセル幅:0.8µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.73インチ
  • 超解像ズーム:8倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,300万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.12µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:1,300万画素
  • F値:2.2
  • 視野:95度
  • ピクセル幅:1.12µm

カメラ機能

ボケ補正、夜景モード、トップショット、ポートレート モード、超解像ズーム、モーション オートフォーカス、Live HDR+、よく撮影する人、デュアル露出補正、シネマティック撮影、ポートレート ライト、消しゴムマジック、長時間露光 リアルトーンᵀᴹ、顔フォーカス、パノラマ、手動によるホワイト バランス調整、ロックされたフォルダ

オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
防水防塵 IP67 IP67
認証 ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証 ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証、顔認証
USB USB Type-C® 3.1 Gen 1 USB Type-C® 3.2 Gen 2
Bluetooth 5.2 5.3
Wi-Fi Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、MIMO Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、HE80、MIMO
位置情報 GPS, GLONASS, Galileo, QZSS, BeiDou GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
おサイフケータイ 対応 対応
Google One VPN 250円~(Google One) 無料
SIM  nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM
Google Playストア販売価格 53,900円 62,700円

Google Pixel 7a(G82U8)にお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 28 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド  1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

投稿が見つかりません。” ]

Googleに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!