Pixel 8を1ヶ月使った中で『Pixel 7aで十分だな』と感じた『7つ』の瞬間とは。理由は『高く』なりすぎたこと

Pixel 7aとPixel 8、買うならどっち?

Googleは2023年10月12日から、最新スマートフォン『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』の発売を開始しました。Googleストア直販価格は、Pixel 8『112,900円~』、Pixel 8 Pro『159,900円~』。前世代と比較して大幅な値上げが行われました。

廉価モデルとなるPixel 7aも、2023年11月1日(水)に62,700円から『69,300円』へと6,600円値上げ。とはいえ、Pixel 8との価格差は『43,600円』。そこそこの性能を持つスマートフォンやタブレットを1台買えてしまいます。

私は『Pixel 7a』と『Pixel 8』を所有。実際に両端末を使用していて、『Pixel 7aで十分だな』と感じる瞬間が何度かありました。今回は『どういった瞬間にそう感じたのか』をまとめて解説。どちらを購入するか迷っている人の参考になれば幸いです。

Pixel 8ユーザーが『Pixel 7aで十分だな』と思った瞬間とは

Pixel 8に追加されたAI機能を日常的に使わない

Pixel 8 AI

Pixelシリーズと言えば『AI機能』。Pixel 8で追加された『音声消しゴムマジック』『ベストテイク』『編集マジック』については、『面白いAI機能』だと思います。編集マジックはクラウドAIを使用するので、消しゴムマジックとは比較にならない高いクオリティ。

あわせて読みたい
【必見】Pixel 8の『消しゴムマジック』で実際に色々消してみた!どこまで実用的に使えるかを検証。クラ... Googleのスマートフォン『Pixel』シリーズで使えるAI機能と言えば、CMでもお馴染みの『消しゴムマジック』です。まだPixel端末を使ったことがない人は興味津々のはず。 ...

ただし面白くはあっても、実際に『使うかどうか』は別のはなし。撮った写真の表情を無理に変えたく無いですし、録音した音声の『ノイズを消したい』という機会もありません。本格的に編集する場合はパソコンのソフトを使いますからね。

撮った写真を『WEB広告に使う』、パソコンが無くて『YouTube用の動画をスマートフォンで編集する』など、何かしらの目的があれば編集マジック、音声消しゴムマジックが活躍するかもしれません。しかし私の場合はどちらも該当せず。AIは数える程度試用したのみです。

あわせて読みたい
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換... 10年前に『月額千円以内でまともに使えるSIM』など存在しませんでした。その頃に通信料金の節約に挑戦した人は、『安いSIM=通信品質が最悪で使えない』というイメージ...

超便利な録音しながら同時に文字を起こす機能。Pixel 7aでも使えちゃう

Pixel 8電池もち

Pixel 7a、Pixel 8には音声を録音しながら『同時に文字起こしを行う』機能が備えられています。『録音』『文字起こし』をそれぞれ別に行うと『2倍』程度の時間が発生。効率的ではありません。

あわせて読みたい
Pixel 8(7a、6a)は音声を『録音』しながら『文字』まで起こす。声と文字が同期してるから指定箇所への... GoogleのPixelシリーズ(Pixel 6a、Pixel 7a、Pixel 7 Pro、Pixel 8で動作を確認)には、『録音』『自動文字起こし』を同時に行う機能が備えられています。Google Play...

録音した音声と書き起こした文字は同期しているので、『ココがちょっとおかしいな』という箇所をピンポイントで聞き直す事が出来ます。実際に使うと分かりますが本当に便利。

文字起こし

同機能がもし『Pixel 8でしか使えない』のであれば、Pixel 7aとの差別化が出来たはず。ところがPixel 7aはもとより、Pixel 6aですら使えてしまうものだから安い方が良いに決まってる。『Pixel 7aで十分』という結論に。

Pixel 8(Tensor G3)で3Dゲーム性能が向上しなかった

Pixel 8はゲームに不向き

Pixel 7aはSocに『Tensor G2』を搭載しています。性能はミドルクラスの上位程度。一般的なデータ演算処理を行うCPU性能は十分ですが、3Dゲームを『高画質』『高フレームレート』でプレイするには適していません。

あわせて読みたい
【衝撃】Pixel 8(Tensor G3)のベンチマークを連続実測したら、2~3回目はPixel 7 Proを下回る Googleが2023年10月12日(木)より発売を開始した『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』は、第3世代の自社開発Socとなる『Tensor G3』を搭載しています。 Tensorは第2世代(Tensor...

新世代Soc『Tensor G3』を搭載するPixel 8では、ゲーム性能の向上が噂されていました。しかし実際に3Dゲーム(原神)をプレイしてみると、なんとTensor G2を搭載するPixel 7 Proを下回るパフォーマンス。Pixel 7aからもはっきりとした体感差は得られませんでした。

あわせて読みたい
Pixel 8(Tensor G3)で原神プレイしたらPixel 7aに近いゲームパフォーマンス。輝度が下がる現象も Googleが2023年10月12日(木)より発売を開始した『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』には、3代目となる『Tensor G3』が採用されています。 Tensorの製造は初代から『Samsung』...

Pixel 8の電池もちが改善されていない

Pixel 8の電池もち

Pixel 7aは電池もちが悪いです。『Motorola moto g53y(j) 5G』などと並行して使っていると、電池の減り方が顕著。この部分はPixel 8にはっきり分かるレベルの改善を期待していました。

しかしYouTube動画視聴時の電池の減りを検証したところ、Pixel 8は1時間で『7%』。『iPhone 15(-4%)』『Redmi 12 5G(-5%)』と比較して『イマイチ』な結果。『はっきり分かるレベルの改善』はお預けとなりました。

あわせて読みたい
2万円台で買えるデカスマホ『Redmi 12 5G』と10万超え『Pixel 8』『iPhone 15』の電池もち比較 大手グローバルメーカー『Xiaomi(シャオミ)』は、2023年10月19日(木)にエントリークラスのスマートフォン『Redmi 12 5G(オープンマーケット版)』の発売を開始。販...

Pixel 8は最大リフレッシュレートを活かし切れていない

Pixel 8 リフレッシュレート

Pixel 7aの最大リフレッシュレートは『90Hz』。Pixel 8は30Hz向上して最大『120Hz』。1秒間30コマ分滑らかに表示することが出来る様になりました。

高リフレッシュレートの恩恵を最も受けやすいのは『スクロール』した時。60Hzと120Hzでは目の疲れや心地良さがまるで異なります。90Hzと120Hzでもそれなりの体感差を得られる筈なのですが、Pixel 8の場合は他の120Hz対応端末と比較して滑らかさが少し足りない印象。

記事が見つかりませんでした。

先日『X利用時のフレームレート』を実測したところ、Pixel 8は105~118fpsとやや安定せず。総合的にPixel 7aより滑らかにスクロール出来るのは間違いないのですが、Nothing Phone(2)Motorola moto g53y(j) 5Gほどではありません。

ガラスフィルムを貼るなら結局はスマートロック

指紋認証

電池もちに加えてPixel 7aの『イマイチ』なポイントが『指紋認証』精度。それなりに厚みのあるガラスフィルムを貼り付けると、認証されない回数が増加。今はスマートロックを設定しています。

Pixel 8のフィルムは薄めのTPUにしようと思っていたのですが、不覚にもガラスフィルムを購入(安かったので)。画面の設定を変更して一度は改善されたものの、先日再び解除が困難に。スマートロックを使用するなら、Pixel 7aと状況は変わりません。

あわせて読みたい
Pixel 7 Proでは問題なかった『指紋認証』がPixel 8で『認識出来ません』を連発!コレを試したら一応改善。 Googleのスマートフォン『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』は、ディスプレイ内に指紋認証センサーを搭載しています。一部メーカーの端末では利用可能な『マスク着用時』の顔認...

カメラ画質はPixel 7aの時点でかなり良くなっている

Pixel 6aまでは、メインカメラのイメージセンサーサイズが『1/2.55インチ』と小型でした。それがPixel 7aでは『1/1.73インチ』まで拡大。上位モデル(Pixel 8含む)の『1/1.31インチ』に迫りました。

Pixel 6aとPixel 7aのメインカメラ画質を比較した時は、『絵から写真に近づいた』様な進化を感じる事が出来ました。つまりPixel 7aの時点で、カメラ画質はかなり向上していたのです。

あわせて読みたい
【実写】Pixel 7aとPixel 6aのメインカメラで写真画質を比較!イメージセンサーの大型化はどう作用して... Googleが5月11日にリリースしたAシリーズの最新スマートフォン『Pixel 7a』は、前モデルとなるPixel 6aから数々のメインスペックをアップデート。その内の一つとなるの...

こちらがPixel 8とPixel 7aのメインカメラで撮影した写真の比較。今回はあえて撮影情報の詳細を記載しないので、どちらで撮影した画像かを当ててみてください。

バラ1

バラ2

白い花1

白い花2

キバナコスモス1

キバナコスモス2

白い花1

白い花2

Pixel 8はセンサーに加えてレンズも大口径化(F1.89→F1.68)。物理的には『明るくボケやすく(同じ画角の場合)』なっています。どちらかを見分ける為に注視すべきはそこ。

上が『Pixel 7a』、下が『Pixel 8』で撮影した写真です。ソフトウェア側で明るさは微調整されるので、背景ボケ以外はスマートフォンのディスプレイだと『分からない』、パソコンのディスプレイでも『分かりづらい』という人が多いのでは。つまりそういう事なんです。

すべては高くなりすぎたことが理由

Pixel 7aとPixel 8

なぜ廉価モデルの『Pixel 7aで十分』と感じる機会が増えてしまったのかと言えば、それはひとえに『Pixel 7aの性能』『Pixel 8の価格』がどちらも上がりすぎてしまったから。

Pixel 7aとPixel 7の価格差は当時『2万円程度(現在はPixel 7在庫なし、Pixel 7a値上げ) 』でした。それでも、どちらを購入するか迷っていた人は多いはず。実用的に使える『ピンポイントなアップグレード』が行われていない限り、『+43,600円』は出したくないですよね。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

記事が見つかりませんでした。

Pixel 8、Pixel 8 Proの主要スペック

Pixel 8 Pixel 8 Pro
Soc Google Tensor G3 Google Tensor G3
容量
  • 8GB:128GB
  • 8GB:256GB
  • 12GB/128GB
  • 12GB/256GB
  • 12GB/512GB
電池 4,575mAh(有線充電:最大27W 無線充電:最大18W) 5,050mAh(有線充電:最大30W 無線充電:最大23W)
重量 187g 213g
画面
  • サイズ:6.2インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • 最大輝度:1,400nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.7インチ
  • タイプ:有機EL(LTPO)
  • 解像度:QHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比較:1,000,000:1
  • 最大輝度:1,600nit
  • 素材:Corning® Gorilla® Glass Victus™2
  • 常時表示:対応
カメラ メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.68
  • 視野:82度
  • 画素幅:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式
  • 超解像ズーム:8倍

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • 画素幅:1.25µm
  • レンズ補正:対応
  • オートフォーカス:対応

フロントカメラ

  • 解像度:1,050万画素
  • F値:2.2
  • 画角:水平95度
  • 画素幅:1.22µm
メイン(広角)カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.68
  • 視野:82度
  • 画素幅:1.2µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.31 インチ
  • 手ブレ補正:光学式、電子式

超広角カメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • 画角:水平125.5度
  • F値:1.95
  • 画素幅:0.8µm
  • レンズ補正:対応

望遠カメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:2.8
  • 画素サイズ:0.7µm
  • 倍率:光学5倍
  • 超解像ズーム:30倍
    手ブレ補正:光学式、電子式

フロントカメラ

  • 解像度:1,050万画素
  • F値:2.2
  • 画角:水平95度
  • ピクセル幅:1.22µm
防水防塵 IP68 IP68
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • 空間オーディオ:対応
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • 空間オーディオ:対応
Bluetooth 5.3 5.3
Wi-Fi Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、2×2+2×2 MIMO Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、2×2+2×2 MIMO
おサイフケータイ 対応 対応
SIM  nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM

Pixel 6a、Pixel 7aの主要スペック

Pixel 6a Pixel 7a(G82U8)
Soc Google Tensor Google Tensor G2
容量
  • 6GB(LPDDR5 RAM)/128GB(UFS 3.1)
  • 8GB(LPDDR5 RAM)/128GB(UFS 3.1)
電池 4,410mAh(有線充電:最大18W) 4,385mAh(有線充電:最大18W 無線充電対応
サイズ 高さ 152.2 mm×幅 71.8 mm×厚さ 8.9 mm 高さ 152 mm×幅 72.9 mm×厚さ 9.0 mm
重量 約178g 約193.5g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラ メインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • ピクセルサイズ:1.4µm
  • イメージセンサーサイズ:1/2.55インチ
  • 超解像ズーム:7倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:84度
  • ピクセル幅:1.12µm

カメラ機能

夜景モード、トップショット、ポートレート モード、超解像ズーム、モーション オートフォーカス、Live HDR+、よく撮影する人、デュアル露出補正、シネマティック撮影、ポートレート ライト、消しゴムマジック、リアルトーンᵀᴹ、 顔のぼかし解除、パノラマ、手動によるホワイト バランス調整、ロックされたフォルダ

メインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.89
  • 視野:80度
  • ピクセル幅:0.8µm
  • イメージセンサーサイズ:1/1.73インチ
  • 超解像ズーム:8倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,300万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.12µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:1,300万画素
  • F値:2.2
  • 視野:95度
  • ピクセル幅:1.12µm

カメラ機能

ボケ補正、夜景モード、トップショット、ポートレート モード、超解像ズーム、モーション オートフォーカス、Live HDR+、よく撮影する人、デュアル露出補正、シネマティック撮影、ポートレート ライト、消しゴムマジック、長時間露光 リアルトーンᵀᴹ、顔フォーカス、パノラマ、手動によるホワイト バランス調整、ロックされたフォルダ

オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
  • スピーカー:ステレオ
  • ハイレゾ:対応
防水防塵 IP67 IP67
認証 ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証 ディスプレイ内蔵指紋認証センサーによる指紋認証、顔認証
USB USB Type-C® 3.1 Gen 1 USB Type-C® 3.2 Gen 2
Bluetooth 5.2 5.3
Wi-Fi Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、MIMO Wi-Fi 6E(802.11ax): 2.4 GHz + 5 GHz + 6 GHz、HE80、MIMO
位置情報 GPS, GLONASS, Galileo, QZSS, BeiDou GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou
おサイフケータイ 対応 対応
Google One VPN 250円~(Google One) 無料
SIM  nano SIM+eSIM nano SIM+eSIM
Google Playストア販売価格 53,900円 62,700円

Google Pixel 7a(G82U8)にお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 28 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド  1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Googleに関連する記事

一覧はコチラから

あわせて読みたい
5月もお得なIIJmio!Redmi 12 5Gが4千円台に値下げ。moto g24は110円~!かけ放題も割引に 格安SIMのIIJmioは、2023年6月3日(月)まで『シェアNo.1記念キャンペーン』『スマホ大特価セール』『大容量プランキャンペーン』など複数のキャンペーンを実施中。 キ...
あわせて読みたい
mineoで『マイピタ(デュアル)20GB(パケット放題Plus無料)』が最大6ヶ月間『990円』に!パスケットは... 関西電力グループのオプテージは、『mineoサービス発表会 2024』の中で『平日お昼の通信品質を約5倍改善(2023年1月比較)』『ファンとくのアップデート(2024年2月28日...
あわせて読みたい
【必見】楽天モバイル申し込み時に貰えるポイントを最大『9,000円相当』にアップさせる方法!5/31まで 楽天モバイルでは、他社から『最強プラン』にはじめて乗り換えで『6,000円相当』の楽天ポイントが付与されるキャンペーンを実施中(新しい番号で申し込みの場合は2,000...
  • URLをコピーしました!