スマートフォンの対応充電速度は『速い』が正義だと思う理由。65W以上で『不測の事態』を解決する充電器付き有能端末8選。

朝起きたら電池切れに対応する65W以上の超急速充電が可能なスマートフォンたち

スマートフォン重要スペックの1つとなる『充電速度』。私が所有する『Xiaomi 11T Pro』『Xiaomi 12T Pro』が最大120Wの通称神ジューデンに対応しています。

数年前スマートフォンは最大18W程度で『急速充電』と認識されていました。120Wはその頃から比較して6.5倍以上(MacBook Proすら上回る)。SoftBankが『神ジューデン』と名付けたのは、超急速充電程度だと速さを表現し切れないから。

たまに目にするのは『速すぎて電池が劣化しそう』というコメント。高出力は基本的に『発熱』を伴うので、その考えを理解出来なくはありません。充電器で有名なAnker Japanも『温度が45℃以上になるとバッテリーの劣化が早まる』としています。

スマートフォンには温度センサーが備えられており、充電中に一定まで温度が上昇すると出力を制御。アクセルべた踏み状態の『常に最大出力』ではなく、強弱をつけながら電池残量を増やしているのです(制御の仕方はメーカーによって異なる)。

あわせて読みたい
5分で何%充電出来る?Motorola edge 40、moto g53j、Pixel 7a、OPPO Reno9比較 スマートフォンを選ぶ上で重視したいのが『電池もち』。消費電力と電池容量のバランスが悪いスマートフォンは、外出先で『電池切れ』となり大惨事に。電池切れがトラウ...

最大18Wの充電に対応するスマートフォンは、出かける15分前に電池残量が『15%』だと気づいても、『18W以上』のはやさで充電することは出来ません。重いモバイルバッテリーを持ち歩くか、外出先で殆どスマートフォンを使えない状況に。

120W充電に対応するXiaomi 11T ProXiaomi 12T Proなら、『15分』あれば実用的な電池残量を得られます。電池の劣化が気になるのであれば、『緊急時』のみ120W充電器を使用すれば良いだけ。充電器を変えれば最大出力は簡単に下げられます

記事が見つかりませんでした。

今回は『65W以上』の充電に対応するスマートフォンをまとめて紹介。別途購入すると『数千円』はかかる高性能な充電器が付属しているのも特徴です。

ASUS ROG Phone 6

ROG Phone 6

ASUSより

  • Soc:Snapdragon 8+ gen 1(4nm)
  • 画面:6.78インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート165Hz、最大タッチサンプリングレート720Hz)
  • メモリ:12GB
  • ストレージ:256GB
  • 電池容量:6,000mAh
  • 最大充電速度:65W
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、5,000万画素(超広角)、500万画素(マクロ)
  • 重量:239g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio

記事が見つかりませんでした。

ASUS ROG Phone 7

ROG Phone 7

ASUSより

  • Soc:Snapdragon 8 Gen 2(4nm)
  • 画面:6.78インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート165Hz、最大タッチサンプリングレート720Hz)
  • メモリ:12GB、16GB
  • ストレージ:256GB、512GB
  • 電池容量:6,000mAh
  • 最大充電速度:65W
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、1,300万画素(超広角)、500万画素(マクロ)
  • 重量:239g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
高品質なソフトバンク回線を安く使いたい人は『ワイモバイルの営業マン』になって『一人目のユーザー』... 通信キャリアSoftBankは、オンライン専用ブランド『LINEMO(ラインモ)』と、サブブランドの『ワイモバイル』を展開。月額基本料金のみで比較すると、下記の通りLINEMO...

ASUS ROG Phone 7 Ultimate

ROG Phone 7 Ultimate

ASUSより

  • Soc:Snapdragon 8 Gen 2(4nm)
  • 画面:6.78インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート165Hz、最大タッチサンプリングレート720Hz)
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB
  • 電池容量:6,000mAh
  • 最大充電速度:65W
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、1,300万画素(超広角)、500万画素(マクロ)
  • 重量:246g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:IIJmio
あわせて読みたい
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝! 2023年5月11日に登場したGoogleのスマートフォン『Pixel 7a』。物価高の影響が続き、2023年前半は盛り上がりに欠けたSIMフリーAndroid市場。Pixel 7aがカンフル剤となり...

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G

満を持してAndroid 13にアップデートされたスペック最強スマホ

  • Soc:Snapdragon 695 5G(6nm)
  • 画面:6.67インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート360Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • 最大充電速度:67W
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:202g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
【遂に化けた】XiaomiのRedmi Note 11 Pro 5GがMIUI14にアップデート。動作がまるで別モデル XiaomiのRedmi Note 11 Pro 5G。EU(ヨーロッパ)モデルには、少し前から『MIUI 14(Android 13)』へのアップデートが配信されていました。 『Xiaomi 11T Pro』『Xiaom...
あわせて読みたい
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G 総合レビュー!デザイン・処理能力・充電速度・画面・カメラ画質等 大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)が2021年4月にリリースしたRedmi Note 10 Proは、ハイエンドなカメラ画質とディスプレイ性能を持つネオミッド...
あわせて読みたい
Redmi Note 11 Pro 5Gカメラ実写レポ!Xiaomi 11T Proと同じイメージセンサー搭載スマホ! Xiaomi Redmi Note 10 Proの後継機として2022年5月30日に発売が開始された『Redmi Note 11 Pro 5G』。これまで『開封』『ベンチマーク測定』と続けてきましたが、今回行...

Motorola edge 40

低照度カメラ画質が大幅に向上したMotorola edge 20

  • Soc:Dimensity 8020(6nm)
  • 画面:6.55インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート144Hz、最大タッチサンプリングレート360Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB
  • 電池容量:4,400mAh
  • 最大充電速度:68W
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、1,300万画素(超広角)
  • 重量:約167g(ブルー)/約171g(ブラック)
  • おサイフケータイ:対応
  • 防塵防水:対応(IP68)
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
【ヤバ】本当にMotorola?edge 40の夜景画質にedge 20の面影なし。Pixel 7aすら圧倒の奇跡進化 F1.4の大口径レンズと、『ノイズリダクション』『露出調整』『物体追跡(オブジェクトトラッキング)』を強化した『APU 570』を備えるMotorola edge 40。もっと早くカメ...
あわせて読みたい
Motorola edge 40が魅せた薄型軽量の新境地。GPUスコア2倍向上。CPUマルチコアはPixel 7a超え 2023年も止まらない物価高。生活必需品である『スマートフォン』もその影響をモロに受けており、『価格』と『性能』の伴った端末がなかなか登場しなくなりました。 5月1...

Motorola edge 30 pro

  • Soc:Snapdragon 8 Gen 1(4nm)
  • 画面:6.7インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート144Hz、最大タッチサンプリングレート360Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,800mAh
  • 最大充電速度:68W
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、5,000万画素(超広角/マクロ)、200万画素(深度測定)
  • 重量:196g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
Motorola edge 30 proのReady Forはスマホ1台完結時代を予感させる完成度。PC要らないじゃん Motorolaがリリースしているスマートフォンの上位機種には、『Ready For』という外部ディスプレイ出力機能が備えられています。日本発売モデルでは『moto g100』『edge ...
あわせて読みたい
8 gen 1ヤバし!Motorola edge30 ProのAntutu、3DMarkスコア実測。衝撃のGPU性能! 2022年6月3日、Motorola(モトローラ)が日本市場で最新ハイエンド『edge 30 Pro』の発売を開始しました。カラーは『コスモブルー』の1色のみ。価格は8GB/128GBモデルが...
あわせて読みたい
Motorola edge 30 proのカメラ画質をXiaomi 11T Proと比較!自然かつ丁寧な画作りに好感! スマートフォンメーカーが看板商品として開発にもっとも力を入れる『ハイエンドモデル』。処理能力が高いのは勿論のこと、人によっては端末を選ぶ上で優先順位が一番上...

Xiaomi POCO F4 GT

格安SIMのIIJmioでPOCO F4 GTが4万円台!

  • Soc:Snapdragon 8 Gen 1(4nm)
  • 画面:6.67インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート480Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,700mAh
  • 最大充電速度:120W
  • カメラ:6,400万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:210g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
POCO F4 GTの画面キャスト機能を使ったらポップアップトリガーが真価を発揮!コントローラー要らずのゲ... 大手グローバルメーカーXiaomi(シャオミ)の派生ブランドとなる『POCO(ポコ)』。同ブランドの日本参入第一号機となる『POCO F4 GT』は、Socに『Snapdragon 8 gen 1』...
あわせて読みたい
【撮った】ゲーミングスマホらしからぬXiaomi POCO F4 GTのカメラ画質。HEIF対応で容量超圧縮!良いコレ グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)の派生ブランド『POCO(ポコ)』が、日本市場への参入第一号機として投入したのがハイエンドの『POCO F4 GT』。廉...
あわせて読みたい
XiaomiのPOCO F4 GTにmineoのSIM入れてRedmi Note 11をイーサネット接続したら飛んだ。 Xiaomi(シャオミ)のサブブランドPOCO(ポコ)から、日本市場に初投入されたゲーミングハイエンドスマートフォン『POCO F4 GT』。ゲーミング仕様なので『処理能力(AnT...

Xiaomi 12T Pro

Xiaomi 12T Pro

Xiaomiより

  • Soc:Snapdragon 8+ Gen 1(4nm)
  • 画面:6.7インチ(12bit、2K(2712×1220)、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート480Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • 最大充電速度:120W
  • カメラ:2億画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:205g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:非対応
  • 販売店:Amazon楽天市場YahooショッピングIIJmio
あわせて読みたい
時が経ってXiaomi 12T Proのお買い得感がマシマシに。ガチハイエンドな高性能スマホに今なら手が届きそう! Xiaomi 12T Proが日本市場で発売開始されたのは2022年12月16日。オープンマーケット版の直販価格は8GB/128GBモデルが『109,800円』とまさかの10万超え。通信キャリアSof...
あわせて読みたい
【写真作例】Xiaomi 12T Proのカメラが描く『光』と『影』。1/1.22インチセンサーがリアルを引き寄せた。 Xiaomi 11T Proの後継モデルとなる『Xiaomi 12T Pro』は、Socに『Snapdragon 8+ Gen 1』を搭載して処理能力が大幅にアップ。先日行ったゲーム性能の検証においては、Xia...
あわせて読みたい
Xiaomi 12T Proのゲーム性能が圧巻だった!11T Proから順当進化。Pixelシリーズは置き去りに! グローバルテクノロジーメーカーXiaomi(シャオミ)が、2022年12月16日に日本発売を開始した『Xiaomi 12T Pro』。Socに『Snapdragon 8+ Gen 1』を搭載するハイエンドス...

格安SIMに関する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
楽天カード新規入会・利用&楽天モバイルはじめて申し込みで最大『3万円相当』ポイントプレゼントのマジ... 楽天モバイルが、2024年6月14日(金)午前10時~7月1日(金)午前10時までの期間限定(WEBの場合)で『【楽天カード会員様対象】楽天モバイル初めてお申し込みで20,000...
あわせて読みたい
【6月】IIJmioが『サマーキャンペーン』開始!スマホ(110円~)、月額料金、かけ放題が全部割引でお得! 格安SIMのIIJmioを提供する株式会社インターネットイニシアティブは、2024年6月4日(火)から9月2日(月)までの期間限定で『サマーキャンペーン』をスタート。 同キャ...
あわせて読みたい
【試した】mineoのマイピタは『平日のお昼』にストレス無く使えるのか? mineoのマイピタ(デュアルタイプ、SoftBank回線)を使い始めて1ヶ月以上が経過。契約時『5Gオプション(無料)』にチェックを入れ忘れるというミスをしましたが、途中...
  • URLをコピーしました!