2022年を支えた良コスパサブスマホ3選。Xiaomi Redmi Note 11、Note 10T、moto g32

2022年ベストサブスマホ3選

2022年は『コスト高』『円安』の影響で物価が大暴騰。物欲が湧かない一年でした。スマートフォンの場合はハイエンドほどコストは上がり、円安の影響もモロに受けます。つまりコストパフォーマンスを求められる状況では無かったということです。

あわせて読みたい
2021年式Xiaomi 11T Proはもう一台欲しくなる安すぎハイエンド。速度、写真、画面、充電、電池、音全部良し スマートフォンは家電製品なので、モデルチェンジと共に様々なスペックアップを遂げています。『処理能力』『カメラの画質』『充電速度』『電池もち』『ディスプレイ品...

例年通りであれば『2022年度ベストコスパスマートフォン』を発表したいところですが、正直それが難しい。無理やり全体からベストコスパを選ぶよりなら、値上がり額の小さい『エントリー(サブ)スマホ』に的を絞った方がベストコスパの精度は増すはず。

IIJmioで買えるサブにお勧めなスマートフォン6選

よって2022年は『コスパが高いSIMフリーサブスマホ3選』をお届けします!

2022年に発売されたコスパが高いSIMフリーサブスマホ3選

投稿が見つかりません。

サブスマホを持つメリットは様々。何気なくYouTubeで動画を見ている間にも、スマートフォンの電池とディスプレイはどんどん消耗していきます。

あわせて読みたい
月額990円でワガママを叶えてくれるmineoのマイそく(スタンダード)。支払いを減らして通信量を増やせ... 格安SIMのmineoは、最大『1.5Mbps』の通信速度で実質『データ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』となるサービスを提供しています。 1.5Mbpsはあくまでm...

あわせて読みたい
【0円】XiaomiのMi ビデオはYouTubeを動画広告無しで観られる!Google PixelやAQUOSにも対応 Googleは10月21日、YouTubeの家族向け(13歳以上の同世帯5名が利用可)有料プラン『YouTube Premium』を月額1,780円から2,280円に値上げしました。年額にして『6,000円...

高い処理能力を必要としない用途でサブスマホに切り替える癖をつけると、メインスマホの『電池』『ディスプレイ』の劣化が遅れ、長期間ベストに近い状態を維持出来ます。

スマートフォン

また、簡単な設定を行えばサブスマホを『ワイヤレスストレージ』として利用することも。最近は1億、2億画素など『超高解像度撮影』に対応するスマートフォンが増えています。データ量は増えているのに、残念ながらそれらの端末は『Micro SDカード』に非対応。

Xiaomi 12T Proが日本に新登場!

2億画素撮影に対応するXiaomi 12T Pro(Xiaomiより)

Micro SDカードに対応するサブスマホをワイヤレスストレージとして利用すれば、有料のオンラインストレージを契約する事なく手軽にデータの移動が可能に。高解像度撮影を行ってもメインスマホのストレージ容量が圧迫されぬようにサポートします。

あわせて読みたい
【超便利&無料】Androidスマートフォンをワイヤレスストレージ化する方法。Micro SDカードの読み書きに... 低価格帯のエントリーモデルでは使えるのに、高価格帯のハイエンドでは使えないもの。『Micro SDカード』です。Micro SDカードを使用すれば2千円程度で100GB以上の容量...

Xiaomi Redmi Note 11

Redmi Note 11は弱点を知るほど欲しくなる不思議なスマホ

2022年3月10日に発売が開始されたRedmi Note 11。最大リフレッシュレート『90Hz』の明るい有機ELディスプレイを採用しつつ、『24,800円(税込)』という価格は、本年において際立った安さ。

あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 11は『弱点』を知ると益々欲しくなる不思議なスマホ。バランスと安さで選ぶならコレ。 2022年第1四半期において、世界第3位のシェア(Counterpoint調べ)を持つ大手スマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)。Xiaomiが2022年3月10日に日本市場で発売を開始...

トリプルカードスロットを搭載し、2枚のnanoSIMとMicro SDカードを同時に使える勝手の良さもポイント。電池容量は5,000mAhと大容量。Socの電力効率も高く電池が長持ち。

あわせて読みたい
シャオミのRedmi Note 11は『2万円台』に『使う』を凝縮したスマホ。無駄を削って必要な部分はしっかり... 『原料高』『原油高』『物流コストの上昇』『人件費の高騰』『円安』などの連鎖が続き、食べ物から電化製品まで、値上げラッシュが止まらない昨今。スマートフォンも当...

Googleが信頼度の高い端末として定めている『AER』にも準拠しており、セキュリティアップデートは『2025年』までと長め。とても頼りになる相棒です。

あわせて読みたい
AERに準拠するXiaomiのスマートフォンはコレ!Google検証済みデバイスとしてビジネス用途での利用を推奨。 Googleは、同社が定める『ハードウェア』と『ソフトウェア』の厳格な要件を満たしているスマートフォンに『AER(Android Enterprise Recommended)』のロゴを付与してい...
あわせて読みたい
有機ELなXiaomi Redmi Note 11を安く購入出来るお店は?格安SIMなら他社からの乗り換えで2万円台も 大手スマートフォンメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2022年3月4日に市場販売価格『24,800円(税込)』のエントリーモデル『Redmi Note 11』をリリースしました。発売...
Xiaomi Redmi Note 11について
  • Soc:Snapdragon 680(6nm)
  • 画面:6.43インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)、200万画素(深度センサー)
  • 重量:179g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Motorola moto g32

Motorola moto g32』は、円安が止まらなくなり値上げ幅がさらに拡大し始めた2022年9月30日に発売を開始。そんな中で『28,800円(税込)』という価格はかなり頑張っていると言えるでしょう。

あわせて読みたい
Motorola moto g32実機総合レビュー!安いのに使いたくなる良く出来たスマートフォン。2022年イチオシ! Motorola(モトローラ)が2022年9月30日に日本投入した最新スマートフォン『Motorola moto g32』。カラーは『ミネラルグレイ』と『サテンシルバー』の2色展開。通常販売...

ディスプレイは最大リフレッシュレート『90Hz』の液晶。発色ではRedmi Note 11に劣ります。ただしストレージは『128GB』とミッドレンジ並みの大容量。Micro SDカードにも対応しているので、保存領域の確保はバッチリ。

あわせて読みたい
大容量スマホmoto g32を『無線ストレージ』『モバイルバッテリー』『ルーター』化して超使えるサブ端末... 2022年はあらゆる物価が高騰しています。そんな中Motorola(モトローラ)がリリースした最新スマートフォン『Motorola moto g32』は財布に優しい2万円台。2022年モデル...

USB Type-C×USB Type-Cのケーブルを用意すれば、5,000mAhの大容量電池を『モバイルバッテリー』として使用することも。サブスマホ偏差値がかなり高めなハイコスパモデル。

あわせて読みたい
moto g32を安く買える店は?電池ストレージ大容量、Dolby Atmosスピーカー Motorolaは2022年9月30日(金)から最新エントリーモデル『moto g32』の発売を開始。カラーは『ミネラルグレイ』『サテンシルバー』の2色展開。メーカー公式ストア価格...
Motorola moto g32について
  • Soc:Snapdragon 680(6nm)
  • 画面:6.5インチ(フルHD+、液晶、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128GB
  • Bluetooth:5.2
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5000万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:184g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONE
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Xiaomi Redmi Note 10T

十分なスマホに防水とおサイフをマシマシしたRedmi Note 10T

Redmi Note 11の後発として2022年4月22日から発売が開始された『Redmi Note 10T』。最高水準の『防水防塵(IP68)』性能に加え『おサイフケータイ』にも対応するワンランク上のサブスマホ。

あわせて読みたい
スマホに拘りが無い人はXiaomi Redmi Note 10Tを買えばきっと満足!防水&おサイフ&長時間駆動&安い! スマートフォンが好きな人は『処理能力』や『カメラ画質』を選ぶ基準とする事が多いです。しかし全ての人が『スマホ好き』なはずはなく、値上げラッシュの昨今において...

販売開始時の価格は『34,800円(税込)』でしたが、2022年12月現在は実売が2万円台まで値下がり。5,000mAhの大容量電池、Micro SDカード対応とその他のサブスマホ要素も必要十分。

あわせて読みたい
【使ってみた】Xiaomi Redmi Note 10Tは『コレで十分』に『防水』と『おサイフ』をマシマシしたスマホ! 大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は、2022年4月14日に最新スマートフォン『Redmi Note 10T』を発表しました。4月22日からSoftBank、4月26日には...

SocにSnapdragon 480 5Gを搭載するので、『5G対応のモバイルWi-Fiルーター』として利用することも。モバイルWi-Fiルーターを介せば通信距離が短くなるので、メインスマホの節電に繋がります。サポート能力の高さでは頭ひとつ抜け出た実用端末です。

あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 11、Redmi Note 10Tでデュアルアプリを使う方法。LINE2アカOK! Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンに搭載されている便利機能の1つ『デュアルアプリ』。同機能に対応するアプリを複製し、1台の端末で2アカウント同時に使用出来るとい...
あわせて読みたい
【更新】防水おサイフスマホ!Xiaomi Redmi Note 10Tをセール価格で安く買えるお店は? 大手スマートフォンメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2022年4月14日に市場販売価格『34,800円(税込)』の5G対応エントリーモデル『Redmi Note 10T』をリリースしまし...
Xiaomi Redmi 10T(SIMフリー版)について
  • Soc:Snapdragon 480 5G(8nm)
  • 画面:6.5インチ(フルHD+、液晶、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、200万画素(深度センサー)
  • 重量:198g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!