2022年は値上げしたiPhoneより値下げしてる2021年型Androidスマホの方が断然お得。売切注意なお勧め5選

物価の上昇が止まらない2022年は値上げしたiPhoneより値上げ出来ないAndroid2021年モデルを買うべき

2022年がこんな年になろうとは。2021年時点で予想出来た人は殆どいないはず。少なくとも私にとっては完全に想定外。不穏なニュースが毎日の様に流れてきます。

ニュース

物価の上昇も止まりません。日本は海外から何かを輸入する時にアメリカドルで支払いを行います。つまり円の価値が下がったら、その分輸入品の価格は上がるという事。

貨物

2021年1月時点で1ドルは102円台。それが2022年7月にはなんと140円付近まで円安が進行。さらに原料や人件費、輸送費も上がっているので、2021年の価格を2022年に維持するなんて到底無理。

お金

日本価格は世界と比べたら割安』とされていたiPhoneも遂に値上げを敢行。上位モデルに関しては買うのを躊躇してしまうほど。iPhone 14シリーズも販売価格が跳ね上がるのは規定路線。なぜもっと早く買わなかったのかと自責の念にかられている人が沢山いるかと。

端末名 旧価格 新価格
iPhone 11 61,800円(128GB)~ 72,800円(128GB)~
iPhone 12 mini 69,800円(64GB)~ 87,800円(64GB)~
iPhone 12 86,800円(64GB)~ 102,800円(64GB)~
iPhone SE(3rd) 57,800円(64GB)~ 62,800円(64GB)~
iPhone 13 mini 86,800円(128GB)~ 99,800円(128GB)~
iPhone 13 98,800円(128GB)~ 117,800円(128GB)~
iPhone 13 Pro 122,800円(128GB)~ 144,800円(128GB)~
iPhone 13 Pro Max 134,800円(128GB)~ 159,800円(128GB)~

iPhoneの場合は旧シリーズを数年後まで売り続けますが、Androidは大体1年周期でモデルチェンジし、新モデルが出る前の旧モデルは量産終了。

iPhone 11

Appleより

新モデルの登場に合わせて旧モデルの在庫を無くしたいのがメーカーや販売店の本音。つまり値上げをして在庫が残っては困るのです。そういった事情から、2021年販売のAndroid端末は値上げされる事も無く、逆に値下げされているからiPhoneとの価格差がすごい事に。

物価高で2021年発売モデルが超貴重となったスマートフォン。Xiaomi 11T Pro、11T Proは超安い

もちろん2022年発売の新モデルに関してはAndroid端末も値上げ。そうしなければメーカーは商売が成り立ちませんからね。となると、尚更コスパで際立つのが『2021年に発売したAndroidスマホ』。

薄くて軽くて高性能なMi 11 Lite 5Gみたいなスマホを5万円以内で買えなくなった2022年

2021年はまだメーカーに余裕があったので、2022年とは比較にならない低価格で様々なハイスペック端末が登場していました。今回は超お買い得な2021年発売のAndroidスマホから、お勧めの5モデルを紹介したいと思います!

あわせて読みたい
もう限界!ついにXiaomiが既存製品の値上げ発表。ただしスマホは値上げ無し!新価格は8月1日から。それ... 大手グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)が、コストの高騰や円安を理由に既存製品の『値上げ』を発表しました。 本日は皆様にちょっとしたお知らせがあります。 いつ...

値上げ出来ないから超お買い得!2021年に発売開始したお勧めAndroidスマートフォン5選

OPPO Reno5 A 5G

どこでも使える防水スマホ OPPO Reno5 A 5G

 

OPPO Reno 5 A処理能力

OPPO Reno5 A 5GをAntutuBenchmarkで計測した結果

未だランキング上位に食い込む2021年を代表する人気モデルOPPO Reno5 A 5G。『おサイフケータイ』『最高水準の防水防塵(IP68)』に対応しつつ、Socに『Snapdragon 765G 5G』を搭載する実用性重心なスマートフォン。独自カメラ機能『ネオンポートレート(ぼけフレアポートレート)』による玉ボケは秀逸。女性から男性まで幅広くお勧めしたい万能モデル。

  • Soc:Snapdragon 765G(7nm)
  • 画面:6.5インチ(フルHD+、液晶、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,000mAh
  • カメラ:6400万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(モノクロ)、200万画素(マクロ)
  • 重量:182g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル
あわせて読みたい
3万円台で買えるOPPO Reno5 A 5Gは『おサイフケータイ&お風呂スマホ』として長~く使える!持っといて... OPPOは2021年11月26日(金)、日本市場に向けて5G世代のエントリー防水スマホ『OPPO A55s』の発売を開始しました。販売価格は33,800円(税込)。 OPPO A55sはSocにQualc...
あわせて読みたい
OPPO Reno5 Aを一番安く買えるのは?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較! OPPOは2021年6月11日(金)、ミッドレンジクラスのスマートフォン『OPPO Reno 5A 5G(SIMフリー版)』の発売を開始しました。カラーは『シルバーブラック』『アイスブル...

Xiaomi Mi 11 Lite 5G

スマホ性能

Xiaomi Mi 11 Lite 5GをAntutuBenchmarkで計測した結果

薄い』『軽い』『高性能』を実現した革命的なスマートフォンXiaomi Mi 11 Lite 5G。Socにはハイエンド並のCPU性能を持つ『Snapdragon 780G 5G』を搭載。6.55インチの有機ELディスプレイ10bit(10億色以上の表示)に対応。

デジタルの進化を感じられるカメラは夜景まで高画質。これだけの高性能に『おサイフケータイ(FeliCa)』がついて『Micro SDカード』までサポートしたら売れない筈がない。たった『約159g』の高性能スマホ。在庫がまだあると油断しない方が良いです。

  • 画面:6.55インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,250mAh
  • カメラ:6,400万画素(メイン)、800万画素(超広角)、500万画素(テレマクロ)
  • 重量:159g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル
あわせて読みたい
Xiaomi Mi 11 Lite 5Gみたいに薄くて軽くて高性能なスマホを5万円以内で買うのが難しくなった2022年 スマートフォンを手に持っていて『疲れたな』と机に置いてしまった事はありませんか?その原因は単純に『重いから』です。形状によりフィット感は微調整出来ますが、重...
あわせて読みたい
Mi 11 Lite 5Gを安く買えるのはどこのお店?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較! 【Xiaomi Mi 11 Lite 5G販売価格一覧(3月27日時点)】 通常販売価格:43,800円(税込) Amazon:42,800円 楽天市場:39,980円~(2,880ポイント還元※楽天モバイルユー...

Motorola edge 20

格安SIMでMotorola edge 20が2万ちょっと

Motorola edge 20 処理能力

Motorola edge 20をAntutuBenchmarkで計測した結果

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと共に『薄い』『軽い』『高性能』をスマートフォンの選択肢に加えたMotorola edge 20。メインカメラに大型イメージセンサーを採用し、1億800万画素の超高解像度撮影とハイエンド並の高画質を実現。

6.7インチの大型有機ELディスプレイ144Hzのリフレッシュレート10bit(10億色以上の表示)に対応。Snapdragon 778Gの持つCPU性能は2022年発売のミッドレンジを凌ぐ高性能。値上げ出来ないメーカーが気の毒過ぎる!

  • Soc:Snapdragon 778G(6nm)
  • 画面:6.7インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート144Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(望遠カメラ光学3倍)、1,600万画素(超広角・マクロ)
  • 重量:163g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル
あわせて読みたい
最新スマホに立ちはだかるMotorola edge 20という高い壁。Antutu50万超えの21年型ハイミッドレンジ 2022年も様々なスマートフォンが登場していますが、原料や人件費の暴騰に加え、円安が一気に進行。日本発売モデルに関しても厳しい状況が続いています。 海外との取引は...
あわせて読みたい
Motorola edge 20をセール価格で安く買おう!スナドラ778搭載!超軽い1億カメラスマホ Motorola(モトローラ)は2021年10月22日(金)に最新スマートフォン『Motorola edge 20』の発売を日本市場で開始しました。市場販売価格は6GB/128GBモデルが54,800円(...

Xiaomi 11T

2万円台でこのスマホが買えるのは超ハッピー!ゲームも快適に遊べるXiaomi 11T

Xiaomi 11T 処理能力

Xiaomi 11TをAntutuBenchmarkで計測した結果

MediaTekのハイエンド用Soc『Dimensity 1200-Ultra』を搭載する唯一の日本モデルXiaomi 11T。CPUに加えてGPU性能も高いので、一般的な使い方に加えて3Dゲームをプレイしたい人にもピッタリ。ディスプレイは10bit(10億色表示以上)対応の有機ELでデュアルスピーカーは『DOLBY ATMOS』をサポート。

大型イメージセンサーを備えるカメラはHEIF(.HEIC)書き出しが可能。HEIFはJPEGより圧縮率に優れ、高画質を維持しつつデータ容量を半分程度に抑えられる超優秀なファイル形式です。

充電は最大67Wの超急速仕様。このスマートフォンを5万円台前半で出せた2021年。良い時代だった!

  • Soc:Dimensity 1200-Ultra(6nm)
  • 画面:6.67インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、500万画素(テレマクロ)
  • 重量:203g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル
あわせて読みたい
Xiaomi 11Tはゲームが出来るスマホの新たな選択肢。ミッドレンジ価格で性能はハイエンド!後一歩を実現... 2021年はスマートフォンがさらに進化。一部ミッドレンジのCPU性能はハイエンドに肉薄しました。CPUはスマートフォンの脳となり、アプリの動作速度にもっとも大きな影響...
あわせて読みたい
ミドルハイエンドなXiaomi 11Tは今買うべきスマホ!カメラ・画面・音・処理能力全てが高性能で4万円台は... Xiaomi(シャオミ)は2021年11月5日(金)に最新スマートフォン『Xiaomi 11T』の発売を日本市場で開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが54,800円(税込)とな...

Xiaomi 11T Pro

高性能を詰め込んだXiaomi Japan初のハイエンドモデルXiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Proの処理能力

Xiaomi 11T ProをAntutuBenchmarkで計測した結果

2021年に発売されたXiaomi(シャオミ)の最上位モデルXiaomi 11T Pro。Socに『Snapdragon 888』を備える生粋のハイエンド。最大120W充電に対応する5,000mAhの大容量電池は『800回』のサイクルを終えても『80%』の最大容量を維持(通常500回)。色々な意味で長く使えるスマホです。

10bit(10億色以上の表示に対応)対応の有機ELディスプレイは第三者機関となるDisplayMateから『A+』の最高評価を受けています。デュアルステレオスピーカーは『Harman Kardon』監修。ゲームの音を盛り上げるだけでなく、普通に音楽を聴けるクオリティです。

大型イメージセンサーを備えるカメラはXiaomi 11Tと同じくHEIF(.HEIC)書き出しに対応。2021年時点で既に安すぎた6万円台の価格設定。2022年は良い意味で完全に浮いてます。

  • Soc:Snapdragon 888(5nm)
  • 画面:6.67インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB、256GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、500万画素(テレマクロ)
  • 重量:204g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 購入可能な店舗:Amazon楽天市場OCNモバイルONEIIJmio
  • YouTubeを長時間観るのにお勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル
あわせて読みたい
3年後も快適が続くハイエンドスマホ!Xiaomi 11T Proが6万円台は間違いなく安い。長く使う前提ならコレ... スマートフォンは通常、使用期間が長くなるほど連続駆動時間が短くなり、動作は徐々に遅くなります。では、何が原因でそういったことが起こっているのでしょうか。 スマ...
あわせて読みたい
全てが驚速なカメラスマホ!Xiaomi 11T Proが安く買えるのはココ! Xiaomi(シャオミ)は2021年11月5日(金)に最新スマートフォン『Xiaomi 11T Pro』の発売を日本市場で開始しました。市場販売価格は8GB/128GBモデルが69,800円(税込)...

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
【裏技】楽天モバイル最強プラン申し込みで『14,000円相当』ポイントを貰う方法。初めて以外、データタ... 黒字化目標の『単体加入者回線数800万』に向けて、『プラチナバンドの商用サービス提供開始』『5Gアップグレード(関東・東海・近畿地方)』など、2024年に入り勢いが一...
あわせて読みたい
【7月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!