Pixel 8がリリースされないとiPhone 15を買う気になれない理由。価格はPixel 7から100ドル値上げか

iPhone 15とPixel 8

Appleは2023年9月22日(金)、『iPhone 15』の発売を開始しました。直販価格は128GB『124,800円(税込)』、256GB『139,800円(税込)』、512GB『169,800円(税込)』。

iPhone 15ではメインカメラのイメージセンサーが大型化し、画素数は1,200万画素から『4,800万画素』に。Socは前上位モデルのiPhone 14 Proが採用していた『A16 Bionic』を搭載。『カメラ』『処理能力』といった主要部分の性能が上がっているのは間違いなし。

あわせて読みたい
iPhone 15のUSB-Cポートは『USB2.0』の激遅仕様。PCへのデータ転送速度を『1/5』程度に短縮する方法 Appleは2023年9月13日(水)に開催したイベント内で、最新モデルとなる『iPhone 15』シリーズをリリースしました。2023年9月15日(金)午後9時から予約の受付が開始され...

iPhone 15の購入に『待った』をかけているのが、『在庫切れ』と2023年10月4日(水)にGoogleがリリースする『Pixel 8』です。GoogleはPixel 6シリーズから、Socを独自開発の『Tensor』に変更。Pixel 8には第3世代となる『Tensor G3』が搭載される予定。

Pixel 7が搭載する『Tensor G2』の性能は、2023年10月時点でミドルクラス上位程度。原神の様な3Dゲームを、高いフレームレートで長時間プレイするには適していません。

Pixel 7 Proで原神のフレームレートを測定

第2世代まではゲーム性能に関して高いと言えないTensorですが、機械学習に特化した『TPU(Tensor Processing Unit)』を搭載することで、『音声認識』『画像処理』『電力効率』といった実用部分を強化。

あわせて読みたい
Pixel 7 Proの『ボケ補正』があまりに有能すぎたから『ボケ画像保存用』のGoogleアカウントを新しく作っ... 2022年11月現在、『Pixel 7』『Pixel 7 Pro』でしか使えない『ボケ補正』機能。正直あまり期待していなかったのですが、予想を遥かに超えた驚愕のクオリティ! 1回補正...

TensorからTensor G2へのアップデート時には、TPUのパフォーマンスを『60%』向上。CPU、GPUとは力の入れ方が明らかに異なりました。今後もこの路線が踏襲されるのだろうと個人的には予想していたのですが、どうやら第3世代ではそれが覆されそう。

ANDROID AUTHORITYによると、Tensor G2までは控えめだった『CPU』『GPU』の性能を、Tensor G3で大きくアップデート。

あわせて読みたい
iPhone 15 ProとPixel 8で迷ってる人は『10月4日』を待つべき理由。Tensor G3が大化けの予想 Googleは、2023年10月4日に『Made by Google』を開催。同イベントでは最新スマートフォン『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』が登場する見込みです。 信用度の高いメディアANDRO...

あくまでリーク段階の情報ではありますが、CPUのビックコア候補はSnapdragon 8 Gen 2も搭載している『Cortex-X3』。ミドルは周波数と共にコア数を増やし、リトルコアもしっかり底上げ。

CPU(ANDROID AUTHORITYより)

Tensor G3 (zuma) Tensor G2 (gs201) Tensor (gs101)
Big cores 1x Cortex-X3 @ 3.0GHz 2x Cortex-X1 @ 2.85GHz 2x Cortex-X1 @ 2.8GHz
Mid cores 4x Cortex-A715 @ 2.45GHz 2x Cortex-A78 @ 2.3GHz 2x Cortex-A76 @ 2.25GHz
Little cores 4x Cortex-A510 @ 2.15GHz 4x Cortex-A55 @ 1.8GHz 4x Cortex-A55 @ 1.8GHz

ゲーム性能を左右するGPUには、ハードウェアベースのレイトレーシング(光線を追跡してより現実に近い光の屈折や反射を実現する技術)をサポートする『Immortalis-G715』を採用予定。

GPU(ANDROID AUTHORITYより)

Tensor G3 (zuma) Tensor G2 (gs201) Tensor (gs101)
GPU Core Model Immortalis-G715 Mali-G710 Mali-G78
Core Count 10 7 20
Frequency (shaders) 890MHz 848MHz 848MHz

記事が見つかりませんでした。

Immortalis-G715は、MediaTekの最上位モデル『Dimensity 9200』『Dimensity 9200+』に使われているGPU。『Xiaomi 13T Pro』『Vivo X90 5G』『OPPO Find X6』『OPPO Find N3 Flip』といった錚々たるハイエンドスマートフォンが、同Socを搭載しています。

Dimensity 9200+

MediaTekより

Tensorの大型アップデート周期が『2年』なのであれば、3年目のTensor G3は『大化け』することに。『ゲームはiPhone』『写真はPixel』というこれまでの認識が、『ゲームと写真、どちらもPixel』に変わるのか。

91mobilesが掲載しているリーク動画を参考にすると、Pixel 8シリーズでは『動画撮影時のノイズ低減』『夜景動画撮影モード』『撮影後に表情やフォーカス切り替え』『被写体を切り抜いて背景を自由に変更』といった、機械学習を用いた編集機能が新たに加えられる模様。

Pixelラインナップ

@Za_Raczkeより

@Za_Raczkeがリークした画像(どう見ても公式)によると、Pixel 8はディスプレイにもアップデートが加えられ、リフレッシュレート(1秒間に画面を切り替え可能な回数)が90fpsから『120fps』に向上。ちなみにiPhone 15は上位モデルとの差別化目的か、未だ『60fps』を維持しています。

あわせて読みたい
そろそろiPhoneを卒業すべき理由。ボロボロの旧型iPhoneより安いAndroidスマートフォンの方が高確率で快適 今は殆の人にとって生活必需品となっているスマートフォン。OSは『Android』『iOS』に大分類されます。日本はiOS、つまりiPhoneの利用者が多いことで有名な国。 Webトラ...

上画像には販売価格も掲載。情報通りであれば、Pixel 7の599ドルから『699ドル』に100ドル値上げ(+15%)。Googleの日本における想定ドルレートは不明ですが、単純に+15%すると9万5千円程度。

Pixelのシンボルとなるカメラが微調整程度でも、Tensor G3の出来次第では『10万円以内』におさまったら勝負アリな印象。10月4日(水)が楽しみで仕方がない!

あわせて読みたい
【実写レポ】10月4日Pixel 8 Proリリースに先駆けてPixel 7 Proのカメラで写真を撮りまくってみた。 2023年10月4日に開催される『Made by Google』内で、Googleは最新スマートフォン『Pixel 8 Pro』をリリース予定。残りあと数日ながら、リーク情報はやや錯綜。 カメラ画...
あわせて読みたい
Pixel 8 Proのカメラアップデートは『超広角』『編集機能』がメイン?広角と望遠はレンズの大口径化で微... 少し前までIce Universeなど信用度の高いリーカーやメディアが、Pixel 8 Proのメイン(広角)カメラはイメージセンサーをISOCELL GN1(1/1.31インチ)からISOCELL GN2(...
あわせて読みたい
ahamoとLINEMOの特長を知ろう。『NTTドコモ』『SoftBank』という回線の違いだけで選んだらきっと後悔 SoftBankのオンライン専用ブランド『LINEMO』と、NTTドコモの格安プラン『ahamo』。どちらもメイン手続きは『オンライン(ahamoはドコモショップで有償サポート可)』。...

Pixel 7、Pixel 7 Proの主要スペック

Pixel 7 Pixel 7 Pro
Soc Google Tensor G2 Google Tensor G2
容量
  • 8GB:128GB
  • 8GB:256GB
  • 12GB/128GB
  • 12GB/256GB
  • 12GB/512GB
電池 4,355mAh(有線充電:最大21W 無線充電:最大20W) 5,000mAh(有線充電:最大23W 無線充電:最大20W)
重量 197g 212g
画面
  • サイズ:6.3インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • ピーク輝度:1,400nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • ピーク輝度:1,500nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
カメラ メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.85
  • 視野:82度
  • 画素サイズ:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式
  • 超解像ズーム:8倍

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:1,080万画素
  • F値:2.2
  • 視野:92.8
  • ピクセル幅:1.22µm
メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.85
  • 視野:82度
  • 画素サイズ:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平125度
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.25µm
  • レンズ補正:対応

望遠カメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:3.5
  • 画素サイズ:0.7µm
  • 倍率:光学5倍
  • 超解像ズーム:30倍
    手ブレ補正:光学式、電子式

フロントカメラ

  • 解像度:1,080万画素
  • F値:2.2
  • 視野:92.8
  • ピクセル幅:1.22µm
防水防塵 IP68 IP68
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
防水防塵 IP68 IP68
Bluetooth 5.2 5.2
Wi-Fi Wi-Fi 6(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz、HE160、MIMO Wi-Fi 6(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz、HE160、MIMO
おサイフケータイ 対応 対応
SIM  nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM

Googleに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!