【撮った】Nothing Phone (1)のカメラは新興メーカーらしくないバランスのとれたIMX 766な高画質。

Nothing Phone (1)のカメラは新興メーカーらしさを感じない安定の画質

背面に900個以上のLEDを使用した『Glyph interface(グリフインターフェイス)』を備える個性的なスマートフォン『Nothing Phone (1)』。Socに『Snapdragon 778G Plus 5G』を使用する高性能ミッドレンジです。カメラもハイエンド並の力の入れよう。

Nothing Phone (1) カメラ

5,000万画素のメインカメラには『ASUS Zenfone 9』『Xiaomi MIX Fold 2』に採用されている1/1.56インチの大型イメージセンサー『SONY IMX 766』を搭載。

イメージセンサー

SONYより

イメージセンサーのサイズが大きくなると、光の取得量が増してダイナミックレンジの広い質感豊かな描写を得られるようになります。Nothing Phone (1)Nothingがリリースしたスマートフォン第一号なので、カメラ画質に関しては未知数。はたしてIMX 766の実力を使いこなせているのでしょうか。実写レポートをご覧ください。

シーン検出

Nothing Phone (1)のカメラには『シーン検出』『ライブHDR』という設定が備えられており、今回のレポートはどちらも『ON』にして撮影。時間帯はバラバラで、天候は曇りが多いです。撮影後の補正はなし。

緑の葉

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/50、ISO:197、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

手前が『サラサラ』、後方は『ツルツル』と異なる質感が伝わる一枚。被写体へのフォーカスもバッチリ。緑は補正がいきすぎてたまに不自然なメーカーもありますが、Nothing Phone (1)に関してはいたって自然。

枯れた紫陽花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/169、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

質感チェックの為に枯れかかった紫陽花を撮影。水分が抜けて花びらがやや硬くなっているのが伝わるかと。手動設定可能な『エキスパートモード』でも確認しましたが、ISOは一番低い値が『100』、最大値は『6,400』。Nothing Phone (1)は光の取得量が大きいので、低ISOでも手ブレし辛いシャッタースピードを維持。『光学式手ブレ補正』もついているのでより安心です。

ピンク色の花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/107、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

咲いたばかりの花はとても瑞々しく花びらも柔らかい。それが写真から伝わるというのはNothing Phone (1)のカメラ性能が優れている証拠。曇り空でも明るく鮮明。

オレンジの花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/148、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

質感に加えてディテール表現も問題なし。花びらの凹凸を滑らかかつくっきりと立体的に描写。ダイナミックレンジの狭いスマホカメラで撮影すると、表面が平坦になり立体感が損なわれます。

薄紫の花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/100、ISO:182、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

質感やディテールだけでなく、明瞭に撮れるかどうかもスマホカメラの重要なポイント。ISOが『182』まで上がっていますがクリアな画質を維持。ISOを高くすると感度が上がりシャッタースピードが短くなりますが、上げすぎるとノイズが発生して画質が低下。

イメージセンサーサイズが大きいと、ISOを極端に高くせずとも短いシャッタースピードで明るく撮影が可能。その点は間違いなく大きなメリットと言えるでしょう。

朝顔

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/50、ISO:203、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

日陰だったのでISOは『203』。画質の低下は見られません。同色系を色かぶりなしで精細に表現出来るのも、ダイナミックレンジが広いスマホカメラの特徴。朝顔は被写体として難易度が高いのだなと撮ってみて分かりました。

白いバラ

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/267、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

柔らかな花びらの質感と色の変化が絶妙な白系のバラ。特有の上品な雰囲気に加えてどこか儚さも。撮ったその場の空気が伝わってくる一枚。

半透明な花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/244、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

色々と撮った中で個人的なお気に入りはこれ。花びらは白一色ですが、箇所によって半透明になりそれが模様に。写真でじっくり見て、撮影時には気づかなかった繊細な魅力が伝わって来ました。

メロンのシズル感

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/50、ISO:457、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

室内(自然光)で撮影したらISOが『457』に上昇。ここまで上がっても全く問題なし。思った以上にメロンのシズル感がしっかりと残っていました。Nothing Phone (1)のシーン検出機能が有効に作用しているのか。

黄色い花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影(ポートレートモード)】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/250、ISO:100、焦点距離:6mm 拡大率:等倍

こちらは『ポートレートモード』に切り替えて撮影。ボケ量は手動で切り替えが可能です。設定値にもよりますが、Google Pixelシリーズの様にハッキリと背景がボケる印象。

赤い花

【Nothing Phone (1)のメインカメラで撮影】F値:1.88、シ ャッタースピード:1/50、ISO:180、焦点距離:6mm 拡大率:デジタルズーム2倍

小さい花を『デジタルズーム2倍』で撮影。最近はどのメーカーも優秀なデジタルズーム。Nothing Phone (1)も目立った画質の劣化は見られません。ここからさらに2倍拡大しても実用レベル。

Nothingのスマートフォン初の実写でしたが、全体的にとてもバランスよくまとまっているイメージ。元OnePlusのCarl Pei(カール・ペイ)が率いるメーカーだけあり、良い意味で『新興メーカーらしさ』を感じないクオリティ。付加機能を削った無駄の無いシンプルなUIも好印象。やはりこのAndroidスマホ、iPhoneに台頭するぞ!

Nothing Phone (1)に関するセール情報

あわせて読みたい
【更新】Nothing Phone (1)セール情報!光るスケルトンハイミッドレンジ!センスの塊的スマホ 2022年8月19日(金)、新進気鋭のテクノロジーブランド『Nothing』が日本市場に向けてスマートフォン『Nothing Phone (1)』の発売を開始しました。 Nothing Phone (1)は...

Nothing Phone (1)に関する記事

あわせて読みたい
Nothing Phone (1)はiPhone 14の購入を躊躇させるAndroidスマホ。所有欲が完全に満たされた 『Nothing』は元OnePlusのCarl Pei(カール・ペイ)がイギリスのロンドンで立ち上げたハードウェア企業です。2020年10月にOnePlusを退職して同社をスタート。設立から間...
あわせて読みたい
Nothing Phone (1)に着信音追加したらまさかのピカピカ!Glyph interface対応で気分アゲアゲ 背面に900個以上のLEDを備え、独自開発の『Glyph interface(グリフインターフェイス)』により様々な光の演出を行う新感覚のスマートフォン『Nothing Phone (1)』。 Gl...
あわせて読みたい
Nothing Phone (1)はAnTuTu60万付近!Geekbenchもマルチコア3千超え!ミッドレンジ最高峰 元OnePlusのCarl Pei(カール・ペイ)が立ち上げた、イギリスに拠点を置くハードウェアメーカー『Nothing』。同社のスマートフォン初号機が『Nothing Phone (1)』です。...

Nothing Phone (1)はこんなスマートフォン

  • SocにSnapdragon™ 778G 5GからCPUとGPU性能を高めたSnapdragon™ 778G+ 5Gを採用。ミッドレンジ上位の高い処理能力と電力効率による安定したスムーズな動作
  • 他メーカーから一線を画したスケルトンデザイン900個のLEDを使用し、光の演出により通知や充電状況をお知らせ
  • カメラは5,000万画素の広角5,000万画素の超広角の2眼構成。広角カメラのイメージセンサーにはハイエンドスペックのSONY IMX 766(1/1.56インチ)を使用。光学式手ぶれ補正を導入し物理的に揺れを制御
  • 10bit(10億色以上の表示)1,200ニトの高いピーク輝度、1,000,000:1のコントラスト比に対応する6.55インチのフレキシブル有機ELディスプレイ採用。リフレッシュレート最大120Hz、タッチサンプリングレート最大240Hzで滑らか表示かつ高感度操作が可能。最新映像技術HDR10+サポート
  • メモリ12GB、ストレージ256GBの大容量モデルを用意
  • 最大33Wの急速充電機能により4,500mAhの電池を約70分でフル充電
  • 最大15W出力ワイヤレス充電及び最大5W出力ワイヤレス給電に対応
  • マスク装着時もスタイリッシュに素早くロックを解除する画面内指紋認証
  • ステレオ再生に対応するデュアルスピーカー
  • 素早い動作とスムーズな使い心地に重点をおいたNothing OS採用。フォント、ウィジェット、サウンド、壁紙までトータルデザイン
  • 使用履歴に基づく最適化機能により頻度の高いアプリを高速読み込み
  • 最新通信規格Bluetooth5.2Wi-Fi 6をサポート
  • NTTドコモSoftBankau楽天モバイルといった複数の通信回線に対応。格安SIMも選び放題

Nothing Phone (1)の主な仕様

Nothing Phone (1)
Soc Qualcomm Snapdragon™ 778G+ 5G
容量 8GB/128GB、8GB/256GB、12GB/256GB
電池 4,500mAh(有線充電:33W、無線充電:15W、無線給電:5W)
重量 約193.5g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:1,200ニト
  • コントラスト比:1,000,000:1
  • 10bit表示:対応
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 766
    イメージセンサーサイズ:1/1.56インチ
    画素サイズ:1.0μm | 2.0μm
    (ピクセル統合時)
    F値:1.88
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角カメラ
    解像度:5,000万画素
    イメージセンサー:Samsung ISOCELL JN1
    イメージセンサーサイズ:1/2.76インチF値:2.2
    画素サイズ:0.64μm | 1.28μm
    (ピクセル統合時)
    画角:114度
    マクロ撮影(4cm)
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1,600万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 471
    イメージセンサーサイズ:1/3.1
    F値:2.45
イヤフォンジャック 非対応
位置情報 GPS(L1&L5), AGPS, GLONASS , BDS , GALILEO, QZSS
Wi-Fi Wi-Fi 6, 802.11 a/b/g/n/ac/ax、2.4G/5Gデュアルバンド
Bluetooth 5.2
SIM nanoSIM×2 (5G+5G)
防塵防水 IP53
指紋認証 画面内
おサイフケータイ 非対応
Micro SDカード 非対応
OS Android™ 12

Nothing Phone (1)にお勧めな格安SIM

日本国内

  • 5G(Sub6): n1, n3, n28,n41, n77, n78
  • 4G LTE:1, 3, 8,18, 19, 26, 28, 41
  • 3G UMTS (WCDMA): bands 1,6,8,19
  • 2G GSM : 900/1800

国際ローミング

  • 5G(Sub6): n5, n7, n8, n20, n38, n40
  • 4G LTE: 2, 4, 5, 7,12,17, 20,32, 34, 38, 39, 40, 66
  • 3G UMTS (WCDMA): bands 2,4,5
  • 2G GSM : 850/1900

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(×)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCNモバイルONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(×)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(×)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パー77トナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!