実売3万円台のXiaomi Redmi Note 11 Proは『ヘビーユーザー』に勧めたい日常使いコスパモンスター!

予算を抑えつつ実用的に使えるスマホを探してるなら実売3万円台のRedmi Note 11 Pro 5Gがお勧め

私は仕事柄、スマートフォンを操作している時間がとても長いです。複数所有する端末の中で、直近で利用時間が『一番長いな』と感じるのは『Redmi Note 11 Pro 5G』。

Redmi Note 11 Pro 5Gカメラレビュー!Xiaomi 11T Proと同じイメージセンサーを採用するスマートフォン

同端末は『全ての面において最も優れている』というわけではなく、単純に扱いやすいのです。その第一理由となるのが『タッチサンプリングレート』の高さ。

タッチサンプリングレート

タッチサンプリングレートは1秒間にディスプレイがタッチに反応する回数を示します。Redmi Note 11 Pro 5Gのタッチサンプリングレートは公表値で『360Hz』。1秒間に『360回』程度反応するという事です。ミッドレンジでこれはトップクラス。

ゴールド

タッチサンプリングレートが高いメリットは『指に吸い付くような操作感』。タッチサンプリングレートの低いディスプレイだと、画面上で指を素早くスライドさせた時にラグが発生します。Redmi Note 11 Pro 5Gはそのラグが極めて少なめ。

あわせて読みたい
LINEMOのアンテナピクトが4Gから『5G』に変わったらとんでもない事が起きた!光回線超えの400Mbps記録。 SoftBankが提供しているオンライン専用ブランド『LINEMO』。月額990円(税込)~という驚きの安さで、MNO品質のSoftBank回線を利用出来ます。 つい最近まで我が家におい...

第二理由は『リフレッシュレート120Hz』『輝度高め』に設定しても『電池が減りづらい』こと。リフレッシュレートは1秒間に画面を書き換え可能な回数。数値が高いディスプレイではスクロールした時などに、流れるような『滑らかさ』を得られます。ちなみにPixel 6aiPhone 14は『60Hz』です。

技術的にリフレッシュレートを高めやすいのは、有機ELではなく『液晶』です。コストが安くすむので、廉価でリフレッシュレートの高い端末は大体液晶を採用しています。

あわせて読みたい
月額990円でワガママを叶えてくれるmineoのマイそく(スタンダード)。支払いを減らして通信量を増やせ... 格安SIMのmineoは、最大『1.5Mbps』の通信速度で実質『データ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』となるサービスを提供しています。 1.5Mbpsはあくまでm...

液晶は有機ELと比較してコントラスト比が低く(1,000~1,500:1程度)、発色の面で劣ります。Redmi Note 11 Pro 5Gはコントラスト比『4,500,000:1』の有機ELを採用しつつ、リフレッシュレートが高いというのもポイントです。

ディスプレイの明るさ比較

手前からXiaomi Redmi 9T、Redmi Note 11 Pro 5G、Xiaomi Redmi Note 10T(全て最高輝度)

タッチサンプリングレートとリフレッシュレートは『Redmi Note 10 Pro』と変わりません。前モデルの時点でかなりスペックの高いディスプレイを採用していたのです。しかしRedmi Note 10 Proではリフレッシュレートを『120Hz』に設定すると電池の減りが極端に早くなったので、私は『60Hz』に落として使っていました。

Redmi Note 11 Pro 5G 120Hzディスプレイ

あわせて読みたい
AERに準拠するXiaomiのスマートフォンはコレ!Google検証済みデバイスとしてビジネス用途での利用を推奨。 Googleは、同社が定める『ハードウェア』と『ソフトウェア』の厳格な要件を満たしているスマートフォンに『AER(Android Enterprise Recommended)』のロゴを付与してい...

Redmi Note 11 Pro 5Gではリフレッシュレートを『120Hz』に設定しても、電池の減りは緩やか。さらに輝度を高めてもまだ実用レベルを維持します。また、Redmi Note 10 ProからCPU性能が向上した事により、アプリの動作自体が軽快に。

Geekbench 5 シングルコア マルチコア
Redmi Note 10 Pro 559 1783
Motorola Edge 20 fusion 577 1709
OPPO Reno5 A 5G 596 1686
Redmi Note 10 ProのCPU性能

Xiaomi Redmi Note 10 ProをGeekbench 5で実測

Redmi Note 11 Pro 5GのCPU性能

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GをGeekbench 5で実測

第三理由は『写真画質』。ハイエンドスペックな『1/1.52インチ』の大型イメージセンサーを採用しているので、光の取得量が多くダイナミックレンジ広め。一般的なミッドレンジよりも質感豊かな画質を手軽に得られます。ちょっとしたスナップを撮るには十分すぎ。

青い紫陽花

【Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/182、ISO:50、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

小屋と青空

【Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/195、ISO:50、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

ピンクのあじさい

【Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/153、ISO:50、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

薄紫の花

【Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/50、ISO:60、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

オレンジの花

【Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.9、シ ャッタースピード:1/174、ISO:50、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

あわせて読みたい
LINEMOが2022年オリコン顧客満足度調査『キャリア格安ブランド』ランキングで総合1位に!簡単&繋がるが... オリコン株式会社のグループとなる『株式会社oricon ME』は、2022年 オリコン顧客満足度®調査 『キャリア格安ブランド』ランキング(回答者数2,318名。調査手法:インタ...

そして第四理由となる極めつけは最大『67W』の充電速度。一般的にスマートフォンは『寝ている時に充電するもの』だと思いますが、Redmi Note 11 Pro 5Gの場合は『30分』でOK(公式データは42分で100%充電)。出掛けに十分な電力を得られるので、煩わしさはほぼ無し。しかも67W出力の充電器が付属します。

67W充電

あわせて読みたい
月額990円でワガママを叶えてくれるmineoのマイそく(スタンダード)。支払いを減らして通信量を増やせ... 格安SIMのmineoは、最大『1.5Mbps』の通信速度で実質『データ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』となるサービスを提供しています。 1.5Mbpsはあくまでm...

動画撮影機能がイマイチ』『HDRコンテンツ非対応』など、完璧さを求めるスマートフォンではありません(ミッドレンジなので当然ですが)。ただし日常的な使い方においては、『タッチ感度』『滑らかさ』『明るさ』『電池もち』『写真画質』『充電速度』の方がよほど重要。

あわせて読みたい
【0円神技】YouTube Musicを画面OFFで聴く方法。シャオミのスマホとmineoでどこでも音楽聴き放題完成! ※同機能は最新バージョンにアップデートを行うことで削除される場合があります。ご注意ください。 Xiaomi(シャオミ)のスマートフォンには『ミュージック』という音楽...

加えて『おサイフケータイ』が使えたり、『Miビデオ』でYouTubeを広告なしで観られたり、『ゲームターボ』機能でYouTubeミュージックの画面を消して音楽だけ聴けたりとその他使い勝手も抜群。

おサイフケータイ

あわせて読みたい
【0円】XiaomiのMi ビデオはYouTubeを動画広告無しで観られる!Google PixelやAQUOSにも対応 Googleは10月21日、YouTubeの家族向け(13歳以上の同世帯5名が利用可)有料プラン『YouTube Premium』を月額1,780円から2,280円に値上げしました。年額にして『6,000円...

OCNモバイルONE』や『IIJmio』といった格安SIMの契約時なら『1万~2万円台』、楽天市場なら『3万円台』といったお手頃価格で購入出来るRedmi Note 11 Pro 5G。まさに『日常使いコスパモンスタースマホ』と言えるでしょう。物価高を凌ぐには最適な選択肢かも!

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gを購入すべきポイント

67W充電と1億800万画素カメラに対応する5GスマホRedmi Note 11 Pro 5G登場

Xiaomiより

  • 1/1.52インチ大型イメージセンサーを採用し、1億800万画素の超高解像度撮影を可能とするメインカメラ
  • ピクセル統合技術により画素サイズを2.1μmに拡大(通常撮影モード)。光の取得量が増し、明瞭かつダイナミックレンジの広い奥行きのある描写を得られる
  • ISPにトリプルコアQualcomm Spectra™ 346Tを採用。処理能力の向上によりHDR処理が円滑に
  • 広角カメラ(1億800万画素)、超広角カメラ(800万画素)、マクロカメラ(200万画素)の3眼構成
  • 充電速度は前モデルから2倍以上向上し、最大67Wに。5,000mAhの大容量電池を僅か15分で50%充電。液体冷却システムを使用する独自充電技術MMTバッテリーテクノロジーが安全かつ効率的に充電を制御
  • 67Wの高出力に対応する充電器が同梱
  • 4,500,000:1のコントラスト比、DPI-P3の広色域、1,200nitのピーク輝度に対応する6.67インチの大型有機ELディスプレイを採用。撮影した写真のプレビューや動画鑑賞に最適
  • 最大リフレッシュレート(1秒間に画面を切り替え可能な回数)はiPhone 13の2倍となる120Hz。素早い動きを滑らかにサポート
  • 最大タッチサンプリングレート(1秒間に画面タッチに反応する回数)は360Hz。高感度環境により操作性が向上
  • Socにはプロセスサイズ6nmSnapdragon 695 5Gを採用。微細化により電力効率がアップ。大容量電池との組み合わせにより長時間駆動を実現
  • FeliCa対応おサイフケータイが使える。財布の中身が軽くなりスタイリッシュに
  • Micro SDカード対応で最大1TBの容量拡張が可能
  • Micro SDカードを使用しながらeSIM+物理SIMによるデュアルSIM運用が可能
  • デザインを損なわない側面指紋認証によりマスク着用時もスタイリッシュに素早くロックを解除
  • 立体音響高効果DOLBY ATMOSに対応するデュアルステレオスピーカー
  • 3.5 mm ヘッドホンジャック搭載で手持ちのイヤフォンやヘッドフォンがそのまま使える
  • NTTドコモSoftBankau楽天モバイルといった複数の通信回線に対応。格安SIMも選び放題

Redmi Note 11 Pro 5Gの主な仕様

Redmi Note 11 Pro 5G
Soc Snapdragon 695 5G(6nm)

  • CPU:Kryo 660 Gold Cortex-A78×2(2.2GHz)、Kryo 660 Silver  Cortex-A55×6(1.7GHz)
  • GPU:Adreno 619
容量 6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池 5,000mAh(最大67W急速充電)※充電機同梱
重量 約202g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:360Hz
  • 輝度:700ニト(標準)、ピーク輝度:1200ニト
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラ メインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵 IP53
イヤフォンジャック 対応
Bluetooth 5.1
位置情報 GPS L1、Glonass G1、BDS B1、Galileo E1
Wi-Fi Wi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIM NanoSIM カード×2(1スロットはMicro SDカードと排他的な扱い)、eSIM
指紋認証 側面
おサイフケータイ 対応
スピーカー ステレオ(デュアルスピーカー)
DOLBY ATMOS 対応
Micro SDカード 対応
OS Android™ 12(MIUI 13)

Redmi Note 11 Pro 5Gにお勧めな格安SIM

Redmi Note 11 Pro 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/40/41 (2545~2560MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 750/800/1800/1900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCNモバイルONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!